<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2013年 12月 29日
地鉄浦山駅~黒部川右岸~宇奈月温泉
  今年最後のウオーキングは12月28日(土)、雪のなか地鉄浦山駅前から宇奈月温泉まで歩いた。
前回(1月4日)に同じコースを歩いたが、この時は地鉄電車が事故で大幅に遅れたため愛本で全員が合流して左岸を歩いた。
浦山駅に定刻通り降車すると昨夜から降った雪は15cmぐらい積もっていた。
気温も低く、時々、雪を伴った北風が吹くと体感気温はさらに寒く、手袋のなかの指先が冷たい。それでも愛本橋に着く頃には冷えていた体も暖かくなり、ジワリと汗をかいていた。
愛本橋から上流を眺めると、わずかに流れる黒部川の清流は周囲の山々に包まれ凍りついたような白黒の世界が広がって見えた。
橋詰から黒部川右岸道路へは木立のなかを新雪を踏みしめながら急な登り坂を歩く。一旦道路に出ると除雪もしてあり栗虫集落まではアップダウンもなく楽に歩けた。
しかし、集落を抜けると次の音沢集落までは通行止めの区間があり、30cmくらいの積雪のなかを歩くことになった。
音沢集落を出たところに大きな公園があり、ここでトイレ休憩をとる。
休憩後は除雪車が通り雪のない道路を宇奈月温泉を目指し、なが~い登り坂をマイペースで歩く、途中、スノーシェードで一息ついた後は下り坂となり、10分くらいで宇奈月温泉入り口の三叉路に着いた。
ここで仮解散となり、右折して想影橋を渡り温泉街に直行するグループと別れる。
自分たちは長く乾いた宇奈月トンネルをとおり、宇奈月ダム展望台まで進む。展望台からのダムは新緑の春や紅葉時期に見るダムとは全く異なり、異様に静寂でコンクリートの塊はさらに大きく見え、すべての時間が止まって見えた。
ここからは隧道を通り、トロッコ電車が通る鉄橋のすぐ下に架かる山彦橋を渡るが、橋上からの温泉街や上流側の景観は絶景だった。
橋を渡り階段を登ると、今はシャッターが下りてひっそりとしている黒部峡谷鉄道の駅舎があり、すぐ先がゴールの「フイール宇奈月」が見えてくる。
今年最後のウオーキングは、雪のなかを13km歩いて無事ゴールインした。
今年も元気で歩けたことに感謝しながら・・・・・・・

  1.参加者:18名
  2.歩いた距離・時間:13km 2時間50分
  3.ウオーキングコース
    
e0153040_11090086.jpg
  4.実績行程
     10:40 地鉄浦山駅前スタート
     11:20 愛本橋 
           右岸道路へ雪の中登る
     11:40 栗虫集落
     12:10 音沢公民館
           公園前でトイレ休憩
     12:45 宇奈月トンネル前の三叉路
           一旦、解散
     13:10 宇奈月ダム展望台
           隧道を通る
     13:20 山彦橋を渡る
     13:25 フィール宇奈月にゴール

  5.写真
    今回は動画にしました。
     




[PR]

by pckuri | 2013-12-29 11:16 | 里山編 | Comments(6)
2013年 12月 22日
第8回・射水線(富山新港~新富山)
12月21日(土)廃線鉄道編の最終回で「射水線」を歩いた。
富山新港が開港されたため分断された「射水線」。新港から西は「万葉線」として越ノ潟~高岡間が現在も第三セクターの鉄道会社として運行されているが、東側の富山方面は昭和55年3月で廃線となった。
廃線後は代替バスが通勤時を主に走っていたが、これも平成12年で打ち切られてしまった。

堀岡フェリー発着場前に集まった28名の参加者と曇り空の天候の下、スタートする。
自転車道になった廃線跡を東に堀岡~海老江と進み、足洗い温泉に立ち寄りトイレ休憩をとった。
この辺りから雨がポツリポツリと降り始めたが、四方を過ぎ八町地内の国道8号線ガード下を過ぎたころには雨風が強くなり、雨具の裾から入る雨で靴はグチョグチョになってしまった。
鯰鉱泉まで続いた自転車道路もここまでで、この後は八ケ山まで一般道路として線路跡は拡幅されており、歩道部を歩くことになる。
八ケ山駅跡を通過し桜谷地内地内に入ると、さらに都市計画により市街化されて線路跡にも住宅が建ち、線路跡を歩くことはできない。まして田刈谷交差点から南は全く鉄道が走っていたことが想像すらできないくらい都市化が進んでいる。
水墨美術館正面入り口付近で雨宿りを兼ねてトイレ休憩をとり、ここを仮のゴール場所とする。

