<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年 09月 25日
岩瀬浜駅~富岩運河~環水公園
 今年も「富山湾編」がスタートした。
9月24日(祝)スタート地点の岩瀬カナル会館前には、今年、「立山編」を完歩した新塾生やOB達が大勢集まった。
今回は富山湾編のオリエンテーションとして、岩瀬カナル会館から環水公園までのショートコースで、ゴール後は自由館(レストラン・シャトー)で昼食懇親会が行われた。

 今回も自宅からクロスバイクで1時間走り、スタート地点の「カナル会館」に来た。
このコースは自転車を引いてのウォーキングが恒例になってしまった。
カナル会館をスタートし、運河に架かる「大漁橋」を渡り岩瀬家や舛田酒造がある古い街並みを通り、馬場記念公園を経て富岩運河に出る。
運河の右岸を遡行し、中島閘門で左岸に渡り、休憩後、「イタリアン食の祭典」で賑わっていた環水公園へと進み、自由館前にゴールした。
途中、馬場記念公園や中島閘門付近に見頃の「ヒガンバナ」が咲いており、お彼岸らしいウォーキングでした。
解散後、富山北大橋を渡り八ケ山公園から自転車道(射水線跡地)で帰路についた。

 なお、「富山湾編」の第1回は10月6日(土)新潟県境の市振駅からスタートし、石川県境の氷見市脇へとベイエリアを歩く予定です。

  1.今日の一枚
e0153040_08365754.jpg
  2.参加者:52名
  3.歩いた距離・時間:8km 1時間40分
  4.ウォーキングコース
e0153040_08404976.jpg
  5.実績行程
    9:50 岩瀬カナル会館 スタート
         東富山駅から歩いてきたグループと合流し、古い町並みへ
   10:05 森家や舛田酒造
   10:25 馬場記念公園
         県道を通り住友運河を渡る
   10:45 富岩運河にでる
   11:00 中島閘門・・・・・・・トイレ休憩
         左岸沿いに歩く
   11:30 環水公園に入る
   11:35 自由館前にゴール
         解散  
         レストラン・シャトーでオリエンテーション

  6.写真&コメント
     スタート前のミーティング(カナル会館の裏)
e0153040_08444482.jpg
     運河沿いにスタート。
e0153040_08452137.jpg
     スタートから岩瀬の古い街並みを歩く。
e0153040_08460427.jpg
     運河沿いに岩瀬港方面へ。
e0153040_08474009.jpg
     大漁橋を渡る。
e0153040_08482193.jpg
     「割烹・松月」の前を通る。
e0153040_08490797.jpg
     一旦、展望台に出る。
e0153040_08495077.jpg
     「森家」など、古い街並みを通る。
e0153040_08503976.jpg
     舛田酒造で左折する。
e0153040_08513225.jpg
     今春、オープンした「MUROYA」
e0153040_08524442.jpg
     「中島閘門カレー」などのメニュー。
e0153040_08534776.jpg
     馬場記念公園内を通る。
e0153040_08544414.jpg
     馬場記念公園から富岩運河へのルート
e0153040_09010685.jpg
     富岩運河に出る。
e0153040_08552880.jpg
     中島閘門に着く。
e0153040_08555843.jpg
     閘門前でトイレ休憩
e0153040_08563118.jpg
     富岩運河の左岸沿いに歩く。
e0153040_08571044.jpg
     遊覧船に出会う。
e0153040_08573938.jpg
     富岩運河から環水公園へのルート
e0153040_09015123.jpg
     環水公園に着く。
     イタリア食の祭典が開催されていて賑わっていた。
e0153040_08585846.jpg
    
e0153040_08593996.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は29日(土)塩の道編の3回で「南小谷駅~石坂峠~北小谷駅」です。






[PR]

by pckuri | 2018-09-25 09:04 | 富山湾編 | Comments(0)
2018年 09月 23日
庄川水記念公園~小牧ダム湖
 9月22日(土)富山県の湖沼編・第17回で、庄川水記念公園をスタート&ゴールに小牧ダム湖を往復してきた。
お昼頃までは雨、との天気予報であったがスタートする頃は雨は上がり西の空に青空も見えてくる。
ダム湖までは(旧)加越能鉄道の延線で、小牧ダム建設時の工事用軌道跡を歩いた。
ダム湖の庄川遊覧船乗り場で休憩した後の復路は、堰堤を渡り対岸に出て名ケ原集落経由で庄川水記念公園に戻るコースだ。

