<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2017年 01月 29日
倶利伽羅駅~倶利伽羅不動寺~石動駅
 1月28日(土)、朝から抜けるような青空が広がる快晴となった。
スタート地点のIRいしかわ鉄道・倶利伽羅駅前には大勢の参加者が集まった。
今日は「富山県の里山200㎞編」の12回目で駅前から倶利伽羅不動寺に登り、天田峠を経由し石動駅までの10kmを歩くコースだ。

 例年このコースは駅前から旧8号線を東に進み、九折から天田峠を越えて石動駅までのショートコースであったが、今回、初めて倶利伽羅不動寺経由のコースに変更したものです。
積雪量が多ければ不動寺へ行かず、通常のコースでと考えていたが、先日来の暖かい天候で路面の積雪は融けて全くなく予定通りのコースで歩くことができた。
倶利伽羅不動寺へのなが~い坂を息をはずませながらは登りきると、本堂からは今年初めての御縁日だったので読経が聞こえてくる。
不動寺に着いた時間が早かったので境内食堂名物の「くりからソバ」や「おでん」は準備中で残念ながら頂くことはできなかった。
休憩後は天田峠まで下り、路面の凍結で滑らないよう気を付けながら安楽寺交差点を経て、R8号線の歩道を石動駅に向かった。

  1.参加者:45名
  2.歩いた距離・時間:10km 2時間15分
  3.ウオーキングルート図(GPS実績)
e0153040_13154229.jpg
  4.歩いたペース&標高差
    不動寺への登りではさすがにペースは落ちたが、天田峠への下りで早くなり、平均で13分/kmだった。
    標高差は30m~254m~30mだった。
e0153040_13163984.jpg
  5.実績行程
    9:30 倶利伽羅駅前スタート
         交番過ぎて右折し、なが~い登が始まる
   10:00 白山神社(歴史国道分岐)
   10:15 倶利伽羅不動寺・・・・・・・15分休憩
         天田峠への下り
   10:45 天田峠
   11:00 安楽寺交差点
   11:20 南谷交差点
   11:45 石動駅にゴール
  
  6.写真&コメント
     スタートから倶利伽羅不動寺までのルート詳細
e0153040_13282638.jpg
     スタート地点の倶利伽羅駅前で
e0153040_13304723.jpg
     倶利伽羅駐在所を過ぎてすぐ右折し、不動寺へのなが~い登りが始まる
e0153040_13335530.jpg
e0153040_13352908.jpg
     不動寺への最後の登り
e0153040_13363032.jpg
     ようやく倶利伽羅不動寺にたどり着く
e0153040_13372809.jpg
     手水舎から境内を見る
e0153040_13403765.jpg
     倶利伽羅不動寺は成田不動尊(千葉県)、大山不動尊(神奈川県)と並び、日本三不動尊の一つとして知られ、
     縁日の28日には県内外から多数の参詣者が訪れます。
     地名にもなっている「倶利迦羅」は、「剣に黒い龍の巻きついた不動尊像」という意味のインドのサンスク
     リット語に由来している。
     本堂には高祖弘法大師奉安の倶利迦羅不動明王が祀られており、日々護摩法が御修法される境内の中心です。
     ご本尊不動明王を始め阿弥陀如来、聖観音菩薩、毘沙門天、善無畏三蔵法師、弘法大師など多数の仏さまと
     祖師がお祀りされております。
e0153040_13490245.jpg
e0153040_13493157.jpg
     境内食堂前で休憩
e0153040_13501226.jpg
     天田峠に下る
e0153040_13504600.jpg
     峠から富山県側に進む
e0153040_13512836.jpg
     安楽寺への下り(路面の凍結ヶ所を避けながら)
e0153040_13522059.jpg
     安楽寺交差点を渡る
e0153040_13532152.jpg
     歩道は除雪されていたが凍結で滑る
e0153040_13541214.jpg
     石動駅にゴール
e0153040_13544632.jpg
     お疲れさまでした。
     次回は2月4日(土)「富山湾編」で越の潟(海王丸パーク)~伏木~雨晴~氷見駅です。




[PR]

by pckuri | 2017-01-29 14:02 | 富山県の里山200km編 | Comments(0)
2017年 01月 23日
庄川支所前~井波瑞泉寺~JR福野駅
 1月21日(土)とやまの里山200㎞編で「庄川支所前~井波瑞泉寺~JR福野駅」を歩いてきました。
ウオーキングルートは先週降った雪も融けて路面は積雪ゼロ、シューズでも歩ける状態だったし、後半にかけて時々雪が降った程度の天候だったので、この時期とすれば好条件でのウオーキングだったと思う。