この後、最終ゴールの新富山までそれぞれに歩き、ゴール後に予定していた「王将」に着いた。
雨具を付けていたといえ雨で濡れた状態だったので、すぐ帰路につかれた人も多く、「王将」には7人と集まりは少なかった。
それでも、8回シリーズで歩いてきた廃線鉄道編は今回の「射水線」で無事終わり、生ビールで乾杯し餃子など美味しいランチをいただいた。

  1.参加者:28名
  2.歩いた距離・時間:14.5km  2時間50分
  3.ウオーキングルート図
e0153040_09491905.jpg
  4.実績行程
    9:05 新港東口 スタート
    9:20 射北中学校前
   10:00 足洗い温泉・・・・・・トイレ休憩
   10:40 四方駅跡(公園)
   10:50 鯰鉱泉前
   11:05 国道八号線ガード下
   11:30 八ケ山駅跡
   11:40 桜谷小学校
   11:50 水墨美術館・・・・・・トイレ休憩(仮ゴール)
   12:10 新富山駅近くの「王将」ゴール

  5.写真
     スタート地点の堀岡フェリー発着場
e0153040_10115803.jpg
     新港東口・スタート(駅舎はない)
e0153040_10130753.jpg
     射北中学校前駅付近
e0153040_10141420.jpg
     海老江駅ホーム跡
e0153040_10153491.jpg
     本江~打出間の線路跡(自転車道路)
e0153040_10165653.jpg
     四方駅前広場
e0153040_10173496.jpg
     四方駅には車両基地があった
e0153040_10184183.jpg
     鯰鉱泉駅ホーム跡
e0153040_10193006.jpg
     鯰鉱泉から一般道路として拡幅された
e0153040_10273924.jpg
     八ケ山駅跡
e0153040_10303416.jpg
     昔、賑わっていた頃の八ケ山駅
e0153040_10320430.jpg
     この階段を登って駅舎へそして公園へ行ったものだ
e0153040_10331740.jpg
     桜谷地内・先に見えるは線路跡に建った住宅群
e0153040_10341553.jpg
    北陸線・高山線は高架で横断していた
e0153040_10360888.jpg
    現在は新幹線工事や周辺の都市計画により、こんな姿に
e0153040_10374699.jpg
    水墨美術館にて
e0153040_10382488.jpg
    ゴール後の「王将」で
e0153040_10390717.jpg
   お疲れさまでした。
   次回(28日)は今年の歩き納めで、「地鉄浦山駅~宇奈月温泉」です。




 

[PR]

by pckuri | 2013-12-22 09:56 | 廃線鉄道編 | Comments(6)
2013年 12月 18日
廃線鉄道・射水線の一部下見
今週末の土曜日に歩く予定の「射水線跡」の一部コースの下見をしてきました。
八ケ山駅から新富山間のうち、桜谷~田刈谷地内で富山市の都市計画や新幹線工事のため廃線跡がなくなったり不明の箇所があったため確認したものです。

 下見コースの地図です。
 
e0153040_17491898.jpg
        北陸線や高山線は高架で横断していた射水線でしたが、今すっかり切り下げられ当時の名残はない。
e0153040_17520805.jpg
      田刈谷地内は廃線後、バス専用道路になっていましたが、そのバスも廃止になり今は進入禁止です。
      標識に当時、バスが通っていた名残が見られます。
e0153040_17542959.jpg
      昔、賑やかだった「八ケ山遊園地」の横にあった八ケ山駅は見るも無残な姿に変貌していました。
e0153040_18424207.jpg
       昔はこんなだったんですよ。
e0153040_18455843.jpg
      今週末が楽しみです。





[PR]

by pckuri | 2013-12-18 17:57 | 廃線鉄道編 | Comments(2)
2013年 12月 14日
富山湾編・第4回 岩瀬浜~JR滑川駅
 12月14日(土)時々、雪が舞うなか岩瀬浜(カナル会館)から海岸沿いに滑川まで歩いた。
自分はゴール後、スタート地点へのアクセスのこともあり、JR東富山からスタートした。
今朝は昨夜から降った雪が4~5cm積もっていて、気温も2度と寒い。スタート直後は雪を伴った南西の風が強く吹いて体感温度はマイナスのように感じられた。
高朋高校前を通り田畑地内から海岸通りに出て浜黒崎野村病院横から海岸に出る。雪面の足跡を見るとまだ仲間は通っていないようだ。5分ほど待つと岩瀬浜方面から歩いてきた先頭集団と合流する。