 ダム湖から一旦、湯上集落に下り、R346号線の緩い登り坂を歩き落シ集落に出る。
ここからはR346号線に沿って名ケ原集落に行けるが、今回は名ケ原集落と落シ集落を結ぶ集落道路を通るルートにした。
しかし、これには大きな誤算があった。
グーグル地図にもハッキリと表示されている山道であったが、約150mくらいは雑草が生い茂り全く行く手を阻まれてしまった。一旦、元に戻ることが賢明であったが、坂道を下ってしまっていたため、道なき道をやぶ漕ぎして林道にでる。
今朝まで降っていた雨で雑草は濡れていたうえ、刺のあるノイバラやタラノ木の幼木などもあり林道に出たときにはズボンはびしょ濡れ、ひっかき傷が無数にできてしまった。

 名ケ原集落からはさらに坂道を登り、今日の最高地点(306m)、夢の平から下ってくる道にでる。
ここからは船戸橋まで長~い下り坂。途中、庄川や砺波平野が眺望できるスポットもあったが、歩くスピードは自然に早くなってしまう。
船戸橋詰から庄川右岸沿いに小牧合口ダムにでて、堰堤を渡りスタート地点の水記念公園にゴールした。

  1.今日の1枚:小牧ダム湖
e0153040_10551871.jpg
  2.参加者:48名
  3.歩いた距離・時間:11km 2時間40分
  4.ウォーキングルート
    (ランキーパーアプリのよる実績ルート)
e0153040_10573106.jpg
     標高差
e0153040_11463063.jpg
  5.実績行程
     9:50 庄川水記念公園 スタート  
          庄川左岸沿いの軌道跡を歩く
    10:15 スパガーデン和園
    10:40 小牧ダム湖(庄川峡遊覧船乗り場)・・・・・休憩
    10:55 ダム堰堤を渡り対岸へ
          R471号線からR346号線へ
    11:15 落シ集落
          ここから名ケ原集落へ集落道を通る
    11:40 名ケ原集落
          ここからさらに登る
    11:50 最高地点
          長~い下り坂
    12:20 船戸橋詰
          合口堰堤を渡る
    12:30 庄川水記念公園 ゴール

  6.写真&コメント
     スタート前のミーティング。
e0153040_11120729.jpg
     いざ、スタート。
e0153040_11141290.jpg
     庄川沿いの船戸公園内を通る。
e0153040_11152590.jpg
     R156号線の牛嶽車道開通記念碑前に出る。
e0153040_11173758.jpg
     R156号線下の関西電力小牧発電所横を通る。
e0153040_11183111.jpg
     この後も軌道跡を通る(ルート図)
e0153040_11201222.jpg
     トンネルに出る。
e0153040_11210556.jpg
     暗いトンネルから出る。
e0153040_11213982.jpg
     スパガーデン和園の横を抜ける。
e0153040_11221651.jpg
     小牧ダムを一旦、通り越して庄川峡遊覧船乗り場へ。
e0153040_11231762.jpg
e0153040_11233890.jpg
     ダム堰堤を渡る。
e0153040_11241440.jpg
     堰堤から下流側・・川淵に湯谷温泉が見える。
e0153040_11245252.jpg
     落シ集落から名ケ原集落へのルート。
     白線の一般道路を通らず、赤線ルートで名ケ集落へ。 黄色はやぶ漕ぎしたところ。
e0153040_11414001.jpg
     落シ集落に着いた後、問題の集落道路へ
     この「立入禁止」標識を無視したのが大変な目にあうことになった。
e0153040_11275108.jpg
     この後、しばらくは問題なかった。
e0153040_11285640.jpg
     やぶ漕ぎで、写真撮る暇もなかった、林道に出た後、後続を撮った。
e0153040_11302853.jpg
     林道に出てほっとしたひと時。
e0153040_11311058.jpg
     名ケ原集落を超え、下り坂にかかるところで丸々と太ったイノシシが・・・
e0153040_11325650.jpg
    船戸橋への下りのルート。
    青の点線ルートは、過去の下った今回より大変だった道。
 