 ルート上には、富山県の3大大仏として知られる庄川大仏や名水百選に指定されている瓜破の清水、さらに真宗大谷派井波別院・瑞泉寺や福の神、縁結びの神である大国様をまつる越中一宮 高瀬神社など見どころ満載の楽しめるコースだ。
高瀬神社からは加越線廃線跡を歩く予定だったが、さすがに積雪は多く断念し、R471号線を歩いて福野駅にゴールした。

  1.参加者:27名
  2.歩いた距離・時間:10km 2時間20分
  3.ウオーキングルート
e0153040_08345935.jpg
  4.歩いたペース&標高差
e0153040_08355411.jpg
  5.実績行程
     9:20 庄川支所前スタート
     9:35 庄川大仏(光照寺)
     9:50 瓜破の清水
    10:00 井波道の駅・・・・・・・トイレ休憩
    10:15 瑞泉寺
          八日町通り
    10:50 高瀬神社・・・・・・・・トイレ休憩
          加越線廃線跡を通らずR471号線を歩く
    11:40 JR福野駅にゴール

  6.写真&コメント
     庄川支所前をスタート
e0153040_08405045.jpg
     庄川大仏に見入る参加者
     庄川大仏の正式名は「十万納骨大仏」といい、昭和5年春着工、昭和8年夏に完成しました。
     製作者は、旧小杉町の名匠 竹内源造(左官・鏝絵職人)です。
     大仏の大きさは、蓮台から頭部までの総体が10.2メートル、大仏本体6.3メートルとなっています。
     鉄筋コンクリート造りで、全体が薄緑色に塗られており、10万人分の遺骨が塗り込められているとのこと。
     高岡市の高岡大仏、射水市の小杉大仏と並んで「富山三大大仏」の一つに数えられています。
     前回の改修から30年以上を経て塗装の剥落や損傷が激しくなったことから、平成14年度に改修され、きれい
     になりました。
e0153040_08412997.jpg
     庄川町から井波に向かう参加者
e0153040_08494398.jpg
     瓜破の清水で
e0153040_08501521.jpg
     井波道の駅から瑞泉寺への詳細ルート
e0153040_08574905.jpg
     井波道の駅で休憩
e0153040_08544048.jpg
     早速、「田舎まんじゅう」を買い求めて店内へ
e0153040_08555028.jpg
e0153040_08564487.jpg
     大門川河川公園沿いに別院へ
     積雪が無かったら公園内を通る予定だったが・・・・
e0153040_08593313.jpg
e0153040_08595392.jpg
     井波別院・瑞泉寺山門
     瑞泉寺の山門は、高さ17.4メートルの重層の総ケヤキ造リで、真宗寺院建築の山門を代表する建造物
     山門の各所には数々のすぐれた彫刻や文様が施されています。
     正面にある唐狭間の彫刻「波に龍」は、京都の前川三四郎の作で山門が類焼に及んだとき、水を吐いて
     火炎を防いだとの言い伝えがあります。
     蟇股(かえるまた)には、中国民間伝承に登場する八人の仙人「八仙(はっせん)」が彫られており、
     これは地元井波の彫刻師が彫りあげものです。
e0153040_09004377.jpg
     境内はひっそりとしていた。
e0153040_09043580.jpg
     山門から石畳みの八日町通りへ
e0153040_09052528.jpg
     ここで再び「田舎まんじゅう」を・・・
e0153040_09061373.jpg
     大門川沿いに高瀬神社へ。
e0153040_09072110.jpg
     高瀬神社に着く
     越中一宮 高瀬神社. 御祭神は「大己貴命(大国主命)」を主神に「天活玉命」「五十猛命」を祀り、
     末社三社と砺波地区の村々里々に鎮座される氏子の神々と、越中国延喜式内社三十三座の神々を奉斎している。
e0153040_09080997.jpg
     早速、本殿に進み、参拝!
e0153040_09090959.jpg
    
e0153040_09095526.jpg
     加越線電車の廃線跡は積雪が多く断念
e0153040_09105956.jpg
     R471号線を西へ
e0153040_09115157.jpg
     福野高校を過ぎ、城端線の踏切を渡るとゴールは近い
e0153040_09123655.jpg
     JR福野駅にゴールする
e0153040_09141635.jpg

     お疲れさまでした。
     次回は28日(土)倶利伽羅駅~倶利伽羅不動~天田峠~石動駅を歩きます。
     これまでは倶利伽羅駅から天田峠を越えて石動駅まで歩いていましたが、今回は一旦、倶利伽羅不動
     へ寄ってから天田峠に下るルートにしました。
     なので、倶利伽羅駅から不動さんへのなが~い登り坂を歩くことになります。




