<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2016年 06月 30日
美ヶ原~霧ヶ峰トレッキング(2日目)
 「ヒュッテ霧ヶ峰」で2日目の朝を迎えた。
Am4時30分に目が覚め外を見ると空はブルーで明るい。外に出て正面にある強清水湿原の遊歩道など周辺を散策する。
朝食の準備をされているオーナーに今朝の天気について聞くと、この時間に霧の発生がないのは珍しいとのこと。
今日もラッキーな1日になりそう!
予定より1時間早い朝食を済ませ、バスで2日目のスタート地点「八島湿原」へ移動する。

 快晴の八島ビジターセンター前駐車場をスタートし、湿原を時計回りで木道を歩く。
「八島湿原」は標高1630m で、総面積は43.2ヘクタールの広大な湿原。泥炭層は8mにも達し、360種類の植物が年間を通して咲くそうです。
30分ほどでセブラ山への分岐点につき、今朝の露でぬれた笹の中を登る。
ここから車山までは、視界100%の眺望とレンゲツツジやコバイケソウなどを楽しみながら快適なウオーキングになりました。
車山頂上へは擬木の階段が125段ときつい登りだったが、その分、頂上に達し360度の視界を目にした時の達成感は大きい。

車山山頂には車山神社があり、4本の小さな御柱で囲まれています。諏訪大社の御柱祭りが開催される年の9月に車山神社でも小宮御柱祭りが開催されるとのこと(今年)。山麓から山頂へ御柱が曳航する「天空の御柱」だそうです。
当初は山頂で宿で作ってもらった「オニ弁」を食べる予定だったが、早く着いたので、麓に下山したところで食べる。

ゴール後、白樺湖畔にある「すずらんの湯」で汗を流し帰路についた。

  1.参加者:38名
  2.歩いた距離・時間:10km 4時間
  3.ウオーキングルート図
e0153040_17503311.jpg
  4.実績行程
     7:10 八島ビジターセンター前スタート
          湿原の木道を歩く 
     7:40 セブラ山への分岐
     8:00 セブラ山
     8:20 北の耳
     8:35 南の耳
     9:35 車山乗越
    10:00 車山山頂・・・・休憩
    11:10 車山高原駐車場ゴール
          ランチタイム
    12:10 白樺湖・すずらんの湯
    13:20 バスで帰路につく
    17:50 新富バスセンター着
    18:15 富山駅北着

  5.写真&コメント
     「ヒュッテ霧ヶ峰」前にある高清水湿原
e0153040_07345109.jpg
     午前6時40分「ヒュッテ霧ヶ峰」オーナーのお見送りを受け出発
e0153040_07362508.jpg
     八島湿原ビジターセンター前でスタート前の準備運動
e0153040_07372328.jpg
     ビーナスラインを横断する地下通路をくぐれば湿原だ。
e0153040_07391628.jpg
     湿原の木道を東に進む
e0153040_07404368.jpg
     セブラ山分岐の手前のキャンプ場に着く
e0153040_07413984.jpg
     しか除けの柵を開けてセブラ山に向かう。
     湿原の草花を守るための柵だ。
e0153040_07430316.jpg
     柵を抜けるとすぐ一面が笹原となり、一昨日の雨でぬかるんだ道?を登る。
e0153040_07444842.jpg
     樹林帯に入り登る勾配もきつくなるが、抜けると視界は一気に開ける。
e0153040_07461869.jpg
     セブラ山山頂 標高1776m
e0153040_07465244.jpg
     歩いてきた八島湿原は遠くに見える。その背景には北アルプスも眺望できた。
e0153040_07480764.jpg
     山頂でちょっと一息。
e0153040_07494327.jpg
     「北の耳」に向けてダウンアップ
e0153040_07502637.jpg
     この辺りはレンゲツツジが密生していてこの時期は赤一色に染まるはずだが、今年は花付きが悪く
     まばらにしか咲いていない。
e0153040_07512284.jpg
     「北の耳」から「富士山」がばっちり見えた。
e0153040_07534882.jpg
     「南の耳」へダウンアップ
e0153040_07551182.jpg
     先頭集団は「南の耳」の頂部に見える
e0153040_07561528.jpg
     「コバイケソウ」と北アルプス
e0153040_07572409.jpg
     「南の耳」に立つ
e0153040_07584001.jpg
e0153040_07590803.jpg
     この先に見える「車山」山頂に建つ気象台の丸いドームを目標に歩く
e0153040_08011750.jpg
     車山乗越で左折
e0153040_08025748.jpg
     ひろい砂利道を登った後、125段の擬木の階段
e0153040_08040491.jpg
     最後の踏ん張りどころ、丸いドームは目の前だ。
e0153040_08044247.jpg
     車山山頂に立つ
e0153040_08053780.jpg
     山頂の三角点 標高1925m
e0153040_08062676.jpg
     車山神社の前で記念の1枚
e0153040_08100734.jpg
     山頂では360度の絶景が見えるが、富士山はやっぱり圧巻だ。
     南の耳で見た時より雲が出て頂部しか見えなくなった。
e0153040_08122202.jpg
     登ってきた階段を一旦下り、車山高原駐車場まで50分の下り
e0153040_08153073.jpg
     コバイケソウの背景に白樺湖と蓼科山
e0153040_08162074.jpg
     車山高原駐車場(レストラン)が見えてくる。
e0153040_08173460.jpg
     ゴール後、「ヒュッテ霧ヶ峰」で作ってもらった「オニ弁」を頂く
e0153040_08184019.jpg
     バスで白樺湖畔にある「すずらんの湯」へ
e0153040_08195211.jpg
     入浴料700円(580円)の温泉 露天風呂もあり白樺湖も見える
e0153040_08205187.jpg
     バスでの長旅、お疲れさまでした。
     新富バスセンターに着く。 T運転手さん お疲れさまでした。
e0153040_08220519.jpg
     集合写真は近々、期間限定で投稿公開します。




