タグ:ウオーキング ( 4 ) タグの人気記事

2014年 08月 10日
夏の尾瀬ヶ原~尾瀬沼を歩く
 8月7日から9日まで尾瀬へ行ってきました。
台風11号などで天気が心配だったので、早朝、マイカーで北陸~関越道を走り沼田から尾瀬戸倉へ入った。
戸倉から鳩待峠まで交通規制のため定期バスを利用し、午前10時過ぎに「鳩待峠」をスタートする。心配していた天候は曇りがちだが青空がのぞき歩くには絶好のコンディションだ。
 入り口の泥落としマットで靴底に着いた下界の植物の種をぬぐった後、「山の鼻」まで整備された木道を200m位、下り、尾瀬ヶ原に入る。
平日だったのでハイカーは少なくビジターセンターなどの休憩所は閑散としていた。
標高1400mの尾瀬ヶ原は涼しく、とても爽やかだ。高原に吹く風は草花を揺らし、汗ばんだ体をやさしく包みこむようで気持ちがいい。
 至仏山を背に真っ直ぐ伸びる木道を歩き、「牛首分岐」からは当初予定していた「竜宮」に進むルートを変更し、「ヨッピ吊り橋」へ向かう。
このルートを歩く人は殆んど見当たらず、広大な尾瀬ヶ原を独り占め(二人占め)しているようで、完全に自然の中に溶け込んでしまった。
ヨッピ川に架かる「ヨッピ吊り橋」を渡り「東電小屋」で休み、「赤田代分岐」を右折、しばらく歩くと「見晴」と呼ばれる「下田代十字路」に着く。ここにある山小屋「弥四郎小屋」で今夜はお世話になる。
小屋について間もなく黒い雲が広がり小雨が降り始め、さらに夕方には雷が鳴り激しい雨になってしまった。早めに到着して助かった。
 翌朝、今日も早朝スタート。深い霧に包まれた樹林帯の中を登り「白砂峠」を越えると視界が一気に開け「白砂湿原」に出て、すぐ尾瀬沼の「沼尻休憩所」に着く。
ここから尾瀬沼北岸道を通り、「大江湿原」を過ぎると尾瀬沼ビジターセンターにでる。尾瀬沼を樹幹から眺めながらさらに進み、尾瀬沼休憩所がある「三平下」に着く。
 ここで尾瀬沼と別れ今回のコースでもっとも標高が高い「三平峠」を超えるが、この辺りから雲行きが怪しくなり雨が時々降り始める。雨具を付けるほどでもなく折りたたみ傘をさして、「大清水」までのなが~い下り坂を下った。
この下り坂はきつかった。木道あり、ごろ石あり、むき出しの根っこがある坂を、痛みを感じてきた爪先をかばうように歩き「一之瀬休憩所」にたどり着いた。
ここまで来れば「大清水」まで3.5㎞・50分の道のりだ。「一之瀬休憩所」から「大清水」まで試験運行中の低公害車が走っていたが、自分の足で予定通り「大清水」に無事にゴールすることができた。
休憩後、戸倉の駐車場まで定期バスに乗り戻った。雨も上がっていた。

 1.歩いた距離・時間
    初日:鳩待峠~見晴まで 10.5㎞ 3時間35分
    二日目:見晴~尾瀬沼~大清水まで 16㎞ 5時間40分

  2.ウオーキングルート図
    クリックすると大きく見えます。
e0153040_15550228.jpg
  3.コース縦断図   クリックすると大きく見えます。
e0153040_15563710.jpg
  4.実績行程
    ≪初日≫
      4:30 マイカーで自宅を出る
      9:30 尾瀬戸倉着 第一駐車場に駐車
      9:40 定期バスで鳩待峠
     10:10 鳩待峠スタート 
     11:10 山の鼻ビジターセンター・・・・小休憩(早めの昼食)
     12:15 牛の首分岐
     12:55 ヨッピ吊り橋
     13:10 東電小屋・・・・・・小休憩
     13:45 見晴・弥四郎小屋着