 
     
 


[PR]

by pckuri | 2017-01-23 09:22 | 富山県の里山200km編 | Comments(0)
2017年 01月 15日
八尾駅~宿坊大橋~山田温泉
 1月14日(土)とやまの里山200㎞編の10回目で「八尾駅前~宿坊大橋~山田温泉」を歩いてきました。
昨日の午後、県内全域に大雪警報が出て明日は雪中ウオーキングになるものと覚悟をしていたが、思いのほか積雪は少なく八尾の街は15㎝程度しか積もっていなかった。
それでもスタート時点の気温は0度と寒く、八尾中核工業団地への登りも自然にハイペースになる。
工業団地入り口の三差路を左へ折れ、さらに新婦トンネルまで長~い登りが続く。
時々、強く吹く北風は樹々を揺らし、積もった雪は吹雪となって舞う。
とても冷たく乾いた風が吹く新婦トンネルは、登ってきた際に搔いた汗を冷やし、寒気は一気に増して歩かずにはおれない。

 トンネルを抜けると正面が開け、山田宿坊の谷を跨ぐ直線的に長く伸びる宿坊大橋がとっても美しい。
沢連公民館前の三差路を右折し、一旦、下って登ると山田総合体育センター着く。
体育館センターで短い休憩を取り、センター前の三差路を左折し15分ほど歩くとゴールの山田温泉が見えてくる。
予定より20分早くゴールし解散。
参加者のうち半数がゆっくり温泉を楽しんだあと、八尾駅行きのコミュニティバスで帰った。

  1.参加者:20名
  2.歩いた距離・時間:8km
  3.ウオーキングルート図(GPS実績)
e0153040_15293456.jpg
  4.標高差(63m~237~155m)
e0153040_15300812.jpg
  5.実績行程
     10:10 JR越中八尾駅前スタート
           R344号線妙川寺交差点横断
     10:35 日立国際電気前で右折
           なが~い登りが続く
     10:55 新婦トンネル
     11:10 宿坊大橋
     11:20 沢連公民館
     11:35 山田総合体育センター・・・・トイレ休憩
     12:00 山田温泉
           
  6.写真&コメント
     越中八尾駅前スタート
     雪はやんで青空ものぞく
e0153040_15380837.jpg
     八尾中核工業団地の三差路を左に折れる
e0153040_15393481.jpg
     工業団地を右に長~い登り坂
e0153040_15401516.jpg
     振り返ると後続グループや富山の街並みも見えた
e0153040_15420366.jpg
     木々に積もった新雪が時々吹く風に飛ばされて舞う
e0153040_15434180.jpg
     新婦トンネル(L=332m)
e0153040_15453701.jpg
     トンネルを出ると宿坊大橋が見えてくる
e0153040_15463517.jpg
     直線に伸びる大橋はスキーのジャンプ台を滑空するみたいで、足元も滑る
e0153040_15482352.jpg
     沢連公民館前で右折
e0153040_15493901.jpg
     やがて山田総合体育センターが見えてくる
e0153040_15501813.jpg
     体育館に寄り休憩
e0153040_15510045.jpg
     山田の集落が見えてくる(最奥が山田温泉)
e0153040_15514655.jpg
     集落内を下る
e0153040_15524950.jpg
     山田温泉・玄猿楼の大浴場と窓から見える雪景色
e0153040_15545323.jpg
     入浴後、温泉を出てバスの停留場へ
e0153040_15555645.jpg
     お疲れさまでした。
     山田コミュニティバスは65歳以上は高齢者割引で100円でした。
     次回は23日(土)とやまの里山11回で「庄川支所前~井波~福野駅前」の11kmです。

     マイカーで参加される方への情報です。
      ① 車をゴールの福野駅周辺に駐車しレジメの記載のバスでスタート地点に来る
      ② 車をスタート地点の庄川支所に駐車し、ゴールの福野駅前から加越能バス(12時14分発)
       で庄川支所に戻る
     参考にしてください。











     