     

[PR]

by pckuri | 2016-06-30 08:24 | 美ヶ原編 | Comments(0)
2016年 06月 28日
美ヶ原~霧ヶ峰トレッキング(初日)
 6月26日(日)~27日(月)ウオーキング冒険塾の県外特別篇で「美ヶ原~車山トレッキング」に行ってきました。
当コースは「霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル」のいいとこどりした一部コースを逆に歩くルートにしたものです。
企画した際、レンゲツツジが満開の頃と6月下旬に日程を組み、「土~日」にするか「日~月」にするか迷った末の「日~月」実施に決めたものですが、それが大当たりでした。
 この時期は梅雨の期間なので少しぐらいの雨は覚悟していましたが、この2日間は青空が広がり北アルプスから南アルプスまで展望でき、遠くに富士山も眺望できる絶好のトレッキング日和となりました。
前日の土曜日は雨風が一日中、吹き荒れていたとか。参加者の皆さんの日頃の行いがいいと言うか、とにかく神に感謝です。

 初日はチャーターした新富観光バスで美ケ原の入口である「山本小屋」まで行き、標高2000mの美ヶ原高原を王ケ頭を目指した。途中、青空が広がる牧場に放牧されてのんびりと草をかむ牛の群れに目をやりながら、美ケ原のシンボル「美しの塔」や「塩くれ場」を経由し王ケ頭ホテルに着いた。
ホテルの裏に百名山の王ケ頭(2034m )があり、遠くの北アルプスなどの山々は頂部に雲がかかり残念ながら展望することはできなかったが、眼下に松本市内が見渡すことができました。

 一休み後、茶臼山へのルートは「アルプス展望コース」を歩くことにしました。このルートは美ヶ原高原台地の西端の切り立った崖っぷちを歩くとっても快適なコースです。
「塩くれ場」のトイレの前の分岐で柵を超え牧場内の草原を南に進み、新緑の針葉樹林の中を少し行くと「茶臼山」にたどり着く。
ここから一気に扉峠まで標高差400mの急坂を下るが、草原や岩のガレ場のほか、根っこが張った樹林ありと変化のとんだ坂を歩き扉峠にゴールする。

扉峠で一休みし、ビーナスラインで本日の宿泊地「ヒュッテ霧ヶ峰」へ行く。
「ヒュッテ霧ヶ峰」は強清水湿原のすぐ傍にあり、施設は古いものの天然温泉のかけ流し湯、タオルから浴衣まで用意されており食事もとっても美味しく、こちらの要望にも気持ちよく対応してもらえ予想以上の宿でした。

