<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013年 01月 26日
ショートコース・JR魚津~黒部~生地
 暴風雪警報が出たいた26日(土)、富山湾編ショートコースでJR魚津駅前から黒部駅経由で生地水の路を歩き、魚の駅生地「できたて館」までのコースを歩くはずだったが、外せない用事が出て出席できなかった。

 参加された方、下のコメント欄に様子や感想など投稿してもらえると嬉しいです。
comment をクリックするとコメント欄が表示されるので、入力のうえ「送信」クリックです。
また、写真などがあれば下記のメールアドレスに添付していただければ、当ブログで紹介したいと思います。
 よろしくお願いします。
メールアドレス kurisan8@gmail.com

飯野さんから当日の様子をメールで知らせてくれました。
魚津駅前から10センチ程度の積雪のなか歩道を東に進み、冷え切った朝の気配が感じつつ、じゃりじゃりと音を立てながら片貝川を渡ったそうです。
黒部駅から総合運動公園に行くときがもっとも吹雪が激しく、公園近くの高架下でほっと一息入れて再スタートし、
生地の湧水地へついた頃から雪も小止みになり、「前名寺天満宮」の湧水に来たときは、すっかりおさまったようです。
前名寺天満宮では、「初天神」で売店が出ていて、天神鍋(実は豚汁)を100円でいただいたそうで、寒さと空腹を補ったとか。さぞや美味しかったことでしょうね。
水の路生地、道の駅には11時45分頃ゴールし、各自休憩をして12:30頃から再度歩き始め、13:00にJR生地駅から無事、帰宅されたようです。
寒いなか、大変お疲れさまでした。

  1.参加者:
  2.歩いた距離・時間:13km 3時間30分
  3.ウオーキングルート図
    
e0153040_1719555.jpg

[PR]

by pckuri | 2013-01-26 17:22 | 富山湾編 | Comments(0)
2013年 01月 19日
JR倶利伽羅駅~天田峠~石動駅
1月19日(土)、雪の天田峠を歩いてきました。
このコースは距離は短いものの、どの季節に歩いても自然の変化が楽しめ大好きなコースだ。
ゴール地点の石動駅までマイカーで行く予定だったが、今朝は10㎝くらいの積雪と冷え込んだため路面はツルツル、予定を変えてJRでくりから駅へ行く。
今日は積雪もあり参加者が少ないだろうと思って下車すると、予想外に28名も集まった。
雪がチラつくなか予定通り駅前をスタートし、旧8号線(北陸道)沿いに東に進み、津幡町河内から天田峠方面へ右折する。
JR北陸線のトンネルの上を通る九折の登り、さらに天田峠への長~い登り坂を各自マイペースで雪景色を楽しみながら歩いた。
約1時間で峠に着いたが、この寒さにもかかわらずしっとりと汗をかいた。
峠の上に、棚田百選の「奥山田のたな田」が見下ろせるビュースポット(八大龍王社)への急登道は、積雪のため寄らず小休憩の後、富山県側へのながーい坂道を下った。
富山県側は積雪が多いにもかかわらず除雪車が通ってないく、新雪を踏みしめながら歩いた。
ここ頃から青空が見え始め気温も上がり、周囲の山々は霧がかかったようで幻想的だった。
8号線小矢部バイパスの安楽寺交差点を横断し、旧8号線の歩道を北陸線沿いに進み、40分ほどでゴールの石動駅に着いた。

 1.参加者:28名
 2.歩いた距離・時間:10km  2時間
 3.ウオーキングルート・・・・・・・地図をクリックすると大きく見えます。
   
e0153040_19371881.jpg

 4.実績行程
   8:55 倶利伽羅駅前をスタート
   9:10 津幡町河内地内から九折を経て天田峠へ       
   9:50 天田峠・・休憩
         峠のすぐ上に、「日本棚田百景」の一つ、「奥山田」が見えるビュースポットが
       あるが今回はカット。また、「天田峠改修碑」も建っている。
        峠は石川県との県境で、三叉路を南方面へ車で5分の所に「くりから不動寺」がある
       休憩後、長い下り坂を一気に下ると国道8号線にでる。
  11:20  国道8号線・安楽寺交差点
        JR線沿いに国道を東に進む。
  11:55 JR石動駅にゴール

