<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年 07月 29日
ショートコース・2件を下見してくる
 今秋、某団体のイベントでウオーキングを予定しているが、その候補として2か所を下見してくる。
 1件目は、古洞の森を起点に婦中公園を回ってスタート地点に戻るコース。
 2件目は、いこいの村~ねいの里自然園を回りスタート地点に戻るコース。
何れも4~5kmと短いコースとし、1時間~1時間30分程度でゆっくり秋の自然を観察しながら歩けるルートとした。

 案1、古洞の森周辺
e0153040_10311055.jpg
   行程
     9:30 古洞ダム・スタート
      天文台方向へ進みます
   9:40 富山天文台・・・小休憩
   9:50 ドングリ橋(吊り橋)を渡る
      池沿いにアップダウン
  10:10 東屋・分岐点・・・小休憩
  10:20  婦中・ショウブ園
  10:40 呉羽CC
  10:50  古洞の池入口
      ダムサイトへ登ります
  11:00 古洞ダム・ゴール

 案2.いこいの村~ねいの里
e0153040_10382265.jpg
   行程
   10:00 磯波風前・スタート
      Pゴルフ場からR359へ下る
  10:15 R359から「ねいの里」へ
      パークゴルフ場横断
  10:30 「ねいの里展示館」・・・休憩
  10:40 再スタート
      尾根道を猫坂峠方向へ進む
  11:00 見晴広場へ下り水辺の生態園へ 小休憩
  11:10  磯波風裏を巻いて登る
  11:20  磯波風前・ゴール

  

   どのコースが良いか、この2案で調整してみることにする。



[PR]

by pckuri | 2014-07-29 10:41 | その他 | Comments(2)
2014年 07月 20日
第3回 笹津線跡 JR笹津駅~地鉄南富山駅
 7月19日(土)雷鳴が轟き、時々激しい雨が降る不安定な天候の下、鉄道廃線編の第3回目として43年前に廃線になった「笹津線」跡を歩いてきました。
 マイカーをゴール近くの太郎丸公園に駐車し、飯野さんと待ち合わせバスで笹津へ向かった。バスにはSさん等も同乗されてが41号線は結構、渋滞していてスタート時間の9時に2~3分遅れて笹津駅に着いた。
 参加メンバーは待ちくたびれて駅前をスタートしたところで鉢合わせとなり、改めて笹津駅に戻り10分遅れの再スタートとなった。
 今朝の雷を伴う激しい雨のためか、参加者は20名と少なかったが、雨上りの「笹津線跡」を昨年とは逆の方向で南富山に向かって歩いた。
 中間地点を歩いている頃、遠く富山市内は黒い雲が漂い真っ暗で稲妻も見えて雨が降ってるようだった。
 幸い、私たちが南富山にゴールするまで全く雨は降らず、とてもラッキーでした。しかし、姉には濡れなかったものの皆さんはシャツを絞れば汗がしたたり落ちるくらい汗まみれのウオーキングでした。
 解散後、マイカーで帰宅途中、呉羽を過ぎたころに激しい雨に合い改めて参加者皆さんの、強運に感謝する次第です。

  1.参加者:20名
  2.歩いた距離・時間:13km 2時間30分
  3.ウオーキングルート(図をクリックすると大きく見えます)
 
e0153040_10430131.jpg
  4.笹津線について(図をクリックすると大きく見えます)
e0153040_10440444.jpg
  5.実績行程
    9:10 JR笹津駅前スタート
         R41号線・西大沢野交差点を横断
         自転車道の入る
    9:50 北新町交差点
   10:20 アルビス大久保店・・・・・・トイレ休憩
   10:40 熊野川に架かる興南大橋を渡る
   11:05 新富観光・・・・・・・・・・トイレ休憩
   11:20 高速道路下
   11:30 掛尾南交差点
   11:40 地鉄南富山駅ゴール
         解散

  6.写真
     スタート地点のJR笹津駅前でミーティング
e0153040_10584472.jpg
     運行していた頃の笹津駅(6.Fan-Site.net さんの写真より)
e0153040_11003908.jpg
     シキボウ駅から八木山駅に向う地点
e0153040_11014832.jpg
e0153040_11021719.jpg
     大沢野小学校を見下ろす高台にノーベル賞科学者の利根川博士が、大沢野を訪れたときの記念碑
e0153040_11093008.jpg
     田村町駅跡に自転車置き場が
e0153040_11102710.jpg
     真っ直ぐ北に続く笹津線跡(都市計画道路)
e0153040_11132493.jpg
     大沢野北口跡か
e0153040_11114827.jpg
    大久保駅跡(駅前商店街が当時の賑わいを感じられる)
e0153040_11150026.jpg
    当時の大久保駅(6Fan-Site.netさんの写真から)
e0153040_11160384.jpg
     アルビス大久保店でトイレ休憩
     店内は冷房が効いていて暫しの楽園? お邪魔しました。
e0153040_11190674.jpg
     熊野川に架かる興南大橋(鉄輪のレリーフが欄干に)
e0153040_11192741.jpg
     間もなくゴールの南富山駅
e0153040_11202644.jpg
     南富山駅にゴール
e0153040_11205309.jpg
     お疲れさまでした。