  1.参加者:38名(当初は47名でしたが今回はキャンセルが少し多かった)
  2.歩いた距離・時間:10km 3時間45分
  3.トレッキングルート図
e0153040_14162611.jpg
     歩いた標高差(縦断図)
e0153040_14172010.jpg
  4.実績工程
     7:00 富山駅北口
     7:30 新富観光バスセンター
          北陸道~上信越道~長野自動車道
    11:10 岡谷IC
          ビーナスライン・・・・・バス中で食事
    12:00 美ヶ原・山本小屋前スタート
       15 美しの塔
       30 塩くれ場
    13:00 王ケ頭・・・・・・・・・休憩(15分)
          アルプス展望コース
    13:50 塩くれ場(トイレ)
          牧場内を茶臼山を目指す
    14:30 茶臼山山頂
          一気に扉峠へ下る
    15:45 扉峠にゴール・・・・・・全員が揃うまで休憩
    16:00 バスでビーナスラインを走る
    16:20 「ヒュッテ霧ヶ峰」に着く
    
  5.写真&コメント
     美ヶ原高原の玄関口、山本小屋に着く
e0153040_19330648.jpg
     山本小屋・ふるさと館前に集合
     トイレは有料で100円です。
e0153040_19335023.jpg
     スタートしてすぐに放牧された牛に出会う。
e0153040_19360869.jpg
     美しの塔で全員揃っての集合写真 と思ったら、後ろから2人が慌てる様子もなく写ってます。
     鐘を鳴らしていたのかな?
e0153040_19381410.jpg
     王が頭ホテルを目指して砂利道路を進む。
     昨日の雨風の時できた水たまりが所々にありました。
e0153040_19392915.jpg
     王が頭ホテルを背景に広大な美ヶ原高原の牛達、時間がゆっくり流れてます。
e0153040_19414685.jpg
     「塩くれ場」の分岐を右折し、ホテル方面へ
e0153040_19451300.jpg
     ホテルは目の前だ。
e0153040_19455509.jpg
     ホテルの裏側に百名山の一つ「王が頭」がある。標高2034m
e0153040_19472798.jpg
     しばらく休憩したのち、「アルプス展望コース」を南方向に進む。
e0153040_19494287.jpg
     美ヶ原は100万年前に火山の噴出によってできた溶岩台地だが、
     大地の西端(崖淵)の変化のあるコースだ。
e0153040_19534175.jpg
     振り返ると「王が頭ホテル」が見える。
e0153040_19544408.jpg
     ちょっと気取って記念の1枚
e0153040_19555173.jpg
     塩くれ場のトイレ近くの分岐で右折し茶臼山へ。
     牧場内を通るため柵越えする。
e0153040_19573876.jpg
     広大な牧草地を快適に歩く参加者。
e0153040_19590977.jpg
     奥に見える茶臼山を目指して思い思いに足を運ぶ。
     歩いているのは自分たちのグループだけだ。
e0153040_20002236.jpg
     牧場から柵越えして出る。
e0153040_20032454.jpg
     新緑の針葉樹林の中を進む。
e0153040_20045389.jpg
     茶臼山山頂に着く。
     北アルプスは雲で山頂部は見えないものの、眼下の松本方面がバッチリ見えた。
e0153040_20054420.jpg
     休憩後、扉峠へ下る尾根ルート。
e0153040_20083035.jpg
     下りは自然と足早になる。
e0153040_20094125.jpg
     樹林帯の中や岩のがれ場もある変化のある下りのコースだった。
e0153040_20111579.jpg
     ゴール先の扉峠のレストランの赤い屋根が見えてくる。もうすぐだ。
e0153040_20122811.jpg
     ビーナスラインの車道にある登山口に出る。
e0153040_20131664.jpg
     レストランの駐車場に新富観光のバスが待機。
     一休み後、霧ヶ峰の高清水にある宿泊地「ヒュッテ霧ヶ峰」へ。
e0153040_20154965.jpg
     「ヒュッテ霧ヶ峰」に到着。
e0153040_20163439.jpg
     かけ流しの天然温泉で疲れを取った後、食堂で夕食タイム。
     これが夕食のメニューです。
    
e0153040_20181109.jpg
     食堂はほとんど貸し切り状態、アルコールも入り盛り上がる。
e0153040_20215809.jpg
      1時間余りで切り上げし、明日のために早々に床に就く。
      
      2日目に続く。
      なお、集合写真などは2日目の投稿が終わった後、大きなサイズで投稿する予定です。



 