    ≪二日目≫
      6:30 弥四郎小屋スタート
      7:50 白砂峠
      8:00 白砂湿原
      8:20 尾瀬沼の沼尻休憩所・・・・小休憩
      9:30 尾瀬沼ビジターセンター・・小休憩
      9:50 三平下
     10:15 三平峠
     11:20 一之瀬休憩所・・・・・小休憩(小屋で作ってもらったおにぎりランチを食べる)
     12:10 大清水ゴール
     13:00 定期バスで戸倉駐車場へ
     13:30 マイカーで完歩できたお礼に次の宿泊箇所(嬬恋)へ出かける

  5.写真&コメント
     尾瀬戸倉の街並み(定期バス停付近)
e0153040_16251679.jpg
     定期バスで鳩待峠に着く(鳩待山荘前)
e0153040_16271959.jpg
     グリーンの泥落としマットで靴底に付着している植物種を落として入山開始。
e0153040_16304994.jpg
     階段状の石畳を下りてゆくとかすかに沢の音が聞こえてくる
e0153040_16333845.jpg
   沢の音や鳥のさえずりをBGMに木道を快適に下る
e0153040_16353647.jpg
     樹林帯のなか緩やかな下り坂を歩くとクマよけのベルが供えてある  
e0153040_16404417.jpg
     大きな落石を避けて木道を進む  
e0153040_16422268.jpg
     やがて川上川に架かる橋を渡る
e0153040_16440093.jpg
山の鼻ビジターセンターが見えてくる
e0153040_16455391.jpg
山の鼻には3軒の山小屋の他、キャンプ場もあるがウイークデーなので賑わいはなく静かだ。ビジターセンター前で記念のツーショット
e0153040_16490321.jpg
     早めの昼食を摂り、いよいよ尾瀬ヶ原へ。
     遠くに燧ケ岳を見ながら湿原の中を一筋に延びる木道を歩く。

e0153040_17010062.jpg
振り返ると至仏山がくっきり見える。

e0153040_17002640.jpg
     上田代は池塘が多く見られる。
e0153040_17043691.jpg
     牛首分岐付近で(至仏山をバックに)誰もいない独り占めの尾瀬ヶ原だ。
e0153040_17055400.jpg
     ヨッピ川に架かるヨッピ吊り橋を渡る。
e0153040_17080754.jpg
    川沿いに茂るヨシの草むらを抜けると視界が開けヨシツ堀田代にでるが、木道の右下に熊と思われる足跡が・・・・
    しかも足跡は新しい。近くにツキノワグマがいるのかもしれない。
e0153040_17154869.jpg
     しばらく行くと今度は木道に糞が・・・やばい!
e0153040_17164834.jpg
    不安に駆られながらしばらく歩くと東電小屋が見えてくる。ほっとする!