 先程までケアラシと低く垂れこめた黒い雲に覆われた富山湾だったが、浜黒崎キャンプ場付近を歩く頃には雪も止み、東の空に青空も見え始めた。
 キャンプ場でトイレ休憩をとった後、常願寺川河口に出て左岸堤防を遡行し今川橋を渡り水橋地区に入る。
さらに白岩川に架かる橋を渡り、街中をしばらく歩くと「スーパーミューズ」に着く。ここでもトイレ休憩となった。休憩をとると汗が冷たく感じるようになり寒いので、再スタート後はつい急ぎ足になりスピードは速くなる。
新装開店でキャンペーン中のソフトバンクのお店の前でユルキャラのウサギちゃんに出会い、記念写真を撮った。

 上市川を渡り右岸堤防を北上して海岸に出る予定であったが、今回はまっすぐ県道を東に進んだ。
滑川警察署前を通り地鉄中滑川駅前から軌道沿いに歩道を進むと、市民プラザが見えてくる。
吾妻町交差点を右折し駅前園内を横切ると市民プラザに着いたが、今回はここをゴール地点にした。高月海岸に出なかったので歩いた距離も短くなり予定より30分も早くゴールしたことになる。
解散後は市民プラザの5階にある「あいらぶ湯」で温泉を楽しむグループ、JR滑川駅へ直行するグループなど、各自、思い思いに帰路についた。
お疲れさまでした。

 次回(21日)は、鉄道廃線編の最終回で「射水線跡」を歩きます。

   1.参加者:27名
   2.歩いた距離・時間:13km 2時間30分
   3.ウオーキングマップ
   
e0153040_17305890.jpg
   4.実績行程
     9:00 JR東富山駅前スタート
     9:10 カナル会館・本隊スタート
     9:35 野村病院付近の海岸で合流
    10:00 浜黒崎キャンプ場・・・・・・・トイレ休憩(10分)
    10:20 成願寺川・今川橋を渡る
    10:45 スーパーミューズ・・・・・・・トイレ休憩
    11:00 上市川を渡る
    11:20 地鉄中滑川駅
    11:35 滑川市民プラザ・ゴール

   5.写真
     浜黒崎海岸を歩く先頭集団
e0153040_19255375.jpg
    浜黒崎キャンプ場にて
e0153040_19265230.jpg
    神通川河口
e0153040_19273613.jpg
    神通川左岸堤防を今川橋に向かって
e0153040_19282228.jpg
    水橋地内(上市川に架かる橋上)
e0153040_19294390.jpg
    ウサギちゃんと遭遇
e0153040_19301970.jpg
  滑川市民プラザにゴール
e0153040_19313481.jpg
    100円募金(10円/km)
e0153040_19323556.jpg
    「あいらぶ湯」
e0153040_19335483.jpg
   
   




[PR]

by pckuri | 2013-12-14 17:38 | 富山湾編 | Comments(2)
2013年 12月 07日
JR千里駅前~古沢用水~JR婦中鵜坂駅
 12月8日(土)JR千里駅前に集まった28名の仲間と小雨が降るなかスタートした。
ホノルルマラソンに挑戦している23名が昨日から、4泊6日の日程でハワイに行っているので今日の参加者は少ないだろうと思っていたが、ホッとする。
 当初予定では丘の夢牧場へ寄る計画であったが、展望も望めそうもないので中止し、長沢方面へ直行する。
簡保の湯へ行く新町交差点から古沢用水の管理道路に入る。ここから約2.5㎞の間、用水沿いに晩秋の竹林や雑木林の間を快適に歩くことができた。
 丘陵地の平岡地内に入り、今日参加の高林さんの柿の木畑に寄り、少し柔らかくなった摘み残しの富有柿を収穫させてもらった。中には一人で10個以上も摘み、重たそうにリュックを担ぐ人もいた。
 ここから10分くらい歩くと富山大学病院に着く。病院では防災訓練をするらしく、正面入り口で炊き出しの準備の最中だった。
 炊き出し中の職員の方と会話を楽しんでいる間に、西の空に青空が広がり雨も止んだようだ。10分くらいのトイレ休憩をとり再スタート。病院から少し下り高速道路沿いの側道を東に歩き、安田城址記念館前を通過、井田川を渡りJR婦中鵜坂駅にゴールした。
丘の夢牧場へ寄らなかったので約1時間早く着いた。ひとつ早い電車に乗れると思って大学病院を出た後、スピードアップして歩いたが乗れる電車はなかった。
電車組の人達は、駅近くに駐車した人たちの好意で富山方面へ同乗させてもらい助かった。
お疲れさまでした。
 次回(14日)は富山湾編で「岩瀬~滑川」です。

