<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年 10月 29日
晩秋の上高地を歩く
 富山マラソンがあった10月28日(日)ウォーキング冒険塾・県外編で、晩秋の上高地を歩いてきました。
マラソンがあった富山県内はぐずついた空模様だったようですが、上高地は快晴でしかも空気が澄んで、焼岳や山頂部が白くなった穂高連山などがくっきりと見え、梓川の清流に沿って最高のウォーキングができました。
今回は2班にグループ分けし、飯野班は「バスターミナル~明神池~徳沢~バスターミナル」のコースを、栗山班は「大正池~田代橋~河童橋~明神池~バスターミナル」の定番コースを歩きました。
紅葉の時期はそろそろ終わりを迎えていましたが、まだまだ河童橋周辺は大勢の観光客で混雑し賑わっていました。

  1.今日の一枚
e0153040_11091844.jpg
  2.参加者:38名(男18名 女20名)
  3.歩いた距離・時間:12km 3時間30分(休憩&ランチタイム含む)
  4.ウォーキングルート(栗山班)
e0153040_11105077.jpg
  5.実績行程
     8:00 新富観光バスセンター 出発
    10:10 大正池ホテル前着
    10:15 スタート
          田代池に寄る
    11:00 田代橋
          橋を渡らず、梓川左岸を歩く
    11:20 河童橋
          橋を渡って右岸へ
    12:20 嘉門次小屋に着く
          ランチタイム・・・明神池をめぐる
    12:45 再スタート
          明神館を経て左岸道を歩く
    13:30 小梨平キャンプ場
    13:40 上高地バスターミナルにゴール
    
    14:10 バスターミナル 出発
    14:35 「平湯の森」に着く
          入浴タイム
    15:35 平湯バスセンター 出発
    17:40 新富観光バスセンターに着く

  6.写真&コメント
      大正池ホテル前でバスから下車、梓川にでる。
e0153040_11245377.jpg
      梓川に沿って木道や木橋を歩く
e0153040_11264635.jpg
      栗山班のグループ
e0153040_11273597.jpg
      田代池で
e0153040_11281431.jpg
      田代橋から上流部
      奥に明神岳や前穂高岳が見える
e0153040_11292811.jpg
      橋を渡らず左岸道を行く
      梓川のクランク部からの眺望は素晴らしい!
      今に時期、カラマツ林の紅葉が六百山の緑に映える。
e0153040_11311753.jpg
      
e0153040_11334641.jpg
      さらに進むと明神岳が正面にみえ、下に河童橋が見えてくる。
e0153040_11343497.jpg
      左に目を移すと岳沢と白馬連山が見える
e0153040_11363110.jpg
      明神岳を背景に河童橋がみえる
e0153040_11382332.jpg
      河童橋を渡り右岸道を暫く行くと岳沢湿原にでる
e0153040_11392475.jpg
      湿原の上の木道を歩く
e0153040_11405158.jpg
      岳沢から流水や湧水が梓川に流れてる
      清らかに輝いて流れる光景に足が止まる
e0153040_11430462.jpg
e0153040_11454985.jpg
      明神池近くで一旦、治山林道に出る
e0153040_11464479.jpg
      再び木道にでて明神池を目指す
e0153040_11473463.jpg
e0153040_11481512.jpg
      加門次小屋(穂高神社)に着く
e0153040_11492134.jpg
      拝観料(300円)を払い明神池へ
      池からの景観が美しく、ここだけで10枚以上撮影する。
e0153040_11503650.jpg
      ここで結婚式ができるらしく朱色の小舟やチャペルもある
e0153040_11525724.jpg
      時間に余裕があればもっとここにいたい。
e0153040_11545253.jpg
      ランチを兼ねた休憩後、明神橋を渡り左岸道へ
e0153040_11571399.jpg
      橋上から飯野班が歩いている徳沢方面を撮る
e0153040_11580955.jpg
      下流側の眺望
e0153040_11585772.jpg
      左岸道は割に広い遊歩道で林間を下る
e0153040_12004880.jpg
      所々に湧水している箇所があり、梓川へ流れている
e0153040_12013208.jpg
      小梨平キャンプ場に着く
      カラマツの紅葉に一面染まっていた。
e0153040_12022284.jpg
      河童橋が見えてくる。
      ゴールが近い。
e0153040_12035484.jpg
      バスターミナル近くの左岸道で自撮り
e0153040_12053339.jpg
      予定していた時間にバスターミナルにゴールする。
e0153040_12070497.jpg
      帰路に立ち寄った「平湯の森」
e0153040_12081321.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は11月3日(土)は富山の湖沼編で「城端ダム~桜が池」を歩きます。


