人気ブログランキング |
<   2019年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2019年 04月 28日
倶利伽羅の八重桜ウォーク
 4月27日(土)桜・特別編の5回目で「倶利伽羅の八重桜」を楽しむウォーキングに参加した。
時々、雨が降る生憎の天気、しかも気温が10度位で寒い日となったため、参加者は18名と少なかった。
スタート地点の石動駅は昨年の11月に新しく生まれ変わり、スマートな駅舎は南北自由通路で結ばれ改札口は二階に設置されている。しゃれた待合室にはソファーのほか机や椅子もあり、簡単な打ち合わせも可能だ。
また、南口には広い駐車場があり、1時間は無料、1日利用でも500円となっていた。

 南口を予定通りスタートし、埴生護国八幡宮に立ち寄ったあと木曽義仲が倶利伽羅峠に進軍したルートで埴生大池に着く。
この後、歴史国道(擬木の階段)を通らず、義仲本陣跡から急な登坂を登り、倶利伽羅古戦場跡に出て公園展望台に着く。
八重桜はほぼ満開で、八重の花弁は日差しを受けて輝いて見えたし、周辺の山々は燃えるような新緑で覆われ目を奪われる。

 ここで一次解散となり、7名が同じルートで石動駅へ。残りは倶利伽羅公園から倶利伽羅不動寺に入りランチタイムとする。
予定より早く着いたため休憩後、予定のコースを変更して天田峠に下り、さらに2班に分かれ倶利伽羅駅に駐車して参加した2人と電車グループは倶利伽羅駅へ、石動駅周辺で駐車したグループは石動駅へ向かった。

  1.今日の1枚:満開が近い、倶利伽羅古戦場の八重桜
e0153040_08580736.jpg
  2.参加者:18名
  3.歩いた距離・時間:12.7km  3時間15分(休憩含む)
  4.ウォーキングルート
    赤色点線は倶利伽羅駅へ向かったグループ
e0153040_09002861.jpg
  5、歩いたペース&標高差
e0153040_09024594.jpg
  6.実績行程
       9:30 石動駅南口スタート
       9:50 埴生護国八幡宮
            本殿から裏に抜け「スポーツアカデミー小矢部」に出る。
      10:10 義仲進軍ルートに出る
      10:30 埴生大池・・・・・・・・・・休憩
            義仲本陣跡を通り急斜面を登る
      10:55 倶利伽羅古戦場に出る
      11:00 公園展望台・・・・・・・・・ここで一時解散
      11:15 倶利伽羅不動寺・・・・・・・20分間休憩
      11:35 再スタート
            天田峠に下る
      11:50 天田峠・・・・・・・ここで倶利伽羅駅へ向かうグループと別れる
            旧8号線に出る
      12:45 石動駅にゴール