e0153040_17132856.jpg
     東電小屋で一休みした後、赤田代分岐を右折し見晴を目指す。
e0153040_17231161.jpg
     見晴(下田代十字路)に着くと、予約してある弥四郎小屋は目の前だ。
e0153040_17260296.jpg
     ここの山小屋は平日、混んでいなければ個室が利用できる。4畳半の部屋だけどゆっくりくつろげる。
     4~5人が一度に入れる入れる風呂の窓からは、歩いてきた尾瀬ヶ原を眺めながら汗を流す。
     夕食は食堂で他のグループと同席になるが、素敵な出会いがあった。
     同じテーブルに神奈川県から同じコースを歩いてこられた、小学生の児童とお父さんの二人連れ。そして大清水
     から入山された若いご夫婦。食事中、いろいろな話を聞かせてもらい楽しいひと時が過ぎた。
     夕食のメニューです。
e0153040_17355742.jpg
     山小屋の夜は長い。テレビは勿論、コンセントもなく携帯電話も繋がらない。消灯は9時だ。
     外は雷が鳴り激しく雨が降っている。いつしか消灯時間前に夢の世界に・・・・。
     翌朝、4時30分に寒さを覚え目が覚める。気温は15度寒いはずだ。
     外を見ると一面に深い霧が立ち込めている。5時過ぎに小屋の周辺を散歩してくる。
e0153040_17441291.jpg
e0153040_17443333.jpg
しばらくして霧が晴れてくる
e0153040_17445991.jpg
     午前6時、朝食の時間だ。朝食のメニューです。
e0153040_17465322.jpg
     朝食を済ませ、早々にお世話になった小屋を出て尾瀬沼を目指しす。尾瀬沼林道は霧に包まれ、木漏れ日が
     やさしく快適な二日目のスタートだ。
     ここから白砂峠を目指し、265mの登り坂をゆっくり歩く。
e0153040_17513627.jpg
     尾瀬沼林道はいろんな樹木が楽しめる。
e0153040_17571800.jpg
     石を抱いた老木も見ることができる。
e0153040_17581881.jpg
     ごろ石の道も楽しい。
e0153040_17591570.jpg
       こんな大きな落石が道を塞いでいた。
     
e0153040_18031284.jpg
     標高1680mの白砂峠に着く
e0153040_18040502.jpg
     峠から急な下り坂をこなすと白砂湿原が開ける。
e0153040_19334422.jpg
    湿原は静かで池塘は鏡のように森や空を写していた。
e0153040_19345840.jpg
e0153040_19352695.jpg
     湿原に見とれながらしばらく歩くと尾瀬沼が見えてくる。沼尻休憩所があり大学生のワンダーフォーゲルの
     グループが休んでいた。
e0153040_19382917.jpg
e0153040_19385586.jpg
     尾瀬沼を眺めながら小休憩し一息つく。
e0153040_19402239.jpg
     ここから尾瀬沼林道北岸道を歩くが、針葉樹林帯と小さな湿原が繰り返し現れる。樹幹越しに見える尾瀬沼は
     美しい。
e0153040_19460216.jpg

    ナナカマドが一部、紅葉していて秋の気配も感じられる。
e0153040_19473380.jpg
     やがて広大な大江湿原に出る。湿原全体にキンコウカの黄色い花が咲き誇っていた。
e0153040_19463046.jpg
e0153040_19503628.jpg
     大江湿原からしばらく歩くと長蔵小屋やビジターセンターがある尾瀬沼キャンプ場に着く。
e0153040_19545897.jpg
     ここも閑散としていたが、昨夕、同席した父子に再会する。小学3年生の男児、頑張ってるね~。
     小休憩後、三平下を目指す。
e0153040_19582718.jpg
     三平下には尾瀬沼休憩所がある。
     この辺りから雨がポツリポツリ降ってくる。雨具を着けるまでもなく、折りたたみ傘をさして歩く。
e0153040_20010685.jpg
     ここで尾瀬沼と別れ三平峠を目指して登る。途中、こんな根張りの林道を歩く。
e0153040_20023404.jpg
     三平峠(標高1762m)今回のルートで最も高い場所だ。
e0153040_20053536.jpg
     ここから大清水まで標高差が580mもある長~い下り坂を歩くが、道も険しくふくらはぎがパンパンになるし、
     爪先が痛む。ここまでよく頑張って歩いていた連れ合いもダウン寸前だ。
     したがって写真を撮る余裕も失せる。 途中、石清水で冷たい湧水を補給する。
e0153040_20115220.jpg
     片品川の渓流も疲れを癒してくれる。
e0153040_20143592.jpg
     一之瀬休憩所の入り口にも泥落としマットがある。
e0153040_20163330.jpg
     一之瀬休憩所からは砂利の林道がダラダラと約4㎞続くが、思った以上に長く歩いたように感じる。
e0153040_20191447.jpg
     今回のゴール先、「大清水」が見えてくる。
e0153040_20202019.jpg
     休憩所で定期バスが来るまで弥四郎小屋で作ってもらったおにぎりランチセットをいただく。
e0153040_20213411.jpg
     ここのバス停から戸倉駐車場へ定期バスで戻った。
e0153040_20224718.jpg
        全行程27kmの縦断コースを完歩した充実感でいっぱいの気分でバスに揺られていた。