[PR]

by pckuri | 2018-10-29 12:10 | 県外特別編 | Comments(0)
2018年 10月 21日
入善駅~生地~黒部駅
 富山湾編・第2回が10月20日(土)、入善海岸から生地浜を経由し黒部駅まで歩いた。
自分は都合で人電車遅れ、西入善駅からスタートし五十里海岸にでて園家山キャンプ場で皆を待つことにした。
みんなが来るまで園家山砂丘を登り、一等三角点を見てきたりして時間調整する。

 スタートした頃、小雨が降る生憎の天気だったが、海岸に着く頃には雨も止み青空が広がってきた。
予定より20分余り遅れて到着したみんなと合流し、入善漁港から黒部川河口にでて右岸堤防を遡行し下黒部橋を渡る。
黒部市に入り、YKK黒部事業所へ通じる広い道路を歩き生地台場に着く。一休みした後、「富山湾が一番きれいに見える碑」がある生地浜に出る。
今日の海はとっても穏やかで、海岸から真正面には新湊大橋がかすかに見えるほか能登半島の先端部分までくっきりと見えた。

 ここまでゆっくりペースで歩いてきたため、黒部駅発1時17分発の電車には間に合わないだろうと一旦は諦めてはいたが、旋回橋(生地中橋)を渡った所でトイレ休憩中の皆に先行しペースを上げ、高橋川堤防から黒部駅にかけては時計を見ながら走ったりして黒部駅に着いた。発車1分前のゴールだった。

  1.今日の一枚:生地海岸
e0153040_10253958.jpg
  2.参加者:36名
  3.歩いた距離・時間:16km(13km)・・・・( )内は自分
  4.ウォーキングコース
e0153040_10275415.jpg
  5.実績行程
      10:40 西入善駅前 スタート
      11:00 園家山キャンプ場に着く
            入善駅からスタートした皆を待つ
            その間、園家山砂丘一等三角点を見てくる
      11:50 みんなと合流
      11:00 海洋深層水パーク
      11:30 入善漁港
      11:45 黒部川に架かる下黒部橋を渡る
            黒部市に入りYKK黒部事業所への広い道を歩く
      12:20 生地鼻灯台(台場)
            生地浜
      12:40 生地中橋(旋回橋)
            清水の街・生地
      12:50 高橋川に出る
      13:16 黒部駅 ゴール

  6.写真&コメント
      あいの風とやま鉄道・西入善駅
      今回はここからスタート。
e0153040_16053246.jpg
      西入善駅から黒部川を渡るまでの実績ルート。
e0153040_16064968.jpg
      五十里海岸の波打ち際。
      波が引くときコロコロと小石が転がる音がする。
e0153040_16084865.jpg
      園家山キャンプ場に着く。
e0153040_16092787.jpg
      園家山砂丘一等三角点への遊歩道を登る。
e0153040_16102346.jpg
      園家山山頂。標高 17.36m
      富山県内にある7か所の一等三角点の一つ。
e0153040_16134095.jpg
      山頂からの眺望(朝日方面)
e0153040_16185856.jpg
      待つこと40分、ようやく入善駅から歩いてきた皆と合流。
e0153040_16175086.jpg
      海洋深層水パーク前を通過。
e0153040_16204090.jpg
      入善漁港前にある「ハマナス公園」で休憩。
e0153040_16214003.jpg
      黒部川河口に出る。
e0153040_16223168.jpg
      右岸堤防を遡行する。
e0153040_16230994.jpg
      下黒部橋を渡る。
      昨年は川を遡上する鮭を見ることができたが、今年は全く見えず。
e0153040_16234323.jpg
      黒部市に入り、YKK黒部事業所への広い道を西へ。
  