  7.写真&コメント
      しゃれたデザインの石動駅南口
e0153040_09171157.jpg
      南北を結ぶ自由通路
e0153040_09175360.jpg
      自由通路から富山方面から来た列車を見る。
e0153040_09190109.jpg
      南口でスタート前のミーティング
      今回は18名とちょっと寂しい。
e0153040_09193661.jpg
      埴生護国八幡宮に着く。
e0153040_09203381.jpg
      本殿への階段を登る。
e0153040_09212445.jpg
      本殿に出る。
e0153040_09215151.jpg
      本殿から裏口の抜ける。
e0153040_09224105.jpg
      この辺りから小雨が降ってくる。
e0153040_09231209.jpg
      義仲進軍ルートに合流。
e0153040_09235598.jpg
      埴生大池に出る。八重桜が見ごろ。
e0153040_09243592.jpg
      大池越しに倶利伽羅不動寺が見える。
e0153040_09254005.jpg
      休憩後、大池を再スタート。
e0153040_09263896.jpg
      絵に描きたくなるような新緑に見とれるばかり。
e0153040_09274096.jpg
      義仲進軍ルートを示す標識。
e0153040_09282911.jpg
      ミツバもみじがあっちこっちに咲いている。
e0153040_09300148.jpg
      義仲本陣跡を通過。
e0153040_09303956.jpg
      ここから倶利伽羅古戦場まで300mの急な登り。
e0153040_09313340.jpg
      古戦場に出る。
e0153040_09321762.jpg
      公園展望台から南方向。山々は燃えるような新緑。
e0153040_09342288.jpg
      八重桜の標準木がある倶利伽羅公園。
      雨は止み青空が見えてくる。
e0153040_09345153.jpg
e0153040_09363626.jpg
      8分咲の八重桜は雨に濡れて色鮮やか。
e0153040_09374434.jpg
      倶利伽羅不動寺方面に下る。
e0153040_09392058.jpg
      不動寺への石畳。
e0153040_09395197.jpg
      山頂本殿に出る。
      明日が「念仏赤餅つき」で祭りの準備も万全。
e0153040_09410036.jpg
      境内のトイレも新しくなった。
e0153040_09435005.jpg
      テント内では桜餅や櫛団子が並んでいたが、赤餅はなく寂しい感じ。
e0153040_09441928.jpg
      20分の休憩の間に名物の「くりからそば」をいただく。
      寒かったのであったまる~。
e0153040_09455546.jpg
      天田峠へ下る途中、内灘方面が眺望できた。
e0153040_09464227.jpg
      天田峠に出て倶利伽羅駅へ向かうグループと別れる。(6人)
e0153040_09475494.jpg
      スタート地点の石動駅へ向かうグループは5人
e0153040_09493336.jpg
      旧8号線へ下る途中、耕がやされた田が鏡のように見える。
e0153040_09505137.jpg
      明治天皇北陸行幸の時、神輿で登られた道。
e0153040_09554735.jpg
      旧8号線を石動駅へ向かう。
      倶利伽羅駅発2時25分の電車が通過。みんな乗れたかな~。
e0153040_09572087.jpg
      石動駅にゴール。
      北口の駅舎もおしゃれ。名物のうどん屋さんも駅前に新築された。
e0153040_09581333.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は8月1日(水)塩の道の第1回で「姫川源流をたずねて」で、中綱湖~姫川源流~白馬駅です。




by pckuri | 2019-04-28 10:09 | 桜・特別編 | Comments(0)
2019年 04月 26日
姫川源流と親海湿原を歩く
4月20日(土)「富士山麓一周ドライブ&ウォーキング」の4日目は精進湖をスタートし、中央道から長野自動車道へと進み、白馬経由で帰路についたが、5月1日に「塩の道―1」で歩く「姫川源流と親海湿原」の残雪の状態や、山野草などの咲き具合を確かめるべく立ち寄った。

  1.ウォーキングルート
e0153040_13344402.jpg
  2.歩いたペース&標高差
e0153040_13351305.jpg
  3.写真&コメント
       R148号線沿いの白馬さの坂観光協会駐車場に駐車し、スタート
e0153040_13372275.jpg
       親海湿原への標識
e0153040_13375390.jpg
       親海湿原はこれから草花が芽吹くようで何にもなし。
e0153040_13384548.jpg
       山裾の遊歩道は締まった残雪がある。
e0153040_13403386.jpg
       姫川源流部にかけて色んな山野草が見られた。
       「カタクリ」
e0153040_13412160.jpg
       「キクザキイチゲ」
e0153040_13430511.jpg
       「キクザキイチゲ」の群生
e0153040_13432271.jpg
       「フクジュソウ」の群生
e0153040_13443871.jpg
e0153040_13445448.jpg
       姫川源流部から湧水が川となり流れをつくり始めている。
e0153040_13452402.jpg
       源流淵に「ミズバショウ」が。
e0153040_13463187.jpg
       バイカモの花や二輪草は見られなかったが、5月1日辺りには咲き始めるかも?

       


by pckuri | 2019-04-26 13:52 | その他 | Comments(0)
2019年 04月 25日
富士山麓一周ドライブ&ウォーキング-3

   ≪三日目・19日≫
     ・今日はR139号線を北上し、朝霧高原~富士花鳥園~富士本栖湖リゾートに立ち寄った後、本栖湖西岸を右回り
      に北上しようとしたが通行止めで行けず、R300号線で「富士山展望台」へ行く。その後、一旦、R139号線に
      戻り、青木ヶ原樹海の中央部にある「森の駅・風穴」に駐車し、樹海を西湖野鳥の森公園までウォーキングす
      る。
      
    今日のウォーキング箇所
       ① 富士花鳥園・・・・・・・・・1.0km  40分
       ② 富士本栖湖リゾート・・・・・1.5km 40分
       ③ 青木ヶ原樹海・・・・・・・・7.0km 2時間30分