 

[PR]

by pckuri | 2016-06-28 20:25 | 美ヶ原編 | Comments(0)
2016年 06月 19日
井波の不動滝
 6月18日(土)「とやまの滝編」の12回目で、廃線になった加越線の旧駅舎がある井波物産展示館前をスタートし、「富山の滝・37選」に選定されている井波の不動滝を訪ねました。
不動滝は八乙女山を源流に西大谷川の支流・赤岩川にかかる落差40mの直獏です。
滝への登り口には平成の名水百選に選定された「不動滝の霊水」があります。滝を見た後、閑乗寺公園経由で庄川水記念公園まで歩きました。

 今日は梅雨の晴れ間で気温も30度ぐらいまで上昇。汗びっしょりのウオーキングでした。それでも木漏れ日の赤祖父林道を抜け、緑が深まった木立ちのなかをまっすぐ滝つぼに落ちる不動滝を堪能しました。
滝から下り、「不動滝の霊水」で一休み後、赤祖父林道を下り閑乗寺公園へは、下見の時見つけた急坂の「もりの小道」を息を切れせながらて登った。
途中、井波が一望できる展望台?もあり、一息ついて閑乗寺公園に着き短いランチタイムとしました。
再スタート後、キャンプ場の一角にある展望あずま屋から庄川温泉方面を眺望し、一気に「山楽園」まで下り、庄川水記念公園にゴールしました。

 1.参加者:37名
 2.歩いた距離・時間:11km 2時間50分
 3.ウオーキングルート図
   今回は山登り用GPSアプリ「YMAP」を初めて使ってみました。
     ①は不動滝
     ②は閑乗寺公園
e0153040_13492353.jpg
 4.実績行程
    9:25 井波物産展示館前 スタート
         石畳の八日町通り
    9:40 瑞泉寺
   10:05 赤祖父林道にでる
   10:20 不動滝の霊水・・・・・・休憩
   10:30 不動滝
         赤祖父林道を下る
   11:10 もりの小道
   11:25 閑乗寺公園・・・・・・・15分休憩
         キャンプ場による
         庄川方面へ林道を下る
   12:05 山楽園前
   12:15 庄川水記念公園にゴール

 5.写真&コメント
    井波物産展示館に集合
e0153040_13572395.jpg
     八日町通りを瑞泉寺へ
e0153040_13580242.jpg
     スタート早々、お立ち寄り(予想はしていたがここは避けて通れない)
e0153040_13592959.jpg
     瑞泉寺高岡門をくぐる
e0153040_14002682.jpg
     井波の志観寺集落を抜け赤祖父山麓に向かう
e0153040_14031102.jpg
     農業用貯水池のそばを通る
e0153040_14045466.jpg
     赤祖父林道へはなが~い登り
e0153040_14054808.jpg
     赤祖父林道に着く・・・・・一息入れる
e0153040_14062952.jpg
     木漏れ日の林道は快適
e0153040_14071980.jpg
     「不動滝の霊水」に着く
e0153040_14082213.jpg
     不動滝への登り口
e0153040_14085563.jpg
     滝への遊歩道・・・・約10分程
e0153040_14094307.jpg
滝つぼに辿り着く
e0153040_14105868.jpg

     不動滝の全貌
e0153040_14115109.jpg
     不動滝の霊水は人気があるらしく、トラックいっぱいに冷水を汲みに来る人
e0153040_14132981.jpg
     赤祖父林道を閑乗寺公園方面へ下る
e0153040_14141066.jpg
     「もりの小道」の登り口
e0153040_14145531.jpg
     急こう配で雨なら滑りそう
e0153040_14160380.jpg
     一瞬、視界が開け井波の町が一望
e0153040_14165296.jpg
     閑乗寺公園のレストラン「つくしんぼ」に着く
e0153040_14172185.jpg
     芝生広場(旧スキー場)
     昔、何度か滑ったことがあり懐かしい!
e0153040_14190410.jpg
     休憩後、キャンプ場へ
e0153040_14194783.jpg
     庄川下流方面が展望できる東屋
e0153040_14203107.jpg
     この手はだれ?
e0153040_14214169.jpg
     庄川方面へ林道を下る
e0153040_14221962.jpg
     今回のウオーキングで出会った花
     不動滝の崖ぶちに咲くギボウシ
e0153040_14281866.jpg
     ヤマアジサイはきれいなブルー
e0153040_14230810.jpg
     ホタルブクロ
e0153040_14242281.jpg
     名前はわからない・・・・
e0153040_14250490.jpg