e0153040_16264856.jpg
      生地台場に着く。
      江戸時代後期に外国船渡来(黒船騒動)による海防上の必要から、幕府の名を受け加賀藩が築いた。
e0153040_16272409.jpg
      この大筒(大砲)は臼砲・[きゅうほう](モルチール砲)という形式だそうで、海に向かって
      5門が設置されていた。
      口径に比べて砲身が短く、果たしてどれくらい飛ぶ能力があったんだろう。
e0153040_16411612.jpg
      生地鼻灯台。
      ここが富山湾と日本海の境界だとか。
e0153040_16414398.jpg
     生地浜に進み、キラキラ光る富山湾を眺めながら歩く。
  
e0153040_16442300.jpg
      「富山湾が一番きれいに見える碑」の前で、しばし見とれる。
e0153040_16460070.jpg
      真正面に新湊大橋が見える。
e0153040_16462790.jpg
      生地中橋(旋回橋)を渡る。
e0153040_16474937.jpg
      生地の街から黒部駅までの実績ルート
e0153040_17000005.jpg
      清水の街・生地の街並みを西へ。
      「絹のしょうず」など幾つかの洗い場がある。
e0153040_16484282.jpg
      高橋川に出て左岸堤防をハイペースで歩く。
      左側は黒部市総合公園。
e0153040_16502642.jpg
      
e0153040_16522435.jpg
      黒部駅にゴール!(富山行き13:17分の1分前)
e0153040_16535816.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は27日(土)里山編で「笹津駅~小佐波~国際大学~上滝駅」
         28日(日)県外編で「上高地」です。





[PR]

by pckuri | 2018-10-21 16:57 | 富山湾編 | Comments(0)
2018年 10月 14日
有峰湖畔と猪根山遊歩道を歩く
「富山県の湖沼編」第18回で10月13日(土)に有峰ダム湖を訪ねた。
有峰の紅葉は始まったばかりで、一週間から10日ぐらい先が見頃になるだろう。
3日前に歩くルートについてビジターセンターに問い合わせたところ、冷タ谷遊歩道の中間部分で大風の影響で崩れた個所があり、手当はしてあるが避けたほうがいいのでは?との情報を得たため、代わりのルートとして折立遊歩道を歩く準備もする。

新富観光バスセンターから1時間30分で有峰湖に着く。
有峰は青空が広がり有峰湖はキラキラと輝いて見え、周辺の山々は色好きはじめ秋の訪れを感じる。気温は15度と影に入ると寒いくらいだ。
ビジターセンターで再度、歩くルートの状況を聞くと崩れた個所は復旧が終わっており問題なく通れます。とのことでバスで、冷タ谷遊歩道南口へ行き、マイカーで参加したグループと合流した後、予定通りのコースを歩いた。
有峰記念館前にゴールするまで秋晴れに恵まれ、爽快なウォーキングを楽しむことができた。

  1.今日の一枚はこれ!
    猪根山遊歩道の第2展望台から記念の一枚
e0153040_16163190.jpg
  2.参加者:45名
  3.歩いた距離・時間:9km 3時間15分(ランチタイム含む)
  4.ウォーキングルート
e0153040_16220830.jpg
     標高差
e0153040_16224030.jpg
  5.実績行程
     8:00 新富観光バスセンターから36名 出発
     9:30 有峰ビジターセンター着
          歩くルートなど確認後、冷タ谷遊歩道南口へ
          マイカーグループと待ち合わせ
    10:00 南口からスタート
          緩い登りが続く
    10:10 分岐で右折
          水平同を歩く
    10:40 北口に出て有峰林道を歩きはじめる
    11:20 有峰ダム堰堤に着く・・・・・休憩
    11:45 有峰記念館に着く
          ランチタイム
    12:10 猪根山遊歩道へ 再スタート
          きつい登り坂
    12:30 第2展望台
    12:40 頂上に着く・・・・休憩
          旧青少年の家方面へ下る
    13:10 旧青少年の家に着く
    13:15 有峰記念館にゴール

  6.写真&コメント
《冷タ谷遊歩道》
 南口から歩きはじめるが、当初の10分は緩い登り坂を標高100mくらい登る。
ミズナラ、シラカバ、ブナなどの樹林帯のなかを落ち葉でふかふかの道を歩くと、やがて右折の表示版があり、水平道に入る。
水平道は樹林の所々にカエデ類の紅葉も見られ、苔が生えた飛び石伝いに湿地を歩く。樹林が開けると有峰湖や薬師岳が一望できる場所に出る。
ここからは木道を歩いたり、湧水でできた沢に架かる丸太の橋を何度も越えると、有峰林道に接する北口に出る。
 ( 1.5km 約40分)