      

     Am5:30 ホテルの田貫湖畔に設置されたテラスに出て、「ダイヤモンド富士」を待つ。
          昨日は晴れてバッチリと見えたそうだが、今朝は山頂部に次から次と雲が流れて残念ながら見る
          ことができなかった。

          こんな風なダイヤモンド富士を見たかった。
          Touring spice さん撮影
e0153040_07585031.jpg
      Am5:30 ホテルのテラスに続々とカメラマンなどが集まってその時を待つ。
           頂部の雲が取れてほしい!
e0153040_08022277.jpg
      Am5:55 頂部が輝き始める。
e0153040_08040149.jpg
      Am6:00 雲の縁がさらに輝き、光が放たれる。
e0153040_08051597.jpg
      Am6:04 頂部右端辺りから顔をのぞかせる。
           頂部の雲はなくなることはなかったが、この瞬間を見れただけでも良しとしよう。
           今年は8月20日辺りがもう一回チャンスがある。
e0153040_08085501.jpg
      Am9:00 ホテルをチェックアウトし、R139号線を北上。
      Am9:20 富士花鳥園に立ち寄り、園内をはじめ園外を散策。
           
e0153040_08170943.jpg
e0153040_08174295.jpg
       園外の池には黒鳥が・・・。
e0153040_08185578.jpg
      Am10:10 本栖湖リゾート着
            富士芝桜まつりが始まったばかり。
             残雪の美しい世界遺産・富士山と広大な土地いっぱいに咲き誇る芝桜の共演が楽しめる
             春の風物詩「富士芝桜まつり」。
             アメリカ・CNNが発表した「日本の美しい風景31選」にも毎年選ばれています。
             10連休中の咲きそろうように調整してるようで、ちょっと寂しい感じ。
e0153040_08203451.jpg
       お祭りのポスターがこれ。
e0153040_08280635.jpg
       同じ場所で撮った写真。
       富士山は雲に覆われてみえない!
e0153040_08284518.jpg
      園内を歩いたルート。 L=1.5km
e0153040_08301526.jpg
      Am11:20 本栖湖に着く。
            本栖湖南端からの撮影。
e0153040_08323841.jpg
       
       Am11:40 湖西側で通行止めのため左回りで展望台へ。
             千円札の裏側や旧五千円札に描かれている富士山の撮影スポット。
             ここでも厚い雲に覆われて富士山は見えず。
e0153040_08355788.jpg
       雲がなければこんな感じ。
e0153040_08370278.jpg
       本栖湖の概要説明。
e0153040_08393811.jpg
       Am11:50 R139号線を北から東に進み、青木ヶ原樹海の中心地、「森の駅・風穴」に着く。
e0153040_08435353.jpg
       Am12:10 ウォーキング開始。
             樹海のウォーキングコース。
e0153040_08453329.jpg
       標高差。
e0153040_08461691.jpg
       スタートして直ぐに「富岳風穴」。
       洞窟内を15分位探索。
e0153040_08492029.jpg
       氷がライトアップされて美しい。
e0153040_08494479.jpg
e0153040_08502656.jpg
       洞窟からの出口。
e0153040_08511119.jpg
       洞窟から出ると東海自然歩道が「鳴沢氷穴」へ通じる。
e0153040_08524101.jpg
       遊歩道は溶岩石でゴロゴロして歩きにくい。
e0153040_08530622.jpg
       同じ風景が続く。
e0153040_08542078.jpg
       遊歩道の分岐点にはこんな標識が。
e0153040_08551246.jpg
       時には入ったら危ないとの案内も。
e0153040_08561910.jpg
       鳴沢氷穴に着く。
       富岳風穴もそうだが、洞窟内は狭くて寒い。
e0153040_08570335.jpg
       狭い洞窟内。
e0153040_08580663.jpg
       写真では見づらいが「地獄穴」と呼ばれ、竪穴がどこまで続くか確認されていないそうだ。
e0153040_08584988.jpg
       地獄穴の案内板
e0153040_08593747.jpg
       ここの氷穴もライトアップできれい。
e0153040_09014764.jpg
       とにかく狭くてさむい。
e0153040_09024048.jpg
       洞窟を出たあと、竜宮洞穴を経て西湖野鳥の森公園へ向かう。
e0153040_09141661.jpg
       このルートも樹海内は同じような風景が続く。
       分岐点の標識。
e0153040_09152327.jpg
       時々、大きな溶岩の割れ目がある。
       雨の時は雨宿りができそう。
e0153040_09165308.jpg
       野鳥の森公園に着く頃になって初めて出会った外人のカップル。
e0153040_09183007.jpg
       Pm14:20 野鳥の森公園に着く。
             路線バスで駐車してある「森の駅・風穴」へ。