[PR]

by pckuri | 2014-07-20 10:53 | 廃線鉄道編 | Comments(5)
2014年 07月 12日
立山編・第3回 雄山神社~有峰口
 7月12日(土)立山編の第3回目として岩峅寺雄山神社から有峰口まで、常願寺川沿いに歩いた。
今日は日中、気温は35度との予報にもかかわらず大勢の参加者が雄山神社境内に集まった。
予定通り神社をスタートし、常東用水沿いに歩くと分水工から凄い量の用水が瀑布となって落ちる様には、何度歩いても圧倒される。
 横江集落から堰堤を渡り常願寺川左岸へ、砂利採石場を過ぎたあたりで181段の急階段を登り、用水沿いに歩く。
 (自分は自転車なので県道を歩く)
牧地区に入り、牧コミュニティセンターに入ると、きれいな御嬢さんが出迎えてくれびっくり。
飯野先生が事前に連絡を入れられておかれたようで、センターは休みにも関わらず自分たちのために時間割いてもらったようです。感謝です。
 トイレ休憩後、小口川橋を渡り中地山発電所前を通り中地山バス停に下る。
県道に出てしばらく歩いた後、左に折れて和田川に架かる鉄橋を渡りヘリポートを通り小見地区に入る。
ここまで来ればゴールの有峰口はすぐそこだ。高架をくぐり階段を登ると地鉄・有峰口の駅舎が見えてくる。
今日は、気温は高かったものの蒸し暑くなく時折、川風は心地よかった。

解散後、自分は自転車でスタート地点の雄山神社へ走ったが、殆んど下りのコースでペタルを踏まなくてもどんどんスピードがつき、快適なツーリングができました。雄山神社へは25分で着きました。
途中、雄山神社を目指して復路も歩いてる松井さんに会った。すごい!

  1.参加者:51名
  2.歩いた距離・時間:11km 2時間50分
  3.ウオーキングルート
e0153040_17501299.jpg
  4.実績行程
  9:10 雄山神社境内スタート
       一旦、下り常東用水沿いに歩く
        大量の用水が滝のように落下。圧倒される
  9:25 両岸分水工
  9:40 立山観音2番
 10:00 横江集落を通る
       尖山が見える
 10:10 横江堰堤(頭首工)を渡り右岸へ
       右岸にあるトイレで休憩
       砂利採石場を過ぎたあたりで181段の階段を上がる
 11:00 牧コミュニティセンターでトイレ休憩
    40 県道から脇道に入る
       木陰の中を進み、和田川が常願寺川に合流する地点を鉄歩道橋を渡る
       弁財天へのぼる
       ヘりーポートから小見に入る
 11:50 地鉄有峰口にゴールし解散

  5.写真
       地点の岩峅寺雄山神社でスタート前のミーティング
e0153040_19003861.jpg
       一旦、常東用水路側に降りる
e0153040_19015442.jpg
      
常東用水路(プールのよう)

e0153040_19030794.jpg
まるで瀑布のようで圧倒されます
e0153040_19032877.jpg
          虹が見えました  
  
e0153040_19071778.jpg
       両岸分水工
e0153040_19092300.jpg
       正面に尖山が・・・・・このスポットは一番のお気に入り箇所です。
e0153040_19112373.jpg
       尖山の後ろは桑崎山です
e0153040_19122245.jpg
横江堰堤を渡り左岸へ
e0153040_19134899.jpg
       堰堤上から常願寺川下流
e0153040_19143953.jpg
       日陰を探して長~い登り
e0153040_19153637.jpg
       181段の急な階段を登る
e0153040_19161653.jpg
       牧コミュニティセンターで素敵な御嬢さんと・・・・目じりが下がってませんか?
e0153040_19181050.jpg
       県道から折れて小道に入る
e0153040_19191951.jpg
       和田川に架かる鉄橋から
e0153040_19274262.jpg
       有峰口にゴール
e0153040_19284316.jpg

     お疲れさまでした。
     来週は鉄道廃線編の3回目で笹津線跡を歩きま~す。




 