   ウオーキング途中で出会った花は以下のとおりです。中には秋に咲く花もあり尾瀬の秋はもうすぐだ。
   

   ≪尾瀬の花たち≫
e0153040_16522937.jpg
e0153040_16531348.jpg
e0153040_16535098.jpg






     
     


      



[PR]

by pckuri | 2014-08-10 20:28 | その他 | Comments(4)
2014年 04月 30日
塩の道① 姫川源流を歩く(大糸線・簗場駅~白馬駅)
 4月29日(祝)久しぶりに姫川源流を歩いた。
天気予報では雨模様であったが、スタートからゴールまで全く雨は降らず南風を背に受けての快適なウオーキングとなった。
マイカー組16人が白馬駅で電車に乗り、糸魚川で乗り継いできた電車組と合流しスタート地点の大糸線・簗場駅に着いた。
簗場駅を予定通りスタートし、中綱湖辺の塩の道を進む。静かな湖面に満開の桜と新緑が映えて美しい。
青木湖キャンプ場を過ぎて三叉路を左に入り、佐野坂峠を越え白馬さのさか坂スキー場へ下った後、塩の道から外れて「親海湿原&姫川源流」に寄る。
佐野坂峠で、大井さんがパン屋さんも脱帽する手作りのパンを焼いてこられ、皆で美味しく頂いた。
このコース一番の見どころ歩きどころだ。
湿原の草花は芽吹いたところで時期的に少し早かったようだったが、姫川源流部ではいろんな花が咲き湧水群と共に目を楽しませてくれた。
休憩後、源流沿いにのどかな「白馬の小径」を北進して、「道の駅・白馬」に寄り、ランチタイムを摂った。
再スタート後はしばらく国道を歩いた後、再び塩の道に入り、飯森神社を経て白馬駅近くの地蔵堂にある足湯にゴールした。
解散した後、嶋さんの車で飯野さんや木下さんと同乗して秋に企画している「塩の道第3弾・南小谷~石坂越え~北小谷」のコース下見をしてくる。
今回は、下里瀬~中土間、最大の難所「車坂とフスベの崩壊場所」を歩き歩けるか、確認してきた。

  1.参加者:25名
  2.歩いた距離&時間:15.8km 3時間40分
  3.ウオーキングルート
      ルート全体(GPS軌跡図)
e0153040_18083936.jpg
      青木湖から親海湿原&姫川源流部
e0153040_18105323.jpg
    歩いたペースと標高差
e0153040_18113724.jpg
  4.実績行程
    10:30 JR大糸線・簗場駅前スタート
          中綱湖辺の塩の道へ・・・・山桜が満開
    10:45 青木湖畔を歩く
    11:15 キャンプ場から三叉路(分岐)を左側に進む
          佐野坂の上り
    11:25 峠で休憩
          大井さんの手作りパンを頂く
    11:45 白馬・さのさかスキー場駐車場・・・・トイレ休憩
          塩の道を外れる
    11:50 親海湿原
          湿原を一周
    12:10 姫川源流部・・・・・休憩
          源流沿いに北進(白馬の小径)
    12:50 道の駅・白馬・・・・・・・・・・ランチタイム
    13:05 再スタート
          国道をしばらく歩く
    13:15 塩の道に入る
    13:30 飯森神社
    13:45 オリンピック大橋を渡る
    14:10 白馬駅近くの薬師堂(足湯)にゴール
          解散
    解散後、秋のコースの下見