       Pm14:50 「道の駅・なるさわ」へ。
              なるさわ富士山博物館を見学する。

       Pm16:10 精進湖に戻り、湖畔の宿「精進湖・マウントホテル」に着く。
e0153040_09240292.jpg
       この時間になって再び、富士山はすっきりと見えていた。
       ホテルのベランダからの撮影。
e0153040_09242561.jpg


       4日目に続く。









by pckuri | 2019-04-25 11:51 | その他 | Comments(0)
2019年 04月 23日
富士山麓一周ドライブ&ウォーキングー2
   
   ≪二日目・18日≫
     ・今日は山中湖を見下ろす「山中湖パノラマ台」に登った後、富士山の南側へ進み、「富士サファリ―パーク」の
      ウォーキングコースで園内を廻り動物ウオッチング。
      その後は富士宮市内に入り「富士山本宮浅間大社」に立ち寄った後、「白糸の滝」を巡るウォーキングコースを
      歩く。ここから北上し、宿泊場所の田貫湖畔にある「休暇村・富士」に着き、湖畔を一周するウォーキングコー
      スを歩いた。

    今日のウォーキング箇所
       ① 山中湖パノラマ台へ往復・・・・2.5km 50分
       ② 富士サファリ―パーク・・・・・2.5km  60分
       ③ 白糸自然公園~白糸の滝往復・・2.5km  50分
       ④ 田貫湖一周コース・・・・・・・4.0km  60分

      Am5:25 朝日に照らされる富士山頂・・・ホテルの展望室から
           最頂部から次第に下に向かって明るく輝いてくる。
e0153040_17201799.jpg
e0153040_17203673.jpg
      Am8:40 山中湖交流プラザ付近に駐車。
e0153040_17222354.jpg
      パノラマ台へのルート
e0153040_17232699.jpg
        標高差
e0153040_17242104.jpg
      Am8:50 山中湖パノラマ台へ登り始める
e0153040_17252199.jpg
      暫くは緩い上り坂が続く。
e0153040_17254584.jpg
      次第に登りはきつくなる。
e0153040_17270512.jpg
      標高1090mのパノラマ台からの眺望。
e0153040_17275646.jpg
      富士山頂部をズームアップ
e0153040_17314809.jpg
      Am9:40 下山、登った山を仰ぎ見る。
e0153040_17343248.jpg
      富士サファリ―パークへ。R469号瀬(富士裾野線)を走る。
      自衛隊の駐屯地や演習場があるのでこの種の車が多い。
e0153040_17392160.jpg
      Am10:30 富士サファリ―パークに着く。  
            入場料:シニア2000円のほか、ウォーキングコースは500円プラス。
            マイカーで園内を回るのが無料なのに、ウォーキングコースが優良なのは不思議。

            ウォーキングコース入口。
e0153040_17431637.jpg
      ウオーキングルート(赤色がルート)
e0153040_17434981.png
      園内を歩きながら動物観察。
e0153040_17454161.jpg
e0153040_17455558.jpg
      溶岩台地に作られたウォーキングコース。
e0153040_17461246.jpg
      一帯は溶岩樹型。
e0153040_17474342.jpg
      その説明
e0153040_17483025.jpg
      ライオンに餌やりもできる。(200円)
e0153040_17493114.jpg
      チーターの夫婦?
e0153040_17502131.jpg
      突然タイガーが現れ、ビックリ!
e0153040_17513427.jpg
      マイカーで園内を走るとこんな感じ。
e0153040_17530347.jpg
      もうすぐ出口。
e0153040_17535625.jpg
      Pm12:30 園内でランチをとった後、パークを後にする。