     お疲れさまでした。
     次回は6月25日(土)は「とやまの里山200km編」で地鉄浦山駅~新川育成牧場~金太郎温泉です
     また、 6月26日(日)~27日(月)は「県外特別編」で美ヶ原~霧ヶ峰~車山トレッキングです。




[PR]

by pckuri | 2016-06-19 14:36 | とやまの滝編 | Comments(2)
2016年 06月 16日
美ヶ原~霧ヶ峰~車山トレッキング(事前学習会)
 6月26日(日)~27日(月)に実施する「美ヶ原~霧ヶ峰~車山トレッキング」の事前学集会がサンシップ5階の会議室であった。
 企画立案者としてマップや写真などをスライドで表示し、少しでも歩くコースの概要を知ってもらい当日の服装や装備の参考にしてもらい、楽しいトレッキングができればと思っています。
 事前学習会に都合で出席できなかった人にも参考にしてほしいので、改めて当ブログに資料を投稿します。

 今日現在、キャンセルがあり定員割れで参加者は41名となっています。
 あと、5~6名の応募を待っています。

 1.日程について
   ・日程表は参加予定者全員に配布済みなので行程の再確認をしました。
   ・富山駅北口でバスに乗車される人へ。
    駅北口発は7時となっていますが、高岡方面および魚津方面からの「あいの風鉄道」の電車の到着が6時58分~
    59分なので、その電車で来られる人を待ってスタートしたいと思います。
   ・食事は初日のお昼はオニギリなど持参してください。
    初日の夕食と二日目の朝食は山小屋で用意しいます。お昼のオニギり弁当も山小屋が用意します。

 2.全体図
   ・2日間で歩く全体図です。
   ・歩くコースは「霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル」(約45km)の内、赤い太線の場所を歩きます。
    「霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル」は毎年、実施される人気のレースで全国から参加者が走られます。
e0153040_17072419.jpg

 3.初日(美ヶ原~茶臼山~扉峠)のコース
   ・コースと標高など
e0153040_17074986.jpg
    ・王ケ頭から茶臼山へのコースは天候が良ければ黄色の点線のルート(アルプス展望コース)を歩きます。

    ・美ケ原高原のイラストマップ
     美ヶ原は100万年前に火山の噴出によってできた溶岩台地で、600haを超える大草原です。
e0153040_17113640.jpg
     ・周辺のコースマップ
e0153040_17130190.jpg
     <参考写真>
     ・写真はたくさんあったのですが、ここでは一部だけ載せました。
     ・スタート地点の山本小屋付近
e0153040_17183641.jpg
     ・「美しの塔」・・奥に見えるのが「王ケ頭ホテル」
      美ケ原のシンボル的存在で、霧が発生すると鐘を鳴らして登山者に位置を知らせる避難塔として造られた。
e0153040_17190901.jpg
     ・霧がかかるとこんな状態です
e0153040_17222587.jpg
     ・「王ケ頭ホテル」はもうすぐ
e0153040_17235147.jpg
     ・ホテルの裏側に百名山の一つ「王ケ頭」があります・・標高2034m
e0153040_17250943.jpg
     ・「塩くれ場」へは牧場の牛を眺めながら歩きます
e0153040_17273611.jpg
     ・「塩くれ場」・・・岩の上に塩を置き牛に舐めさせている場所
e0153040_17285003.jpg
     ・美ヶ原を後にし茶臼山を目指します
e0153040_17295026.jpg
     ・茶臼山山頂
e0153040_17303022.jpg
     ・扉峠への急な下り坂
e0153040_17312807.jpg
     ・扉峠でバスに乗車、宿泊先の「ヒュッテ霧ヶ峰」へ行きます
e0153040_17324953.jpg
     ・お風呂の様子
e0153040_17332865.jpg
 4.二日目(八島湿原~セブラ山~車山~白樺湖)のコース
     ・コースと標高
e0153040_17372794.jpg
     ・雨天の場合は黄色のコース(蝶々深山)を考えています