  5.写真
     JR大糸線・簗場駅(スタート地点)
e0153040_19251547.jpg
     中綱湖
e0153040_19262550.jpg
     中綱湖辺の塩の道を歩く
e0153040_19280461.jpg
e0153040_19282850.jpg
     青木湖畔を歩く
e0153040_19290791.jpg
     キャンプ場を過ぎると三叉路・・・左側に進む
e0153040_19301182.jpg
     佐野坂峠で大井さん特製の美味しいパンを全員で頂く
e0153040_19310712.jpg
     道を阻む残雪
e0153040_19331921.jpg
     白馬さのさかスキー場へ下る
e0153040_19322383.jpg
     親海湿原へ
e0153040_19351121.jpg
     湿原の木道を歩く
e0153040_19363382.jpg
     姫川源流部へ
e0153040_19370133.jpg
源流部の湧水
e0153040_19374613.jpg

e0153040_19410617.jpg
     源流に添って白馬の小道を北進
   
e0153040_19424770.jpg
e0153040_19431285.jpg
     道の駅・白馬に寄る
e0153040_19440005.jpg
     飯森神社
e0153040_19442865.jpg
     オリンピック大橋から下流に、川幅いっぱいに泳ぐ鯉のぼり
e0153040_19455079.jpg
     橋詰で小休憩
e0153040_19463012.jpg
     白馬駅近くの薬師堂(足湯)にゴール
e0153040_19473636.jpg
     いろんな山野草が楽しめました。
e0153040_19505676.jpg
     お疲れさまでした。
     秋のコース下見は別に投稿します。

  



          
    






[PR]

by pckuri | 2014-04-30 18:07 | 塩の道編 | Comments(0)
2013年 12月 14日
富山湾編・第4回 岩瀬浜~JR滑川駅
 12月14日(土)時々、雪が舞うなか岩瀬浜(カナル会館)から海岸沿いに滑川まで歩いた。
自分はゴール後、スタート地点へのアクセスのこともあり、JR東富山からスタートした。
今朝は昨夜から降った雪が4~5cm積もっていて、気温も2度と寒い。スタート直後は雪を伴った南西の風が強く吹いて体感温度はマイナスのように感じられた。
高朋高校前を通り田畑地内から海岸通りに出て浜黒崎野村病院横から海岸に出る。雪面の足跡を見るとまだ仲間は通っていないようだ。5分ほど待つと岩瀬浜方面から歩いてきた先頭集団と合流する。

 先程までケアラシと低く垂れこめた黒い雲に覆われた富山湾だったが、浜黒崎キャンプ場付近を歩く頃には雪も止み、東の空に青空も見え始めた。
 キャンプ場でトイレ休憩をとった後、常願寺川河口に出て左岸堤防を遡行し今川橋を渡り水橋地区に入る。
さらに白岩川に架かる橋を渡り、街中をしばらく歩くと「スーパーミューズ」に着く。ここでもトイレ休憩となった。休憩をとると汗が冷たく感じるようになり寒いので、再スタート後はつい急ぎ足になりスピードは速くなる。
新装開店でキャンペーン中のソフトバンクのお店の前でユルキャラのウサギちゃんに出会い、記念写真を撮った。

 上市川を渡り右岸堤防を北上して海岸に出る予定であったが、今回はまっすぐ県道を東に進んだ。
滑川警察署前を通り地鉄中滑川駅前から軌道沿いに歩道を進むと、市民プラザが見えてくる。
吾妻町交差点を右折し駅前園内を横切ると市民プラザに着いたが、今回はここをゴール地点にした。高月海岸に出なかったので歩いた距離も短くなり予定より30分も早くゴールしたことになる。
解散後は市民プラザの5階にある「あいらぶ湯」で温泉を楽しむグループ、JR滑川駅へ直行するグループなど、各自、思い思いに帰路についた。
お疲れさまでした。