      Pm13:20 富士宮市内に入り、富士山本宮浅間大社に着く
           富士山本宮浅間大社は、富士山信仰の広まりと共に、全国に祀られている1300以上の浅間神社の
           総本宮として知られています。
           御祭神は木花之佐久夜毘売命、別名で浅間大神とも呼ばれています。
           本殿は「浅間造」という二層楼閣造り作られており、明治40年5月27日古社寺保存法により
           特別保護建造物に指定され、以後国指定重要文化財として特別の保護を受けている。

e0153040_18590972.jpg
e0153040_19022056.jpg
e0153040_19023894.jpg
      境内には国の天然記念物・湧玉池がある。
e0153040_19030517.jpg
      その説明。
e0153040_19061090.jpg
      Pm14:15 白糸自然公園に着く。
           公園内から菜の花越しに富士山を見る。
e0153040_19071832.jpg
      白糸の滝へ往復ウォーキング。
      ウォーキングコース図
e0153040_19093812.jpg
      標高差
e0153040_19101987.jpg
      白糸の滝全景。
e0153040_19105910.jpg
      滝つぼ付近で。
e0153040_19121408.jpg
      音止の滝。
e0153040_19130628.jpg
      Pm15:10 白糸自然公園に戻り、田貫湖へ。
      Pm13:25 田貫湖に着く。
           湖周を一周する。
e0153040_19160114.jpg
          標高差
e0153040_19172989.jpg
      湖畔の桜は満開!スタート。
e0153040_19175538.jpg
      大島桜の白い花も美しい。
e0153040_19185670.jpg
      ゆっくり河畔の遊歩道を歩く。
e0153040_19194133.jpg
      奥に見えるのが今夜の宿。
e0153040_19211950.jpg
     PM15:40 「休暇村・富士」にゴール。
      
     つづく。




 





by pckuri | 2019-04-23 19:23 | その他 | Comments(0)
2019年 04月 22日
富士山麓一周ドライブ&ウォーキング
 4月17日から3泊4日で富士山麓を一周ドライブ&ウォーキングウをしてきました。
何年も前から温めていた計画で、今回、田貫湖でダイヤモンド富士が見られる日に合わせて日程を組み見ました。
富士山麓を一周するウォーキングは、2日間で一周する「富士山一周ウルトラフリーウォーキング」や7回に分けて完歩する「富士山一周ロングトレイル」のほか、旅行会社がツアーで12~13回で回る「富士山麓一周ウォーク」などがあり、ウォーカーにとって憧れのルートです。
     
      ・富士山一周ウルトラフリーウォーキング
       富士宮市・富士本宮浅間退社がスタート&ゴール  125kmを2日間で完歩
       今年は4月27日~28日実施
e0153040_15554922.jpg
      ・標高差が900mもある過酷なルートです。
e0153040_16004057.jpg
      ・富士山麓一周ウォーク(トレイル)など
e0153040_16032508.jpg

 当初、1週間程度で一周する計画を立て、一人旅をする予定であったが、いつの間にか後期高齢者となり全周完歩する自信はなくなってしまった。
今回、山麓一周はドライブとし、周辺のウォーキングコースやハイキングコースをゆっくり楽しんで歩く行程として、連れを誘って実行することにした。
幸い天候にも恵まれ、4日間とも富士山をすぐそこに眺望しながら歩くことができた。
山麓の標高は、600m~1000mぐらいなので予期していなかった桜は満開! さくら越しの富士山は格別で、日本の代表する風景に足も止まり、見とれてしまった。
また、今回の旅行の主目的の一つ、田貫湖で「ダイヤモンド富士を見る」は、頂部に雲がかり見ることはできず残念だった。
前日は雲ひとつないスッキリしたダイヤモンド富士が見れたようなので諦めきれず、翌日も再チャレンジしようと、近くのホテルに泊まったが、この日も早朝は曇りで断念せざるを得なかった。
その他、富士サファリ―パークや、是非、体験したかった青木ヶ原樹海も雨に会うことなく歩くことができよかった。
なお、宿泊地は三泊とも湖畔から富士山が見える場所を予約する。
期間中に撮った写真は200枚を超え、整理しながら順次、投稿することにする。

   1.実施日:4月17日(水)~20日(土)   
   2.コースの概要
     青色の線は「Google・タイムライン」による実績ルート
e0153040_16053926.jpg
   ≪初日・17日(水)≫
     ・自宅をAm5:00にスタート、中央道・甲府南ICで降りて「精進ブルーライン」で精進湖へ。
     ・Am10:00 精進湖に着く。
     ・ 西湖~河口湖の河北ビューラインを東へ進み、大石公園に駐車し、ウォーキングを開始する。