e0153040_11443033.jpg
    船戸橋への下り坂。
e0153040_11333930.jpg
e0153040_11340559.jpg
     途中のビュースポット。
e0153040_11344986.jpg
e0153040_11350688.jpg
     船戸橋詰めに出て、庄川左岸を遡行。奥に合口ダムが見える。
e0153040_11360547.jpg
     彼岸花に戯れるクロアゲハ。
e0153040_11372037.jpg
     合口ダム堰堤を渡る。
e0153040_11380009.jpg
     水記念公園内に入り、ワリバシで造った橋を渡る。
e0153040_11391104.jpg
e0153040_11393148.jpg
     スタート地点の戻る。
e0153040_11395883.jpg
     お疲れさまでした。
     次回は24日(祝)富山湾編のオリエンテーションで、岩瀬浜駅から富岩運河を通り環水公園まで歩きます。
     また、29日(土)は塩の道・石坂超えコース(南小谷駅~北小谷駅)を歩きます。








[PR]

by pckuri | 2018-09-23 11:51 | 富山県の湖沼編 | Comments(2)
2018年 09月 17日
宇奈月麦酒館~船見城址(往復)
 9月15日(土)富山県の里山編・第2回で、宇奈月町の宇奈月麦酒館をスタート&ゴール地点にし、入善町の舟見城址往復コースを歩いてきた。
年間当初計画では入善駅から町営バスで明日温泉に行き、ここをスタートして舟見城址に登り入善駅に帰るコースを予定していたが、参加者が多くて町営バスに乗り切れなかった場合も予想して、スタート地点を変更した今回のコースにしたものです。

 スタート地点の宇奈月麦酒館周辺の山々は、黒くて厚い雲に覆われて雨が強く降っていたため、雨具を付け傘をさしてのスタートだったが、愛本集落を過ぎた辺りで雨は小降りとなった。
明日温泉の足湯のところで休憩した後、標高252mの舟見城址へは谷江の堤経由で登った。
この頃には雨も上がり、船見城北側の展望台からは黒部扇状地の入善町から黒部市方面が一望できた。
天気が良ければ富山湾も眺望できる絶景ポイントだ。
城址からは登ってきた道を戻り林道を西側に下る予定であったが、西側急斜面をジグザグに下る遊歩道を下った。
「最近整備してきれいになったよ」との舟見城址館の職員の話だったが、先きの台風や先日来の雨でぬかるんだ場所や杉の折れ枝などが散乱していた。
また、間伐材の丸太で作られた階段は雨に濡れた滑べりやすく慎重に足を運んだ。途中で滑って斜面を転げそうになったFさんだったが、大事に至らず怪我もなかったので良かった。
その後は、再び明日温泉前からは同じルートを通らず、黒部川右岸の中の口緑地公園経由で愛本橋に出る。
橋の下には愛本堰堤から取水した国東合口用水路があり、大量で凄い勢いで流れる水に見とれた。
愛本橋からは黒部川左岸堤防にでたあと、農道沿いに宇奈月麦酒館にゴールした。

    今日の一枚 舟見址
 舟見城址館は、舟見・狐平とよばれる舟見前山の頂上(標高252m)にあり、中世末の山城跡に建てられました。
地元では、飛騨守五郎左近尉の居城であったといい、弘冶年間(1555~58)上杉勢との戦いで、城の水源地の葛葉谷の水頭の水路をとめられて落城し、城主が身を投じたのが墓ノ木自然公園の近くにある飛騨が淵と伝えられています。
付近には、館・殿様水・竹の腰などの地名が残っており、城址館からは黒部川扇状地や富山湾が展望される景勝地です。

e0153040_08190543.jpg

  1.参加者:26名
  2.歩いた距離・時間:12km 3時間
  3.ウォーキングルート図
e0153040_08194170.jpg
  4.標高差
e0153040_08201642.jpg
  5.実績行程
    9:20 宇奈月麦酒館前スタート
    9:35 愛本橋を渡る
   10:10 明日温泉前の足湯・・・・・・休憩
   10:25 谷江の堤
   10:45 舟見城址・・・・・・・・・・休憩
   11:00 再スタート 遊歩道で下る
   11:20 明日温泉
   11:45 中の口緑地公園
         愛本橋
   11:20 宇奈月麦酒館 ゴール