[PR]

by pckuri | 2014-07-12 17:57 | 立山編 | Comments(6)
2014年 07月 01日
第17回 立山登山マラニック無事終了
 6月28日(土)第17回・立山登山マラニックが例年より2ケ月早く開催された。
梅雨時期の開催でもあり天候が心配されたが、最終ランナーが室堂にゴールする頃になって雨が降り始めたが寒いくらいの天候で選手の皆さんにとっては走りやすかったのではないでしょうか。
 立山山頂ゴールは事前調査によりランナーの安全を最優先に室堂ゴールに変更することにし、案内済みでしたが、室堂に入ってみるとそこはまだ白銀の世界で、しかも気温は8℃、頂上を目指すには防寒具や登山靴などの装備をしなければ登れる状況ではなく、室堂ゴールは正しい判断だったと思いました。

 自分はボランティアとして浜黒崎スタートから第1エードの雄山神社まで、最終ランナーに伴走(車です)したあと、テーブルや食料品などを弘法に届け、その後は弥陀ヶ原エードとゴールの室堂間を巡視する業務を担いました。
今回は開催時期が早まったため、スタートして間もなく日が昇ったのでライトペンを使うこともなく順調な走りが展開されました。
 途中、数か所の橋詰でボランティアの大きな声援を受け、選手の皆さんも快調に第1エードに向けて力走されましたが、残念ながら一人の選手は体調を崩されたようで第1エードで棄権されました。
 この大会に向けて日頃から鍛錬を重ねてこられただろうに、とても悔しい思いをされただろうと察しました。

 弥陀ヶ原~室堂間では体力の限界のなかで最後の8㎞は、雄大な大自然の中で一歩一歩高度を稼ぎながら室堂を目指されていました。立山高原ホテルからヘリポート辺りまでが最も苦しいようで、ここを過ぎるとゴールの室堂が見えてくるので足取りも軽くなるように見えました。
 巡視車に水やバナナなど一部食料品も積み、選手に声をかけながらコース巡回をしましたが、最後尾を走るグループのなかには息を切らせながら水を飲まれたり、レモンを口にしたりされ感謝の言葉もいただきました。
選手とボランティアの気持が一つに繋がった瞬間で、ボランティアを17年続けてこれた原動力のようです。

 最速で室堂にゴールされた選手はAm9時37分、最後にゴールされた選手はPm14時50分、この間、約5時間、自分との闘いながら次々と室堂にゴールされた選手の皆さんには、完走できた喜びのほか、それぞれの思いや気持ちがあったのではないかと思います。
 わたくしたちボランティアも選手の皆さんからたくさんの元気をもらうことができました。
 ありがとうございました。

   1.出場選手:マラニックの部 188名 ウオークの部 42名  合計 230名
   2.スタッフ:15名
   3.ボランティア:250名

   5.マラニックの部
      男 1位 松平功大選手  5時間37分
      女 1位 広田和子選手
   6.ウオークの部
      男 1位 今村吉延選手
      女 1位 森岡千香子選手

   7.スナップ写真
          浜黒崎(海抜0m)スタート前で記念写真を撮る選手の皆さん
e0153040_10133170.jpg
          松原実行委員長の合図で「オー」気合を入れる選手の皆さん
e0153040_10171429.jpg
          常願寺川左岸堤防を走る最終ランナー
e0153040_10181339.jpg
          間もなく赤く染めた夜明けが・・
e0153040_10193651.jpg
          橋詰でボランティアから熱い声援を受ける最終ランナー
e0153040_10210865.jpg
          第1エード・雄山神社
e0153040_10221037.jpg
          第2エード・立山駅踏切
e0153040_10230081.jpg
          弘法名物の抹茶で お・も・て・な・し
e0153040_10275711.jpg
          弥陀ヶ原エードにて
e0153040_10284495.jpg
          弥陀ヶ原エード名物は何と言ってもキューリでしょう
e0153040_10292184.jpg
          BBTクルーが撮影開始
e0153040_10311682.jpg
e0153040_10314350.jpg
          懐かしい選手の笑顔です。
e0153040_10324984.jpg
          立山高原ホテル付近から
e0153040_10334480.jpg
          雪の大谷付近
e0153040_10342437.jpg
          室堂ゴール地点
e0153040_10351728.jpg
e0153040_10355105.jpg
e0153040_10371970.jpg
          室堂平から一の越し方向・山頂はガスで全く見えず
e0153040_10392565.jpg
          みくりが池はようやく解け始めて青く輝いて見えた
e0153040_10411907.jpg
      選手の皆さん、ボランティアの皆さん、お疲れさまでした。





[PR]

by pckuri | 2014-07-01 10:03 | その他 | Comments(8)