     初日のウォーキングコース
       ① 河口湖北ウォーキングトレイル・・・・4km 60分
        (大石公園~河口湖美術館)
       ② 天井山ハイキングコース・・・・・・・1.5km 30分
       ③ 忍野八海周遊・・・・・・・・・・・・4.5km 60分
                 

     
     Am10:00 精進湖 うす曇りだが富士山はすっきりと見える。
e0153040_16122424.jpg
      河北ビューラインを東へ、西湖に着く。
e0153040_16144927.jpg
      Am10:35 河口湖・大石公園に着く。
e0153040_16160476.jpg
      ① 「河口湖北ウォーキングトレイル」ルート
e0153040_16191153.jpg
e0153040_08132520.jpg
      Am10:40  ウォーキング開始。
e0153040_16204816.jpg
      湖畔の遊歩道を東へ。写真は歩いてきたルートを振り返る。
e0153040_16214294.jpg
      満開の桜越しに富士山を見るが、山頂は雲に隠れてくる。
e0153040_16233059.jpg
      桜は満開、「河口湖・桜祭り」が開催中で平日にもかかわらず賑わっていた。
      芝桜のピンクに桜が映えて美しい。
e0153040_16251263.jpg
e0153040_16253040.jpg
      Am11:40 オルゴールの森美術館前にゴール、バスでマイカーを止めたスタート地点へ。
e0153040_16270561.jpg
      Am12:30 天井山公園ロープウェイ湖畔駅(標高:856m)
e0153040_16320405.jpg
      待ち時間が30分程度でロープウェイ乗る。
e0153040_16443572.jpg
      富士見台駅で降りる。(標高:1075m)
e0153040_16534688.jpg
      標高:1075m の公園から河口湖や富士山の眺望は素晴らしい。
e0153040_16541130.jpg
      満開の桜と富士山。
e0153040_16550732.jpg
e0153040_16555067.jpg
      ② Pm13:50  休憩後、湖畔まで、ハイキングコースを下る。
e0153040_17062388.jpg
      下山途中、樹間から河口湖を見る。
e0153040_17075748.jpg
      ナカバ平は、なだらかな広場になっている。
e0153040_17091816.jpg
      湖畔へさらに下る。アジサイが多く植えられているので花の季節にいいだろうな~。
e0153040_17101640.jpg
      Am14:25 湖畔に着く。
e0153040_17120565.jpg
      マイカーで忍野村へ。
      Am14:45 さかな公園に着く。
      ③ 忍野八海周遊コース(東海自然歩道) L=4.5km
e0153040_17211086.jpg
e0153040_09590737.jpg
      入口が分かりづらく時間を少しロス。
      標識を発見。
e0153040_17221875.jpg
      割に広い東海自然歩道を進む。
e0153040_17225877.jpg
      銚子池に着く。
e0153040_17244101.jpg
      水車小屋の前を湧水が流れる。
       
e0153040_17253173.jpg

       湧池
e0153040_17255765.jpg
       菖蒲池
e0153040_17262678.jpg
      浅間神社前にでる。
e0153040_17273393.jpg
       新名庄川に架かるお宮橋から。
       正面に富士山が見えるはずが、雲が出て見えず。
e0153040_10055415.jpg
      新名庄川沿いに下る。
e0153040_10081887.jpg
      
e0153040_10091412.jpg
      銚子池に戻る。
e0153040_10101110.jpg
      この後、再び東海自然道でスタート地点に戻る。 PM15:50
      マイカーで宿泊地の山中湖畔へ。
      Pm16:20 フォレストリゾート 山中湖秀山荘着
e0153040_10182173.jpg
      今回はここまで。









by pckuri | 2019-04-22 10:20 | その他 | Comments(0)
2019年 04月 14日
中神通の桜~塩の千本桜~磯部堤の桜
 4月13日(土)桜シリーズの第2弾として、JR東八尾駅をスタートし、満開の「中神通の桜」~「塩の千本桜」~「磯部堤の桜」~「護国神社のしだれ桜」を楽しみながら歩いてきました。
自分は五福公園に駐車しJR西富山駅から電車で東富山駅向かった、2両編成の車両の内1号車は貸し切り状態となるほど参加者で賑わっていた。
雲一つない青空、しかも立山連峰は青空に映えてスッキリと眺望でき、桜は満開となれば参加者は多いはずだ。