 5.写真
   JR倶利伽羅駅前でミーティング
   
e0153040_19451239.jpg

   河内地内の林道
   
e0153040_19461718.jpg

   R8号線下の旧8号線、ここから右折
   
e0153040_1948455.jpg

   天田峠への長~い登り坂
   
e0153040_19491491.jpg

   
e0153040_19492618.jpg

   峠で小休憩
   
e0153040_19494897.jpg

   土砂崩れで工事中の下り
   
e0153040_19502023.jpg

   富山県側の下り坂
   
e0153040_19505012.jpg

   気温が上がり霧がかかった里山
   
e0153040_19515746.jpg

   
e0153040_19521041.jpg

   JR北陸線沿いの旧8号線を東進
   
e0153040_19532181.jpg

   JR石動駅のゴール
   
e0153040_19534372.jpg



       
     
[PR]

by pckuri | 2013-01-19 19:43 | 里山編 | Comments(0)
2013年 01月 12日
第4回 滑川~浜黒崎~岩瀬カナル会館
 1月12日(土)、冬型の気圧配置が移動して青空が見える良い天気になったが、放射冷却のため底冷えしてとっても寒い朝になった。
 スタート地点の道の駅・「ウエーブパーク滑川」には50人を超える仲間が集まった。
 雪解けで濡れた路面が凍りついていて靴が滑る。乾いた場所や残雪の上を滑らないよう気をつけながら海岸線(北陸街道)をに西に進む。
 諏訪神社や芭蕉句碑の前を通り、寄り回り波など高波被害対策で作られた4~5mもある防波堤がある高月海岸を通過すると、やがて上市川に出る。
 川を200m位遡行して魚躬橋を渡りしばらく歩くとショッピングセンター「ミューズ」に着く。
 トイレ休憩を済ませて、水橋の街並みから白岩川を渡り水橋漁港を通り堤防沿いを進むと、常願寺川の河口に出る。河口は砂が堆積し、川の流れこむ幅は5~6mと狭くなっている。
 この頃には路面の凍結も緩み歩きやすくなる。
 振り返ると厳しく凍りついたような剣岳が大きく迫っていて、年末に雪崩に遭遇し遭難した4人パーティのことを話題にしながら今川橋を渡った。
 ここから再び海岸線の堤防上を歩き、浜黒崎キャンプ場前で休憩をとる。
 この時期としては珍しく、能登半島の先端部も見えるくらい穏やかな富山湾を眺めていると、何と、生地方面の森が浮き上がって見えるのに気付く。冬の蜃気楼だ!
 得した気分に浸りながら快調に海岸線を進み、岩瀬浜海水浴場に着くと間もなくカナル会館にゴールした。

 解散後、新年度の年間計画などを立案するため、2回目の打ち合わせ会をランチをとりながら行った。
 小矢部川編に変わる新企画や特別県外編の企画など、新年度も楽しいコースがいっぱいで、2月に最終打ち合わせを行ったあと会員に知られることになった。
 乞う・ご期待!

 1.参加者:52名
 2.歩いた距離・時間:12km 2時間35分
 3.ウオーキングコース
   
e0153040_1631081.jpg

 4.実績行程
   8:45 道の駅・ウエブパークなめりかわ スタート
        加積雪嶋神社、諏訪神社、芭蕉の句碑前を通る
   9:20 上市川を渡る
   9:30 ショッピングセンターMUSE・・・・・・トイレ休憩
   9:50 白岩川を渡る
        水橋漁港
  10:20 神通川に架かる今川橋を渡る
        再び海岸線
  10:40 浜黒崎キャンプ場・・・・・・・・・・・・・休憩
        蜃気楼が見えた
  11:10 岩瀬浜海水浴場
  11:20 カナル会館にゴール