     ・周辺のコースマップ
e0153040_17402151.jpg
  
     ・八島湿原のイラストマップ
      八島湿原は日本最大級の釧路湿原をおぼ同じで総面積は43.2ヘクタールの湿原です。
      泥炭層は8mにも達しています。
e0153040_17393265.jpg
     《参考写真》
     ・八島湿原・・・奥に見える山並みを歩きます
e0153040_17431801.jpg
     ・湿原の木道
e0153040_17444717.jpg
     ・セブラ山や北の耳周辺は「レンゲツツジ」が見ごろか?
e0153040_17461479.jpg
e0153040_17464121.jpg
     ・車山乗越
e0153040_17472631.jpg
     ・車山は近い
e0153040_17484310.jpg
     ・車山山頂の気象台
e0153040_17492004.jpg
     ・山頂には車山神社があり、4本の小さな御柱で囲まれています。
      諏訪大社の御柱まつりに合わせ、ここでも麓から山頂へ御柱を曳航されます
e0153040_17525012.jpg
     ・山頂から白樺湖は絶景・・・正面は蓼科山
e0153040_17535724.jpg
     ・下りは急な石畳を歩きます
e0153040_17551085.jpg
     ・駐車場にゴールした後は、バスで白樺湖へ
e0153040_17560217.jpg
     ・「スズランの湯」で汗を流し帰路につきます
e0153040_17565071.jpg
     <気温など>
     ・美ヶ原高原は標高が2000mなので6月の気温は最高でも15度以下です。
      下図を参考にしてください。
      また、靴は履きなれた登山靴かトレッキングシューズがベターでしょう。
e0153040_17593255.jpg
     以上、参考にしてください。



[PR]

by pckuri | 2016-06-16 18:16 | 美ヶ原編 | Comments(0)
2016年 06月 11日
井波の不動滝&閑乗寺公園(下見)
 6月18日(土)に「とやまの滝編」で歩く、井波の不動滝と閑乗寺公園のルートとスタート付近の駐車場を下見してきました。
 井波の不動滝は「富山の滝・37選」に選定された直獏で、八乙女山に源流を発する西大谷川の支流・赤岩川にかかる落差40mの滝です。
滝への登り口には環境省認定の名水100選「不動滝の霊水」がありました。
里山は緑が濃くなり、風にそよぐミズナラの樹間を3段に落ちる滝は思ってた以上に迫力がありました。
e0153040_13012767.jpg

 歩くルートは「井波物産展示館(旧加越能鉄道駅舎)」をスタートし、瑞泉寺前から林道赤祖父線にでて不動滝へ行きます。
不動滝から林道を北に下り、閑乗寺公園に登ったあと、ゴールの庄川水記念公園まで一気に下ります。
e0153040_13022695.jpg
  歩くルートの高低差はアップダウンもあって変化のあるコースです。
e0153040_13041137.jpg
 瑞泉寺から赤祖父林道へのルートの一部で行きどまりの道もあったり、ショートカットできるけもの道もあり下見してよかったです。
e0153040_13065965.jpg
 赤い橋を渡り、ため池の東側を通るルートがベターでした。
e0153040_13083310.jpg
 赤祖父林道に通じるショートカットの道
e0153040_13094441.jpg
 林道をどんどん上っていくと、やがて「不動滝の霊水」のある広場に出ます。
 ペットボトルを持参されるといいでしょう。
e0153040_13105238.jpg
 東屋の体面に不動滝への登り口があります。
e0153040_13113785.jpg
 擬木の階段をのぼり、緑の中を登っていきます。
e0153040_13124250.jpg
 約10分程度、登るとやがて瀧音とともに滝の上部が見えてきます。
e0153040_13141459.jpg
 滝つぼのすぐ近くまで行くことができ、爽快感とともにパワーをもらうことができました。
e0153040_13191907.jpg
 赤祖父林道を北に下り、閑乗寺公園へは「もりの小道」という直登できる山道を発見。
 急な登りですが、林道を登るよりいいかも。
e0153040_13194273.jpg
 息を切らして登り、林道を少し行くとやがて閑乗寺公園にでます。
e0153040_13230301.jpg
 公園の上部芝地からは南砺の散居村が眺望できます。
e0153040_13240942.jpg
 近くには展望台もあります。
e0153040_13252624.jpg
 この後、一気に庄川町の「鳥越の宿・山楽園」へ下り、庄川水記念公園にゴールします。