 東八尾駅をスタートし、何年振りかで「中神通の桜」へ向かい、神通回路をぐるーり廻って新婦大橋に戻る。
大橋を渡り神通川右岸に出て「塩の千本桜」の並木を通る。この堤防沿いにはスイセンが植えられ、水仙と桜のコラボが花見客を楽しませている。
 富山県総合運動公園のサブグラウンドで休んだあと、富山空港の噴水公園でも休憩をとり、紫色のモクレンの花が咲く空港緑地公園内を通りR359号線に出て熊野川を渡り、布瀬地内の土川と神通川の合流点に着く。
その後、有沢橋下を通過、河川敷内の神通川南公園を通り布瀬2丁目から布瀬橋を渡り、そろそろ散り始めた「磯部の桜」のトンネルを通り、護国神社にゴールした。

 1.今日の1枚:満開の「中神通の桜」の下を歩く。
e0153040_15204766.jpg
 2.今回の参加者:59名
 3.歩いた距離・時間:17km(20km) 3時間40分
   ()内はスタート前やゴール後に歩いた距離も含む。

 4.ウォーキングルート
e0153040_15214432.jpg
 5.歩いたペース&標高差
e0153040_15260671.jpg

 6.実績行程
    9:00 JR東八尾駅
         神通川水辺のプラザ芝地
    9:15 「中神通の桜」へ
    9:25 パークゴルフ場
         神通回廊を迂回
    9:50 新婦大橋を渡り神通川右岸へ
         「塩の千本桜」
   10:40 富山県総合運動公園(サブグランド)・・・・トイレ休憩
   11:10 富山空港(噴水公園)・・・・・・・・・・・休憩
         空港緑地公園内を歩く
   11:40 高速道路下
   11:55 熊野川を渡る
   12:10 有沢橋下
         神通川南公園(河川敷)
   12:30 布瀬町にでて布瀬橋を渡り「磯部堤の桜」
   12:40 護国神社にゴール
         解散
   13:10 五福公園駐車場

 7.写真&コメント
      JR東八尾駅で下車、神社前に集合
e0153040_15303905.jpg
      スタート前のミーティング
e0153040_15314267.jpg
      神通川水辺プラザへ。
e0153040_15331538.jpg
      中神通の桜の下を北へ。
e0153040_15355599.jpg
      スタートから「塩の千本桜」へのルート。
e0153040_15364894.jpg
      立山連峰もきれいに眺望できた。
e0153040_15381195.jpg
      5kmに渡る神通回路(中州)を桜を楽しみながら歩いた。
e0153040_15411969.jpg
e0153040_15415232.jpg
e0153040_15420833.jpg
      新婦大橋を渡り「塩の千本桜」へ。
e0153040_15424817.jpg
      水仙も満開、桜とコラボレーションは最高!
e0153040_15435896.jpg
      対岸の神通の桜越しに牛岳がみえる。
e0153040_15451448.jpg
      青空と桜とジェット機。
e0153040_15454818.jpg
      神通川右岸を成子大橋へ。
e0153040_15463048.jpg
      富山空港を目指し右岸堤防を歩く。
e0153040_15471824.jpg
      富山空港に着く。
e0153040_15474656.jpg
      空港スポーツ緑地内を北上。
e0153040_15492238.jpg
      熊野川に架かる橋を渡り黒瀬地内へ
e0153040_15502956.jpg
      有澤橋下の河川敷を北上。
e0153040_15520552.jpg
      ゴール付近のルート。
e0153040_15535519.jpg
      公園越しに磯部堤の桜と立山連峰。
e0153040_15545155.jpg
      磯部堤の桜。
e0153040_15553414.jpg
      磯部町公園を通り護国神社へ。
e0153040_15563110.jpg
      護国神社のしだれ桜。
e0153040_15570207.jpg
      磯部堤水門付近から。
e0153040_15575678.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は20日(土)桜シリーズの第3弾で「舟川の桜と入善のチューリップ」です。