  6.写真&コメント
     宇奈月麦酒館前の食彩館に集合
e0153040_08251089.jpg
     黒西合口用水路の上を愛本橋に向けて歩く
e0153040_08261583.jpg
     黒西合口用水沈砂池
e0153040_08324141.jpg
      愛本橋に出る
e0153040_08333353.jpg
      愛本橋から愛本堰堤を見る
e0153040_08341873.jpg
      愛本橋を渡る
e0153040_08354730.jpg
      愛本新集落を抜け農道を明日温泉に向かって歩く
e0153040_08373662.jpg
      赤く熟したヤマボウシの実
e0153040_08393043.jpg
      明日温泉前の足湯で休憩
e0153040_08402082.jpg
e0153040_08403665.jpg
      足湯の傍を流れる舟川
e0153040_08413347.jpg
      明日温泉から舟見城址へ登り明日温泉に下るルート&標高差
e0153040_09584896.jpg
e0153040_09591667.jpg
      
      谷江の堤へ向かう(中部北陸自然歩道)
e0153040_08415890.jpg
      谷江の堤に出る
e0153040_08431904.jpg
      舟見城址への林道を登る
e0153040_08442422.jpg
      舟見城址に着く
e0153040_08450195.jpg
      舟見城址館
e0153040_08462249.jpg
      展望台から黒部扇状地が一望
e0153040_08472587.jpg
      城から西斜面につくられた遊歩道を下る
e0153040_08482784.jpg
      遊歩道登り口に出る
e0153040_08485959.jpg
      林道を明日温泉方面に進む
e0153040_08494725.jpg
      舟川沿いに明日温泉へ
e0153040_08502581.jpg
      明日温泉から西に進み、黒部川右岸の中の口緑地公園が見下ろせる段丘から
e0153040_08524232.jpg
      中の口緑地公園に出る
e0153040_08532020.jpg
      公園に沿って愛本橋に向かう
e0153040_08535373.jpg
      黒東合口用水路沈砂池に着く
e0153040_08551810.jpg
e0153040_08553492.jpg
      愛本堰堤からの導水路
e0153040_08571137.jpg
        愛本橋から上流側
    
e0153040_08575423.jpg
      黒部川左岸堤防に出る
e0153040_08583361.jpg
      往路に通った黒西合口用水路の沈砂地
e0153040_08592833.jpg
      農道を通って麦酒館にゴール
e0153040_09521417.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は22日(土)富山県の湖沼編・17回で「庄川水記念公園~小牧ダム湖~名ケ原~水記念公園」です。







[PR]

by pckuri | 2018-09-17 10:06 | 富山県の里山200km編 | Comments(0)
2018年 09月 02日
雨に煙る十二貫野湖
 9月に入り7週間ぶりにウォーキングを再開した。
昨年までは暑い日差しを受けても「歩こう!」という気力はあったが、今年は猛暑続きということもあったが、やっぱりまた一つ年を重ねたことで気力も体力も落ちてしまったようで、今夏は全く歩かずに終わった。

 9月1日(土)富山県の湖沼編・第16回で黒部市の「十二貫野湖」を通るコースを歩いてきた。
ウォーキングをスタートするころには雨も小降りになり、お昼前には止むとの天気予報に期待して地鉄浦山駅に降り立ったが、土砂降りの雨。
集まった18人と標高360mの「くろべ牧場」を目指し、ながーい登り坂を歩きはじめる。
傘を突き抜けるような激しい雨と、側溝から溢れた雨水が川のように流れる林道をひたすら歩いた。
久しぶりのウォーキングだったので、今日はこの登り坂が一番心配だったが、雨降りのおかげで気温も上がらず、ペースもゆっくりだったので最後尾ながら無事、牧場に着くことができた。