 5.写真
   ウエブパーク滑川スタート
   
e0153040_15392734.jpg

   芭蕉句碑前を通る
   
e0153040_15395650.jpg

   高~い防波堤がある高月海岸
   
e0153040_1540404.jpg

   上市川を上流へ
   
e0153040_15411289.jpg

   水橋漁港
   
e0153040_15415324.jpg

   常願寺川河口に出る
   
e0153040_15424514.jpg

   振り返ると剣岳が
   
e0153040_15432335.jpg

   浜黒崎海岸
   
e0153040_15443195.jpg

   キャンプ場付近から生地方面の蜃気楼
   
e0153040_1545616.jpg

   岩瀬浜海水浴場
   
e0153040_15452932.jpg


  お疲れさまでした。
[PR]

by pckuri | 2013-01-12 15:38 | 富山湾編 | Comments(2)
2013年 01月 05日
地鉄浦山駅~宇奈月温泉
2013年、初めてのウオーキングはアクシデントで始まった。
1月5日(土)、スタート地点の地鉄浦山駅へはJR黒部駅で下車し、電鉄黒部駅まで15分くらい歩く。
駅で浦山行きの切符を買おうとしたところ、駅員さんから中滑川付近で電車が故障し何時、復旧するか分からないので待ってほしいと告げられ、待合室で様子をみることにする。

早く歩きたい気持ちを抑えながら、マイカーで浦山駅へ行っている飯野さんと連絡を取っている時、電車が動いたと駅員さんから情報が入る。
結局、45分遅れの電車に乗ることができた。
電車には富山方面から乗車した10名くらいのグループと合流し、予定通りスタートしているグループに追いつくため、愛本駅まで乗りこし駅前の黒部市役所・宇奈月支所前からスタートした。

しばらく歩き、内山公民館前で浦山からスタートしたグループと合流、小休憩をとる。
今日は青空の良い天気だが気温がマイナス5度、さらに川上から吹く冷たい風で耳がちぎれるくらい寒い。
滑らないよう路面を注意しながら内山集落から黒部川に架かる音沢橋を渡り右岸へと進み、ここからなが~い登り坂を歩き、幾つかスノーシェッドを通ると、宇奈月温泉が見えてくる。
宇奈月ダムへのトンネル前で右折し温泉街に入り、路面下に温水パイプが設置され乾いた道路を進むと宇奈月温泉駅に着いた。

ゴールの「フイール宇奈月」で温泉に入る予定でいたが、13時30分まで入浴できないとの情報を得たところへ富山行きの電車ホームにが入る。
後ろ髪を引っ張られる思いで特急電車に乗車し、同じ電車に乗った10人くらいのメンバーと帰路についた。

 1.参加者:26名
 2.歩いた距離・時間:(10km) 7km 1時間20分
 3.ウオーキングルート
   
e0153040_18543367.jpg

 4.実績行程
   (10:40)  地鉄浦山駅前スタート
    11:20  地鉄愛本駅スタート
            黒部市役所・宇奈月支所・・・・小休憩
    11:40  内山公民館で全員合流・・・・・小休憩
    11:50  音沢橋を渡り黒部川右岸へ
           音沢集落を通る
    12:00  集落を抜けると長い登り坂
    12:35  宇奈月温泉駅
           温泉組と別れ、44分発の特急電車に乗車する
 5.写真
   愛本駅前の黒部市役所・宇奈月支所
   
e0153040_190294.jpg

   内山公民館前で全員合流
   
e0153040_1911457.jpg

   音沢橋を渡り黒部川右岸へ
   
e0153040_19246.jpg

   音沢集落を抜けた後の登り
   
e0153040_1925035.jpg

   
e0153040_193432.jpg

   宇奈月ダムへのトンネル・・・ここを右折
   
e0153040_1934013.jpg

   想影橋から
   
e0153040_195814.jpg

   宇奈月温泉駅前ゴール
   
e0153040_195356.jpg


   温泉には入らず帰りましたが、フィール宇奈月はいかがでしたか?
   コメント待っていま~す。
[PR]

by pckuri | 2013-01-05 19:08 | 里山編 | Comments(0)