     冷タ谷遊歩道のルート
e0153040_16385821.jpg
e0153040_16391878.jpg
     冷タ谷遊歩道南口付近でバスから下車
e0153040_16365638.jpg
     南口でマイカーグループを待つ。
e0153040_16374945.jpg
     全員揃ったところでスタート。
     すぐ、緩い登り坂が続く。
e0153040_16403679.jpg
     10分ぐらいのボルト右折の標識がある。
e0153040_16414545.jpg
     水平同に出るが多少のアップダウンがある。
e0153040_16423615.jpg
     スズメバチの巣があるとの案内。
e0153040_16432849.jpg
     湧水でできた沢をいくつか越える。
e0153040_16440083.jpg
     この辺でトラブル発生。     
e0153040_16460566.jpg
     東側が開けた狭い木道を歩く。
     
e0153040_16481131.jpg
     有峰湖や薬師岳が一望!
e0153040_16493132.jpg
     有峰林道に接する北口に出る。
e0153040_16501543.jpg
《有峰林道湖西線》
 冷タ谷遊歩道北口から有峰記念館まで有峰林道の舗装道路を歩く。
有峰ダム堰堤までは平坦な道路で、湖畔の樹林の間から輝いて見える湖面を見ながら歩く。
標高1090mのダム堰堤を500m歩くが、堤から身を乗り出して140m下のダム下を眺めると身がすくむ。
堰堤を渡り切ると林道を迂回して有峰記念館まで緩い登り坂となり、途中、有峰展望台がある。ここには大勢の観光客で賑わっており、眼下の有峰湖を眺望していた。
  (5km 1時間5分)

     色づき始めたミズナラやシラカバが美しい。
e0153040_16513225.jpg
     時々開けたところがあり有峰湖が輝いて見える。
e0153040_16530383.jpg
     有峰林道小口川線分岐に出る。
e0153040_16541429.jpg
     有峰ダムに着く。全員が揃うまで休憩。
e0153040_16583652.jpg
     ダム堰堤を歩く(500m)
e0153040_16591137.jpg
     堰堤下150mに和田川が見える。
e0153040_17002791.jpg
     ダム湖越しに対岸の山は紅葉が生えて美しい。
e0153040_17014555.jpg
     有峰林道を登り、折り返して展望台方向へ。
e0153040_17025248.jpg
     有峰湖が一望できる展望台に着く。
e0153040_17033415.jpg
     こんな感じです。
     宝来島や有峰湖の南端まで見渡せる。
e0153040_17040052.jpg
     有峰記念館に着き、ランチタイム。
e0153040_17051244.jpg
 《猪根山遊歩道》
 このルートはブナの林を楽しむやや急な道で、猪根山山頂まで二つの展望台があり、有峰湖、宝来島、猪根平が一望できます。
旧青少年の家側から登るときつい坂道が続くので、有峰ハウスから登る。
それでも標高差200mの頂上まで30分、登り坂が続くが、「樹木名あてクイズ」やブナの巨木を見ながらゆっくりと登った。
頂上の広場で休憩して息を整えた後、旧青少年の家側へ尾根道を下るが、きつい階段状の坂道は膝に応えるが、ブナやトチノキの巨木が生い茂る自然林を楽しむことができる。
ここも紅葉は色づき始めたところで残念だったが、下る途中で見つけたモタセ(ナラタケ)を撮ることができた。
 (2.3km 65分)
  