 次回(21日)は、鉄道廃線編の最終回で「射水線跡」を歩きます。

   1.参加者:27名
   2.歩いた距離・時間:13km 2時間30分
   3.ウオーキングマップ
   
e0153040_17305890.jpg
   4.実績行程
     9:00 JR東富山駅前スタート
     9:10 カナル会館・本隊スタート
     9:35 野村病院付近の海岸で合流
    10:00 浜黒崎キャンプ場・・・・・・・トイレ休憩(10分)
    10:20 成願寺川・今川橋を渡る
    10:45 スーパーミューズ・・・・・・・トイレ休憩
    11:00 上市川を渡る
    11:20 地鉄中滑川駅
    11:35 滑川市民プラザ・ゴール

   5.写真
     浜黒崎海岸を歩く先頭集団
e0153040_19255375.jpg
    浜黒崎キャンプ場にて
e0153040_19265230.jpg
    神通川河口
e0153040_19273613.jpg
    神通川左岸堤防を今川橋に向かって
e0153040_19282228.jpg
    水橋地内(上市川に架かる橋上)
e0153040_19294390.jpg
    ウサギちゃんと遭遇
e0153040_19301970.jpg
  滑川市民プラザにゴール
e0153040_19313481.jpg
    100円募金(10円/km)
e0153040_19323556.jpg
    「あいらぶ湯」
e0153040_19335483.jpg
   
   




[PR]

by pckuri | 2013-12-14 17:38 | 富山湾編 | Comments(2)
2009年 04月 26日
歴史国道(石動~倶利伽羅不動~竹橋)を歩く
 4月25日(土)、あいにくの雨の中、JR石動駅に集まった27人の仲間と、駅前をスタートした。
途中、埴生八幡宮と若宮古墳に寄った後、埴生大池から旧北陸街道の進み、源平合戦のあった猿ケ馬場、倶利伽羅不動さんに着いた。

きつい登り坂が続き、息をはづませながら標高265mの砺波山を登り切ると、満開の倶利伽羅八重桜が迎えてくれた。
今日は、県境で恒例の津幡町と小矢部市の大綱引き大会が催される予定だったが、残念ながら、雨で中止だった。

倶利伽羅不動では、温かい「よもぎソバ」が冷えた身体を生き返らせてくれた。休憩後はほとんどが下りで予定通り、津幡町竹橋にある「倶利伽羅塾」に着いた。
解散後、入浴料300円とはいえ、別府温泉の泉質と同じと言われる風呂に入り、JR倶利伽羅駅までタクシーに乗り合わせて帰路についた。
             
             BGMは、BJ/トーマスの「雨にぬれても」です。
     行  程
    9:10 JR石動駅前スタート
      40 埴生護国八幡宮
         木曽義仲率いる源軍が、倶利伽羅山で平維盛が率いる平軍と決戦する前に、
         戦勝祈願したことで有名な神社。
         1300年の歴史を有し、国指定重要文化財となっている。
      50 若宮古墳
         ここから、少しづつ長い登り坂が続くが、新緑の山々が癒してくれる。
   10:30 埴生大池 小休憩
         ますます、登りがきつくなり息が弾む。
      45 旧北陸道に出る。
         整備された階段状の登り。
      50 砺波山 標高265m
         この辺りから、雨にぬれた満開の八重桜が迎えてくれる。
   11:00 猿ケ馬場古戦場 トイレ休憩
      10 倶利伽羅公園
         ここからは、加賀平野が一望できるはずだが今回は残念!
      15 倶利伽羅不動 20分休憩
         温かい「よもぎそば」でひと息入れる。
         なお、28~29日は「倶利伽羅さくら祭り」で、お餅つきが行われるなど賑わいを見せる。
         ここからは下りが続く。
   12:10 一旦、県道に出るが再び北陸道(北国街道)に入る。
      20 津幡町竹橋集落にでる。
   12:30 予定通り、「倶利伽羅塾」にゴール。解散
         
         お疲れさまでした。


 
[PR]

by pckuri | 2009-04-26 10:42 | 里山編 | Comments(2)