[PR]

by pckuri | 2017-01-15 16:00 | 富山県の里山200km編 | Comments(2)
2017年 01月 08日
岩瀬・カナル会館~富山新港東口
 1月7日(土)富山湾編の第5回目で「岩瀬・カナル会館~富山新港東口」を歩いてきました。
この日は雲一つない快晴!。立山連峰が青空に白く映えて、北は朝日岳から南は薬師岳までくっきりと見えた。
富山湾も穏やかで、ゴール先の新湊大橋はもちろんのこと、遠くに能登半島も見ることができた。
大勢の参加者だったので八重津浜を過ぎたあたりから、早いペースで歩く先頭集団とマイペース組との差がつきはじめ、ながーい列をなし、ゴール時点では10分程度の差が出たようだ。
新湊大橋東詰めにゴールして解散後、スタート地点の岩瀬浜行きのコミュニティバス時間までいろんな方法で新港周辺を楽しまれたようだ。
なかには、大橋を渡り越の潟からフェリーに乗船して新港内をクルージング気分で東口に戻り、東口発12時59分発のバスで岩瀬浜まで戻られたグループもあったようだ。

  1.参加者:62名
  2.歩いた距離・時間:15km 2時間55分
  3.ウオーキングルート図(GPSアプリによる実績)
e0153040_11035811.jpg
  4.歩いたペース
    今回は前半は早く後半にかけて遅いペースになった
    平均速度:11分/km
e0153040_11053990.jpg
  5.実績行程
     9:10 岩瀬・カナル会館前スタート
     9:40 神通川に架かる荻浦橋を渡る
    10:05 神通川河口・・・・・・・・・・・・・5km
    10:25 八重津浜海水浴場
    10:40 四方漁港
    10:45 打出貴船神社
          足洗海岸
    11:40 海竜マリンパーク・・・・・・・・・13km
    12:05 新湊大橋東詰めゴール・・・・・・・15km
          解散

  6.写真&コメント
     カナル会館前でスタート前のミーティング
e0153040_11162894.jpg
     運河を渡って岩瀬の街並みに進むのを見送り、遅れて参加したメンバーを待つ
e0153040_11370408.jpg
     遅れて参加された3人とショートカットして岩瀬の街並みを歩く
e0153040_11380677.jpg
     神通川に架かる荻浦橋を渡る
     後ろに立山連峰がクッキリと立つ!
e0153040_11385471.jpg
     神通川河口へ左岸堤防を歩く
e0153040_11402014.jpg
     岩瀬港から火力発電所への石油パイプラインと立山
e0153040_11411743.jpg
     神通川河口
e0153040_11414937.jpg
     八重津浜へ護岸堤防を西に進む
e0153040_11431144.jpg
     途中から砂浜も歩く
e0153040_11442114.jpg
     八重津浜海水浴場付近
e0153040_11453054.jpg
     諏訪神社近くの公園緑地を西へ
e0153040_11475093.jpg
     振り返ると立山連峰が絶景!
e0153040_11490669.jpg
     四方漁港
e0153040_11500504.jpg
      打出の貴船神社付近から足洗方面
e0153040_11513037.jpg
     海老江海岸からの立山連峰
e0153040_11524594.jpg
     海老江海浜公園の芝地を歩く
     新湊大橋がだんだん大きく見えてくる
e0153040_11542790.jpg
     海竜スポーツランド前にできたコンビニ前で
e0153040_11563604.jpg
     新湊大橋の高架下を歩く
e0153040_11580614.jpg
     大橋東詰めのエレベーターホール前にゴール
e0153040_11592670.jpg
     お疲れさまでした。
     次回は14日(土)、里山編で「越中八尾駅前~山田温泉」です。
     来週は雪マークの天気予報です。
     今度こそ積雪のなかを歩くことになるかもしれませんね。




    

[PR]

by pckuri | 2017-01-08 12:02 | 富山湾編 | Comments(0)
2017年 01月 04日
「初歩き」イタチ川源流から松川合流点まで
 今年の初歩きは、昨年に続き雪のない穏やかな日和となった3日、恒例のコースで常願寺川と神通川を結ぶ川で「イタチ川源流から松川合流点まで」を歩いてきました。
 朝方まで降っていた雨は、スタート地点の地鉄・大庄駅に着く頃にはやんで、ゴールまで傘をさすこともなかった。
時々、吹く冷たい風は汗ばんだ体に心地よいくらいで快適なウオーキングとなりました。

イタチ川の源流はどこか?以外に知らない人が多い。
イタチ川は常願寺川左岸の西の番地内で常願寺川常西用水から分水場で源を発する川だ。 
地鉄・大庄駅からイタチ川源流部へ向かい、源流部の細い川沿いに田園地帯を一部、蛇行しながら「富山県のへそ」「浮田家」「刀尾神社」と寄ったあと街中に入り、旧立山道も通り川幅が広くなったイタチ川をさらに松川との合流点を目指し、まだ固い壺みの桜並木を北進しゴールする。