    猪根山遊歩道のルート
e0153040_17075196.jpg
e0153040_17080666.jpg
     有峰記念館前でスタート前のミーティング。
e0153040_17091348.jpg
     有峰ハウス側から登り始める。
e0153040_17094621.jpg
     厳しい登りが続く。
e0153040_17101580.jpg
     第2展望台への表示板。
e0153040_17104928.jpg
     展望台からは有峰湖が眺望できる。
e0153040_17111400.jpg
     途中、とちの木の大木が見られるが、これは駆逐した根本が緑に映えていた。
e0153040_17142269.jpg
     やがて標高1338mの頂上にでるが見晴らしが悪い。
     ナナカマドの木が多くあり、赤い実がたくさん実っていた。
e0153040_17184238.jpg
e0153040_17195388.jpg
     休憩後、青少年の家方面に下る。
e0153040_17211285.jpg
e0153040_17220253.jpg
     カエデ類がひと際、赤く紅葉して綺麗だった。
e0153040_17303666.jpg
     なが~い下りが続く。
e0153040_17323003.jpg
     
e0153040_17335166.jpg
     モタセ発見!今夜の味噌汁に。
e0153040_17370012.jpg
     有峰記念館にゴール。バスに乗り込み帰路につく。
e0153040_17390007.jpg
     お疲れさまでした。
     とにかく天気が良かったので最高のウォーキングができました。

    次回は20日(土)富山湾編で「入善駅~黒部駅」です。



   


[PR]

by pckuri | 2018-10-14 17:28 | 富山県の湖沼編 | Comments(2)
2018年 10月 09日
夢の平(コスモス)~庄川水記念公園
 コスモスはやっぱり青空が似合いますね。
「夢の平コスモスウオッチング」に合わせ毎年、夢の平から庄川水記念公園までウォーキングをしている。
10月8日(祝)は青空が広がり、一気に開いたコスモスが夢の平をピンク色に染めていた。
7分咲きぐらいと思われるが、今が一番の見頃であろう。

 この日、ゴール地点の庄川水記念公園に駐車し、無料のシャトルバスで夢の平へ。
今日は祝日とあって色んなイベントが用意されているようで、ゲレンデ広場の特産品売り場や軽食コーナーは賑わっていた。
予定より少し早くスタートし、コスモスの間を縫うように鉢伏山山頂へ登り始めた。
途中、傾斜の強いところもあり、息を切らして標高差約200mを一気に登った。
登る途中に振り返ると、新湊大橋や富山湾もすっきり見え魚津方面まで眺望できた。これだけ広範囲に眺望できる日はめったになく、それだけ今日は空気が澄んでいるのだろう。
山頂の展望台からも砺波平野や医王山がすっきりと見え、しばらく眺望を楽しんだ後、庄川水記念公園までの長~い下り坂を早い足取りで下った。
途中、鉢伏の不動明王や隠尾八幡宮に立ち寄り、庄川右岸に出た後、庄川合口ダム堰堤を渡ってゴールした。

  1.今日の一枚
e0153040_10521240.jpg
  2.参加者:36名
  3.歩いた距離・時間:9km 2時間00分
  4.ウォーキングルート
e0153040_10540960.jpg
      標高差
  
e0153040_11205700.jpg
  5.実績行程
    9:40 庄川水記念公園からシャトルバスに乗る
    9:55 夢の平コスモス会場
         コスモス畑散策&屋台で飲食
   10:30 スタート
   11:00 鉢伏山山頂・・・・5分休憩
         庄川方面へ下山開始
   11:40 隠尾八幡宮
   12:20 庄川右岸に着く
         庄川合口堰堤
   12:30 水記念公園にゴール
         解散

  6.写真&コメント
      庄川水記念公園からシャトルバスで夢の平へ
      無料シャトルバスの発車時間
e0153040_10594493.jpg
      夢の平でコスモスウオッチング。
e0153040_11004731.jpg
      スタート前のミーティング。
e0153040_11012508.jpg
      鉢伏山山頂へのルート。
e0153040_11021533.jpg
      写真ではすっきり写ってないが、富山湾まできれいに見えた。
e0153040_11045250.jpg
      急な斜面を登る。
e0153040_11052858.jpg
      コスモス畑が過ぎた辺りでこんな花が咲いていた。
      名前は知らないが辺り一面に植栽されていた。
e0153040_11070161.jpg
      芝桜も広く植え付けられている。
e0153040_11073886.jpg
      頂上近くの急斜面。
e0153040_11080805.jpg
      リフトの山頂駅でスタッフがVサイン。
e0153040_11085856.jpg
      リフトで山頂へ来る人も多い。
e0153040_11094911.jpg
      山頂で一休み。
e0153040_11102285.jpg
      山頂から砺波平野を眺望。
e0153040_11105846.jpg
      山頂付近の実績ルート。
e0153040_11114759.jpg
      不動明王への道。
e0153040_11124000.jpg
      隠尾八幡宮に着く。
e0153040_11134509.jpg
      