 レストハウスのテラスからの眺望は、天気が良ければ黒部の街並みは勿論、富山湾越しに能登半島も見えるはずだったが、垂れこめた雲やガスで牧場周辺の山々しか見えなかった。
20分程度休み、各々、新鮮なジェラードや濃厚な牛乳など頂き、再スタートする。
牧場からは登ってきただけ長~い下り坂を歩き、十二貫野湖に出る。
この辺りでようやく雨は小降りになり、本野集落からスーパー林道へとさらに下り坂を歩き宮野運動公園に着く。
すでに雨は上がり、公園から新幹線高架が見える下り坂を経て黒部宇奈月温泉駅に併設された地鉄・新黒部駅にゴールした。

  1.今日の1枚:雨に煙る十二貫野湖
e0153040_09541135.jpg
  2.参加者:18名
  3.歩いた距離・時間:13km 3時間
  4.ウォーキングルート(ランキーパーアプリ)
e0153040_09552887.jpg
  5.標高差
e0153040_09572033.jpg
  6.実績行程
     9:40 地鉄浦山駅前スタート
          中部北陸自然歩道のルートに沿って
    10:20 龍の口用水(ため池)
    10:30 展望台(東屋)・・・・・・休憩
          登りがきつくなる
    10:55 くろべ牧場・・・・・・・・20分休憩
    11:15 再スタート
    11:30 十二貫野湖
          本野集落を下る
    12:00 スーパー林道に出る
    12:20 宮野運動公園・・・・・・・休憩
    12:40 新黒部駅にゴール
          解散

  7.写真&コメント
      地鉄・浦山駅と自然歩道の標識
e0153040_10051871.jpg
      激しく雨が降る駅前をスタート
e0153040_10063775.jpg
      魚津方面行き電車を見送る。
e0153040_10081353.jpg
      農道を山の麓に向かって歩く
e0153040_10115697.jpg
      林道に入り、長~い登りになる
e0153040_10135396.jpg
      側溝を溢れた雨水で林道は川のよう。
e0153040_10165045.jpg
      くろべ牧場~十二貫野湖へのルート
e0153040_10182301.jpg
      龍の口用水(ため池)
e0153040_10193629.jpg
      大雨のため通行止めの区間があった。
e0153040_10204884.jpg
      展望台(東屋)で小休憩
e0153040_10220426.jpg
      十二貫野用水路が道路を横断している箇所。
      ここから十二貫野湖へ直行できたが、予定通りくろべ牧場へ登る。
e0153040_10241771.jpg
      ヤマブドウと思ったがヤマゴボウだとか。食べられないそうだ。
e0153040_10252863.jpg
      やがて、くろべ牧場が見えてくる。
e0153040_10260416.jpg
      レストハウスへの最後の登り。
e0153040_10264216.jpg
      雨のなかヤギや黒豚が・・・
e0153040_10273227.jpg
      レストハウスで一息。
      自分たちのほか誰もいなかった。
e0153040_10284983.jpg
      テラスからの眺望。霞んでほとんど見えず。
e0153040_10300203.jpg
      牧場は数か所の区画があり順次、牧草が育てられているようだ。
      この区画は種まきが終わり、芽が出てきたところ。
e0153040_10363387.jpg
      十二貫野湖に着く。
      周辺にあった13か所のため池を統廃合して平成11年度に完成した。
      貯水量は 268,000㎥ 水深は9m
e0153040_10401965.jpg
      雨はだいぶん小降りになってきた。
e0153040_10405704.jpg
      十二貫野湖から宮野運動公園までのルート
e0153040_10481487.jpg
      本野集落を下る。
e0153040_10413496.jpg
      スーパー農道から宮野運動公園へ向かう。
e0153040_10424177.jpg
      宮野運動公園でトイレ休憩。
e0153040_10431700.jpg
      公園から新幹線・黒部宇奈月温泉駅を目指す。
      雨は上がり空も明るくなってきた。
e0153040_10440819.jpg
      新幹線の駅は目の前に。
e0153040_10452030.jpg
      地鉄・新黒部駅にゴール。
e0153040_10465025.jpg
      お疲れさまでした。

      次回は9月8日~9日で立山編の最終回で「弥陀ヶ原~雄山山頂」です。
      立山編に参加されない方は8日に「呉羽丘陵フットパス9月」で、10kmの尾根コースと
      5.6㎞の金屋幻の滝コースがあります。







[PR]

by pckuri | 2018-09-02 10:53 | 富山県の湖沼編 | Comments(0)