 ゴール後は、第一ホテルでの「正月のスペシャルランチ」を頂く予定だったが、午後から別口の新年会が予定されていたので自分は欠席する。

  1.参加者:30名
  2.歩いた距離・時間:15km 3時間15分
  3.ウオーキングルート図(GPSアプリによる実績ルート)
e0153040_11532696.jpg
  4.歩いたペース&標高差
    ・ペースはいつもよりゆっくりペースで12.5分/kmだった。
    ・標高差は源流部の118mを頂点に下りのコース
e0153040_11560653.jpg
  5.実績行程
     9:00 地鉄・大庄駅前スタート
     9:20 イタチ川源流部
     9:55 富山県のへそ
    10:05 中尾交差点(コンビニで休憩15分)
    10:35 高速道路高架下
    10:50 浮田家
    10:55 刀尾神社
    11:20 バロー・・・・・・・・10分休憩
    12:05 延命地蔵
    12:15 松川との合流点にゴール

  6.写真&コメント
     地鉄・大庄駅前でスタート前のミーティング
e0153040_12054071.jpg
     大庄小学校を横切る
e0153040_12065429.jpg
     一旦、南(上滝方面)へ農道を進む
e0153040_12075932.jpg
     歩いた実績マップ
e0153040_12085863.jpg
     イタチ川源流部(分水場)
     常西合口用水から分水してイタチ川となる。
     昔は常願寺川から直接分流していたが、1891年(明治24年)の用水合口事業実施の結果、いたち川は
     常西合口用水から取水する形となった。
e0153040_12115566.jpg
     「セレモニーホール富山」横の源流部を歩く
e0153040_12131593.jpg
     富山県のへそ(重心)の前で小休憩
      
e0153040_12141296.jpg
     白い杭が「へそ」です。
     北緯:36度28分21秒 東経:137度15分54秒
     ちなみに「日本のへそ」は富山湾沖の日本海だとか
e0153040_12214150.jpg
     中尾交差点を目指して
e0153040_12235041.jpg
     コンビニでトイレ休憩(15分)
e0153040_12243213.jpg
     高速道路高架をくぐる
e0153040_12251525.jpg
     以降のGPS実績ルート
e0153040_12255987.jpg
     浮田家の前を通る(今回は休憩せず)
e0153040_12265511.jpg
     刀尾神社に寄る
     立山信仰と関係の深い神社。主祭神は田力男命であるが、剣岳の地主神の刀尾天神(刀尾権現)も
     祀られている。
     かつては立山参詣者は必ず立ち寄り、参拝したという。参道に登山者に施す湯を沸かしたという炉の
     跡が残っている。
e0153040_12283439.jpg
     境内に御大典記念碑がある
     奉祝事業として昭和4年に舞鶴港から機雷と砲弾が寄進され、4月15日落成式を迎えた。
     昭和20年、敗戦のあと、進駐軍の検閲が厳しくなり21年初めに機雷と砲弾は境内に埋められた。
     昭和25年ごろ、台座にあった由来の銅版が盗難に遭う被害。
     昭和30年ごろ、元の状態に再建し、現在に至る
e0153040_12334454.jpg
     バローによりトイレ休憩
e0153040_12342583.jpg
     イタチ川沿いに大ケヤキと馬頭観音がある(旧立山道のなごり)
e0153040_12363724.jpg
     地鉄電車の踏切を渡ってすぐ旧立山道の道標がある(大泉地内)
     今は空き地になっているが昔は茶屋があったとか
     
e0153040_12380358.jpg
     石倉延命地蔵(イタチ川右岸)
e0153040_12400902.jpg
     スイセンが満開になっていた
e0153040_12414671.jpg
     このあと、間もなく松川との合流点にゴールする
     お疲れさまでした。

     次回は7日(土)富山湾編の5回目で「岩瀬浜~海王丸パーク」です。
     ゴール後の富山方面へのバス時間は
         新港東口発 → ライトレール岩瀬浜(スタート地点)
          12:59      13:25
         海王丸パーク発 → 小杉駅
          13:37      14:18

     高岡方面へは万葉線電車が15分おきに出ています。






[PR]

by pckuri | 2017-01-04 12:44 | 特別編 | Comments(0)
2017年 01月 02日
あけましておめでとうございます
           新年あけましておめでとうございます
                  本年も当ブログ、よろしくお願いします。

e0153040_17301334.jpg
          昨秋、草紅葉の尾瀬ヶ原~尾瀬沼を歩いた時の風景を水彩スケッチしました。

                 3日は今年の初ウオーキングです。
                 大庄駅前で会いましょう!




[PR]

by pckuri | 2017-01-02 17:34 | その他 | Comments(0)