e0153040_11140644.jpg
e0153040_11155626.jpg
      境内には樹齢400~500年の大杉3本が連なっている。(樹高:32m)
e0153040_11172098.jpg
      八幡宮前で一休み。
e0153040_11175944.jpg
      下山途中の展望台。
      駆逐していて展望も悪い。
e0153040_11192018.jpg
      展望台からゴール付近のルート。
e0153040_11195940.jpg
      庄川本流や砺波平野が眼下に見えてくる。
e0153040_11223532.jpg
      合口ダムまで庄川右岸を歩く。
e0153040_11234816.jpg
      合口ダム堰堤を渡り対岸へ。
      堰堤からダム湖を見る。そろそろ紅葉が始まっている。
e0153040_11250036.jpg
      庄川水記念公園にゴールする。
      お疲れさまでした。
      ゴール後、11月に予定している里山編のコース下見をして帰る。(和田川共同水路)
      次回は13日(土)有峰湖畔ウォーキングです。
      紅葉がどこまで進んでいるか?楽しみです。






[PR]

by pckuri | 2018-10-09 11:28 | 里山編 | Comments(0)
2018年 10月 01日
塩の道・第3回 南小谷駅~石坂越え~北小谷駅
 9月29日(土)塩の道編の第3回で「南小谷駅~石坂越え~北小谷駅」を歩いてきた。
昨年は大雨のなか現地まで車で行ったものの、雨はさらに激しくなりやむを得ずウォーキングは中止となったので2年ぶりに歩くコースだ。
今回も南小谷駅前は、まだ小雨が降っていて傘をさしてスタートだったが、虫尾の阿弥陀堂に着く頃には雨も止み、「おたり道の駅」にゴールするまで傘をさすこともなかった。
阿弥陀堂から下里瀬集落へ一旦、下るが、ここから車坂の急な坂を登り池原集落へ進み、石坂峠を越えて北小谷へ進むが、自分は車坂への登りの手前で皆と別れ、姫川沿いの旧道を歩き北小谷へ別行動をとった。

 昨夜から不整脈で脈が乱れ、とても車坂や石坂峠越えは自信がなく万一の場合、皆に迷惑をかけることになるとの思いから独り歩きをしたが、姫川沿いの旧道は誰一人と会うことがなく不安だった。
さらに、姫川支流の浦川の合流部を横断する橋が架かっているのか? とても心配だった。幸い、姫川第3ダム付近で出会った郵便配達員(オートバイ)から得た情報で通れることを知り安堵する。
姫川沿いの旧道は、切り立った岩山であったり、彩り豊かな姫川第3ダムの湖面、さらにJR大糸線の線路が縫うように見えたりと、とても変化にとんだルートだった。
紅葉の頃に歩けば、さらに絶景だろうと思いながら歩いた。

 本ルートより2kmくらい短いルートで、早く北小谷に着いたので、ゴール近くの来馬温泉(風吹荘)に浸かり汗を流した。
頃合いを見計らって温泉を出たところで、松が峰から下ってきた皆さんと出会い、「おたり道の駅」にゴールした。

  1.今日の1枚
e0153040_11230625.jpg
  2.参加者:21名
  3.歩いた距離・時間:13km 3時間10分(自分は11km 2時間40分)
  4.ウォーキングルート
     青点線は石坂越え本ルート
e0153040_11234516.jpg
  5.実績行程
     10:00 南小谷駅前 スタート
           R148号線に出て南小谷郵便局で左折、塩の道へ
     10:35 虫尾の阿弥陀堂・・・・休憩
     10:50 下里瀬に着く
           ここで皆と別れ単独行動
     10:55 姫川沿いの旧道にでる
     11:10 JR中土駅・・・・・・・休憩
     11:20 姫川第3ダム湖に架かる橋を渡る
           橋を渡ってすぐ左折(旧道)
     11:40 姫川に架かる橋を渡る(小谷生コン)
           少し登ってすぐ右折し浦川の河原へ
     12:00 浦川に架かる橋・・・・・休憩(ランチタイム)
     12:30 来馬温泉(風吹荘)・・・・入浴タイム
     13:00 みんなと合流
     13:10 小谷道の駅にゴール