by pckuri | 2019-04-14 16:00 | 桜・特別編 | Comments(2)
2019年 04月 07日
呉羽山花見ウォーキング
 桜シリーズの第1弾「呉羽丘陵ウォーキング」が 4月6日(土)行われ、大勢の参加者と5分咲きの桜を楽しみながら呉羽山丘陵を歩いてきました。
 この日、マイカーをゴール地点の白鳥城址下の駐車場に止め、スタート地点の呉羽山公園北駐車場へ歩いた。
スタート地点の北駐車場には富山駅をスタートした8人のほか、続々と参加者が集まった。
今日は青空が広がり最高のウォーキング日和。冷たい北風が吹いていたがスタートして直ぐ心地よい風となった。
芝生の広場と化した呉羽観光ホテルから、尾根伝いに八ケ山公園を経由し富山市納骨堂にでる。休憩後、長岡墓地から北代の公園都市緑化植物園を通り県立図書館に立ち寄ったあと、県道・富山高岡線の峠茶屋交差点を渡り、呉羽丘陵のなし畑を南下する。
一面のなし畑は、なしの蕾が膨らみ始め消毒作業が行われていた。
めひの野園から自転車道経由で呉羽ハイツ前にゴールし解散となった。

  1.今日の一枚:八ケ山公園の桜
e0153040_09515609.jpg
  2.参加者:62名
  3.歩いた距離・時間:12km 2時間30分
  4.ウオーキングルート(GPS軌跡)
e0153040_09550231.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_09560764.jpg
  6.実績行程
     9:10 呉羽山入り口公園 スタート
          呉羽観光センター前(取り壊されていた)から尾根伝いに北へ
    10:05 富山市納骨堂・・・・・・トイレ休憩(10分)
          長岡墓地内を通る
    10:35 県立図書館・・・・・・・トイレ休憩
          峠茶屋交差点を渡り、呉羽丘陵へ
    11:10 めひの野園
          自転車道を登る
    11:40 城跡下の駐車場 ゴール
          解散

  7.写真&コメント
       スタート前のミーティング
       今年に入って記録更新した参加者(62名)
e0153040_09583832.jpg
      旧・呉羽観光センターへの登り
e0153040_10002451.jpg
      芝生広場が広がり、全く面影がなくなった旧・観光センター跡地。
e0153040_10021218.jpg
      尾根道を呉羽山公園展望台へ進む。
e0153040_10025767.jpg
      展望台から富山市内を望む。
      昨日からの黄砂で霞んで見え、立山連峰は全く見えない。
e0153040_10041526.jpg
      桜の広場展望台からの眺望。
e0153040_10055046.jpg
      八ケ山公園から長岡墓地へのルート。
e0153040_10063441.jpg
      8分咲の桜の下、八ケ山公園内を歩く。
e0153040_10074069.jpg
      八ケ山公園広場。
e0153040_10080894.jpg
      富山市納骨堂で休憩。
      一面の菜の花が満開できれい。
e0153040_10090601.jpg
      呉羽山公園都市緑化植物園内のエドヒガンサクラ。
e0153040_10101990.jpg
      富山県公文書館付近の桜
      樹齢100年の一本桜(エドヒガンサクラ)は5分咲き。
e0153040_10205019.jpg
      県立図書館から峠茶屋交差点へ向かう。
e0153040_10214309.jpg
      峠茶屋交差点を渡り旧街道に出ると「馬頭観音」がある。
      五福新道を利用する馬方衆が「婦負郡北部荷馬車組合」をつくり、交通の安全と組合の発展を
      願い、さらに自分たちを助け苦労を共にしてくれる馬に感謝するため建立したもの。
e0153040_10224619.jpg
         新緑が芽吹き始めた呉羽丘陵への登り。
 
e0153040_10313009.jpg
      吉作地内のなし畑通り。
e0153040_10323043.jpg
      なしの蕾が大きく膨らみ、桜が終わるのを待っているよう。
e0153040_10342469.jpg
      めひの野園から自転車道を登る。
e0153040_10350922.jpg
      登りきると射水平野が一望できる。
e0153040_10355708.jpg
      昨日からの黄砂で少し霞んで見える。
e0153040_10365589.jpg
      白鳥城下の広場にゴール。
e0153040_10381205.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は桜シリーズの第2弾・「塩の千本桜と磯部の桜」です。
      護国神社のしだれ桜は見頃かも。




by pckuri | 2019-04-07 10:39 | 桜・特別編 | Comments(4)