 スタート地点の「井波物産展示館」へは、ゴールの水記念公園に車を止めると約40分くらい歩くと行けます。
 スタート地点の井波物産展示館には10台程度の駐車場があるほか、付近には「行政センター」やショッピングセンター「アスモ」があり、どちらも10分程度でスタート地点へいけます。
 この場合、水記念公園にゴール後、庄川支所発のJR福野駅行き加越能バスに乗ると5分ほどで着きます。
e0153040_13344433.jpg
 多数の参加をお待ちしています。




[PR]

by pckuri | 2016-06-11 13:39 | とやまの滝編 | Comments(1)
2016年 06月 05日
立山編第2回 常願寺川河川公園~岩峅寺雄山神社
 朝から気温が上がり夏日となった 6月4日(土)常願寺川河川公園には大勢の塾生が集まった。
第1回のAB合同開催日も89名と多かったが、今回はA班だけのグループ。参加者名簿に書ききれず裏面にも記載しなければならない状況となった。
ミーティングに続き準備体操も行い、予定より10分早く河川公園をタートした。
公園から一旦、右岸堤防に上がり直ぐに河川敷に降りる。熱い日差しと帽子が飛ばされそうな強い向かい風を受けながら常願寺川を遡行する。
スタートが早かった関係で、新塾生ら3人が遅れて追っかけてくる。10分の差は大きくかなりのスピードで歩いてこられたようだ。
新常願寺橋下で休憩後、堤防に上がり橋を渡って左岸堤防へ移り、「巨石の分布」の碑の前から雷鳥大橋を目指す。
大山スポーツ公園でトイレ休憩をとった後、常西合口用水(常西プロムナード)沿いに歩き、立山大橋を渡り岩峅・雄山神社の鳥居をくぐった。
一部OBの塾生は河川敷内を石伝いに渡り右岸へ移動し、雄山神社にゴールした。

今回も、自転車を引っ張って最後尾を歩いたが、新塾生の一人が遅れ雷鳥大橋あたりからリュックを自転車に乗せたり、Uさんの励ましを受けながら歩いてこられたが、ゴール目前の立山大橋でリタイヤされ、地鉄電車の大川寺駅へ向かわれた。

解散後、強い追い風を受けて一気に、スタート地点に戻った。(35分)

  1.参加者:70名
  2.歩いた距離・時間:12km  2時間50分
  3.ウオーキングルート図
e0153040_09385509.jpg
  4.実績行程
    9:00 常願寺川河川公園 スタート
         公園内から右岸堤防に上がり、河川敷に降りる
    9:35 大日橋下
    9:40 高速道路橋下
   10:10 新常願寺橋下で休憩 (15分)
         新常願寺橋を渡り左岸堤防へ
   10:25 「巨石の分布」の碑
         富山霊園や雷鳥大橋を通る
   11:20 大山スポーツ公園でトイレ休憩(10分)
         常西プロムナード
   11:40 立山大橋を渡る
   11:50 地鉄電車の踏切を渡り雄山神社の鳥居をくぐる ゴール

  5.写真&コメント
     スタート前のミーティング
e0153040_09510492.jpg
     準備体操
e0153040_09514103.jpg
    いざ、スタート
e0153040_09521361.jpg
    河川敷内に降りる
e0153040_09524607.jpg
    向かい風を受けながら河川敷内を遡行する。
e0153040_09540563.jpg
    新常願寺橋下で休憩・・・日陰は涼しい!
e0153040_09550768.jpg
    新常願寺橋を渡り左岸へ
e0153040_09555356.jpg
    「巨石の分布」の碑
e0153040_09564851.jpg
e0153040_09571675.jpg
    階段を上り富山霊園付近の堤防へ
e0153040_10005760.jpg
    常西用水沿いに歩く
e0153040_10015570.jpg
    常西プロムナード沿いは心地いい
e0153040_10030173.jpg
e0153040_10034519.jpg
    立山大橋を渡り右岸へ
e0153040_10043020.jpg
    地鉄電車の踏切を渡り雄山神社へ
    河川敷内を歩くのは石伝いに右岸へ渡った塾生
e0153040_10052716.jpg
    岩峅寺雄山神社の鳥居をくぐりゴール
e0153040_10072591.jpg
     お疲れさまでした。
     次回(11日)はB班の立山編2回目です。



[PR]

by pckuri | 2016-06-05 10:08 | 立山編 | Comments(0)