 1.参加者:28名
 2.歩いた距離・時間:11km 2時間10分
 3.ウオーキングルートマップ
   
e0153040_16334706.jpg
  4.実績行程
    10:00 JR千里駅前スタート
    10:35 長沢西交差点(359号線)
    10:40 長沢用水管理道路に入る・・・・5分休憩
    11:10 高林さんの柿の木畑・・・・・・富有柿摘み取り(約10分間)
    11:25 富山大学病院・・・・・・・・・トイレ休憩
    12:00 安田城址
    12:10 JR婦中鵜坂駅ゴール

  5.写真
   古沢用水に入ったところで小休憩
   
e0153040_16504227.jpg
     古沢用水沿いを歩く
e0153040_16515191.jpg
 
e0153040_16522576.jpg
     高林さんの柿の木畑で富有柿の摘み取り・・・・ありがとうございました!
e0153040_16535984.jpg
     富山大学病院正面で炊き出しの準備中
e0153040_16550375.jpg
     北陸高速道路側道を東へ歩く
e0153040_16554637.jpg
     JR婦中鵜坂駅にゴール
e0153040_16562954.jpg






[PR]

by pckuri | 2013-12-07 16:34 | 特別編 | Comments(4)
2013年 12月 01日
富山湾編・第3回 越ノ潟~岩瀬カナル会館
 11月30日(土)、昨夜まで降っていた冷たい雨も上がり、曇り空に青空がのぞく天気となった。
 集合場所の越ノ潟フェリー発着場には大勢の参加者が集まった。
 予定通り9時15分にスタートし、5分程歩くと新湊大橋・あい風プロムナードに着く。
 天を衝く左岸主塔の次の橋脚に設けられたエレベーターに分乗し、一気に海上50mの歩道部に昇る。
 エレベーターホール付近や橋上中間部に設けられたエントランスからの眺望を楽しみながら、460mを歩くと右岸側エレベーターに着く。
 エレベーターを降りた後、大橋沿いに流れる排水路に設けられた遊歩道を東に進み、海竜マリンパークを通過し、海老江海浜公園に着く。
 公園は、海水浴で賑わっていた夏と違い閑散として、緑地の芝広場もすっかり赤茶けた色になっていた。
 ここでトイレ休憩をとり、再び海老江海岸、足洗い海岸を東に進む。正面にはスタート前には雲で隠れていた立山連峰も白く輝いて見えるようになった。
 今年の富山湾コースは西から東に進むコースとなったが、絶えず立山連邦を眺めながら歩けるので好きだ。
 富山市に入り、打出地内の貴船神社前で休憩したあと四方漁港方面へは進まず、蛯米商店前から旧射水線跡の自転車道を通り「鯰温泉」が見えるところで農道を経由して415号線に出る。
 暖かい日差しを浴びながら415号線の歩道を歩き、草島地内を過ぎると神通川に架かる萩浦大橋に出る。
 ここで、長くなった列の調整を図る最後の休憩をとり千原崎交差点を左折し、岩瀬方面へ進む。
 岩瀬西交差点から森家などがある古い街並みを通る予定だったが、ライトレール沿いの直進道路を歩く先頭グループに引っ張られて、ゴール先のカナル会館へ向かった。
 今回は八重津浜や神通川河口を通らなかったので、予定より約1時間早くゴールした。

 1.参加者:49名
 2.歩いた距離・時間:14km 2時間45分
 3.ウオーキングコース図
   
e0153040_09555163.jpg
 4.実績行程
     9:15  越ノ潟フェリー発着場スタート
     9:20  新湊大橋・あいの風プロムナード
    10:00  海竜マリンパーク
    10:10  海老江海浜公園・・・・・・・トイレ休憩
    10:55  打出貴船神社・・・・・・・・・小休憩
    11:15  国道415号線に出る
    11:35  萩浦大橋・・・・・・・・・・・・・小休憩
    12:05  岩瀬カナル会館ゴール
           解散

 5.写真
   スタート地点の越ノ潟フェリー発着場前で
   
e0153040_09572579.jpg
   富山方面から参加したグループが乗ったフェリー
   
e0153040_12444161.jpg
   新湊大橋・あいの風プロムナードを歩く
   
e0153040_12450519.jpg
   堀岡側エレベータホール前で
   
e0153040_12453635.jpg
   海老江海浜公園付近
   
e0153040_12455494.jpg
   足洗い海岸を歩く
   
e0153040_12462941.jpg
   
   萩浦大橋を渡る
   
e0153040_12465332.jpg
   ゴール後のライトレール岩瀬浜駅
   
e0153040_12471035.jpg

   次回(7日)は、JR千里駅前から大学病院経由でJR鵜坂駅までのコースです。







[PR]

by pckuri | 2013-12-01 10:12 | 富山湾編 | Comments(0)