  6.写真&コメント
     北小谷駅発 9時40分発の電車に乗りスタート地点の南小谷へ
e0153040_11452986.jpg
      1両編成の電車は貸し切り状態
e0153040_11462230.jpg
      南小谷駅前でスタート前のミーティング
      まだ雨が降っている。
e0153040_11471005.jpg
      南小谷駅前からR148号線に出て、虫尾の阿弥陀堂までのルート
e0153040_11485602.jpg
      郵便局で左折
e0153040_11505857.jpg
      塩の道らしくなる。
      もう雨は上がったようだ。
e0153040_11514871.jpg
     やがて「塩の道の通行止め」表示板が。土砂崩れがあったようだ。
e0153040_11523931.jpg
      看板を無視して登ると、確かに土砂崩れ箇所に出る。
      ブルーシートで養生した個所を渡る。
e0153040_11550196.jpg
      虫尾の阿弥陀堂に着く。
      雨具など外す。
e0153040_11554261.jpg
      ここから下里瀬までは下り坂となる。
e0153040_11571791.jpg
      松林のなかを下る。
e0153040_11581358.jpg
      下里瀬の集落が見えてくる。
      正面の山は、標高938mの「立山」です。
      小谷村にも立山があった。
e0153040_11585228.jpg
      下里瀬のメイン道路を歩く。
e0153040_12003541.jpg
      ここから車坂への登り坂となるが、ここで皆さんと別れる。
e0153040_12014655.jpg
      下里瀬からJR中土駅までのルート。
e0153040_13191474.jpg
      国道R148号線と交わる旧街道に出る。
      上がR148号線
e0153040_12414504.jpg
      姫川の左岸沿いに旧街道を歩く。
e0153040_12425947.jpg
      姫川を横断するR148号線の下で記念の1枚。
e0153040_12432938.jpg
      左上の落石防止用柵。
      この上あたりがみんなが歩いている「フスベ」だろう。
e0153040_12452724.jpg
      JR中土駅に着く
e0153040_12473324.jpg
     中土駅から姫川第3ダムを通り浦川の橋を渡るまでのルート。
 
e0153040_13205154.jpg
     姫川第3ダム湖に架かる立派な橋を渡る。
e0153040_12481491.jpg
      橋上から上流側の景色。
      ダム湖面が彩り豊かで美しい。
e0153040_12505527.jpg
      下流側に第3ダムが見える。
e0153040_12531645.jpg
      右岸に渡りスノーシェッドを歩くと第3ダムゲートがある。
e0153040_12541841.jpg
      この辺り、切り立った岩山で岩肌張り付くように繁る雑木は紅葉すると綺麗だろうな~。
e0153040_12545899.jpg
      JR大糸線、姫川を渡る鉄橋とトンネル。
e0153040_12585736.jpg
      小谷生コンKKを過ぎて、浦川の河原に下る。
e0153040_13002019.jpg
      この浦川を渡る橋があるのか心配だったが、以外にしっかりした橋があった。
      河川工事用のトラックが時々、出会う。
e0153040_13013304.jpg
     浦川に架かる橋から小谷道の駅までのルート。
 
e0153040_13222424.jpg
     橋を渡ると木立の中を爽快に歩ける。
e0153040_13031802.jpg
      左側に遠く松ケ峰展望台が見える。
      今頃は、本体はこの辺りを歩いているだろうか?
e0153040_13051450.jpg
      來馬温泉(風吹荘)に着く。
e0153040_13062274.jpg
      源泉かけ流しの温泉に浸り、時間調整。(立ち寄り湯代金 500円)
      ほかに入浴者は誰もいなく、独り占め。
      
e0153040_13071396.jpg
      温泉を出るとタイミングよく、皆と合流。
e0153040_13091653.jpg
      おたり道の駅にゴール。
e0153040_13095201.jpg
      お疲れさまでした。

      次回は10月6日(土)富山湾編の第1回 新潟県境の市振駅から入善駅です。
      また、10月13日(土)富山県の湖沼編の18回 有峰湖畔ウォーキングは申し込み者全員が
      参加できるようバスの手配調整ができました。
      参加希望者には改めて、レジメなど送付されます。




     




[PR]

by pckuri | 2018-10-01 13:22 | 塩の道編 | Comments(0)