<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年 11月 30日
富山湾編 第2回 JR氷見駅~海王丸パーク 16Km
 11月29日(土)昨夜の雨も上がり朝から青空が広がり、この時期とてもラッキーな天候の下、定例のウオーキング冒険塾富山湾編・第2回目に参加した。
氷見市出身の漫画家、藤子不二雄A氏のキャラクターでおなじみの「忍者ハットリくん」列車でJR氷見駅に着いた。
 好天のせいか参加者は60人くらい、午前9時10分駅前をスタートする。
間もなく新川に架かる橋を渡ると、そこはもう有磯海(富山湾)。東には天気がよすぎたせいか海越しに見える立山連峰はかすかにかすんで見え、西には波間に能登半島国定公園が輝いて見えた。

 松田江浜、島尾海水浴場辺りでは、サーファーが波乗りに夢中になっていた。
午前10時30分、国定公園雨晴海岸に着く。大伴家持もしばしば訪れたという海岸からら、白く雪をいただいた立山連峰がくっきりと見え始めた。絶景のスポットだ。
弁慶たちが雨宿りをしたと言われる「弁慶岩」もきれいに整備され、近くには万葉の歌碑もあり古に思いを馳せられた。
    磯の上の都万麻を見れば根を延えて 年深からし神さびにけり
                               大友家持
 
岩崎鼻灯台を経て、勝興寺や喧嘩山で有名な伏木の港町を東に進むと一級河川、小矢部川に午前11時30分にたどり着いた。
 奥州へ落ちる義経一行が如意の渡しから船で放生津方面へ進もうとしたいわれのある地で、対岸へは定員17名の渡し舟で、船長さんの計らいで臨時便(3回に分乗)て渡った。対岸の船着場近くにも万葉の歌碑があった。
       朝床に聞けばはるけし射水川 朝漕ぎしつつ うたふ舟人
                               大友家持

 伏木港(小矢部川)の右岸の射水市六渡寺地内を進むと一級河川庄川の河口にかかる新庄川橋にでる。橋を渡ると、紅ズワイガニや白えびで有名な漁港の街、新湊に着く。
庄川右岸の河口の一角に安政年間に建てられた「越後出羽道」の道標があり、右は能登、左は京と印されている。また、旧漁港の近くには、ゆであげたばかりのズワイガニを店頭に並べる店もあり、魚港の町を実感する。
 奈古の浦大橋を渡り、20分ほどで朝と昼の2回セリが行われる新湊漁港の横を通り、午後13時10分に「海の貴婦人」海王丸を係留する「海王丸パーク」にゴールした。
[PR]

by pckuri | 2008-11-30 11:51 | 富山湾編 | Comments(3)
2008年 11月 15日
JR千里駅~夢の丘牧場~呉羽丘陵ウオーク
 JR千里駅前を予定通り午前8時50分にスタートする。
今回のコースは夢の丘牧場から呉羽丘陵を通り、JR呉羽駅までの18Kmだ。
e0153040_16512150.jpg

参加者は36名、曇り空で肌寒い天候で歩き始めは少し寒いくらいだったが、千里山荘を過ぎ夢の丘牧場への急な登り坂を歩く頃には、すっかり温かくなった。
牧場一帯は見る場所により、北海道の富良野か美瑛のようで今頃の季節でも牧草の緑が濃く美しい。
e0153040_1650645.jpg

また、牧場の高台からの展望はすばらしく、東には頂上部が少し雲に隠れた立山連峰が大きくえる。南に目を向けると、大沢野方面の田んぼからは煙が真っすぐ空に向かった立ち上っている。のどかな晩秋の風景だ。
 休憩後、本覚寺方向に下り、城山中グランド横を通過、山田川に架かる長沢橋を渡り
県道を平岡方面へ進む。
途中から農業用水路沿いに落ち葉を踏みしめながらしばらく歩くと、塾生のTさんの柿の木畑に着いた。好意に甘えてしばしもぎたての富有柿をほおばった。
e0153040_16541544.jpg

e0153040_16521760.jpg
杉谷4号古墳に立ち寄ったあと、予定より少し早く午前10時50分に富山大学病院に着き、トイレ休憩。
 秋の深まった呉羽丘陵を用水沿いに北進し、県道有沢線を地下道で横断し、富山ガラス工房で休憩タイムをとる。一息ついた後、梨畑をぬけて農協の撰果場にでて県道富山高岡線を渡り、舞台芸術パークが見えてくればゴールのJR呉羽駅はすぐそこだ。
午後12時20分に予定より20分早く着いた。
e0153040_1658461.jpg

       1Km10円募金を済ませて解散した。お疲れさまでした。
 
[PR]

by pckuri | 2008-11-15 16:42 | 特別編 | Comments(7)
2008年 11月 09日
七重滝と三峯台地を探索する
 11月8日(土)、JR泊駅から朝日町笹川地内に入り、紅葉真っ盛りの二王山(727m)を源流とする七重滝へ。さらに登って「朝日ふるさと歩道」を山沿いに巻いて三峯台地に出る。帰路は、馬りょう山への峰コースをアップダウンを繰返しながら横尾地内に下り、JR泊駅へ戻る総距離、17Kmを4.5時間で歩いてきました。

 私達は集合時間に遅れ、駅から20分程歩いた小川温泉近くで参加者38人と合流する。
雨マーク予報だった天候も曇りで気温は13度。絶好のウオーキング日より、新笹川トンネルを抜け笹川沿いに砂利道を歩いて笹川陶芸センターに着く。トイレ休憩をとった後、「七重滝」の標識にしたがって進むと、支流の七重谷川に架かる七重滝橋に出る。
e0153040_1615437.jpg
橋のそばにある「中部北陸自然歩道」の看板の前で一息入れた後、勾配が強くなった路を息を弾ませながら登ると急に視界が開け七重滝が正面に現れる。
先月に下見に来た時と比べると滝の周りは一気に色づき、岩肌を切り裂くように落ちる滝はとても映えて見応えがあった。
e0153040_1618432.jpgこれより先、くさりも設置されている細く曲がりくねった、かなり急な坂路を登ると水平歩道に出る。ここからは錦に燃える山間から宮崎城址や日本海が見え、快適に三峯台地に進むことができる。
e0153040_16203042.jpg










ここにはキャンプ場や小さなスキー場跡があるが、シーズンを終えた今はとても静かだ。
思い思いにベンチなどでおにぎりを食べ、20分ほどの休憩をとる。

e0153040_1623178.jpgここからは小さなアップダウンを繰返しながら、割合に整備されたふるさと歩道を落ち葉を踏みしめながら進み、馬りょう山へ出る。山頂からは、泊市街地や日本海、さらに「もう開通しているの?」と思うほど真っすぐ西に伸びた北陸新幹線の線路が一望できる。

e0153040_1642428.jpg











馬りょう山を過ぎれば一気に急な下り坂を膝をかばいながら、横尾集落に出て泊駅に戻った。

今日は天候に恵まれ、季節的にも紅葉真っ盛りのなか歩くことができ、さらに参加者から「とてもいいコースだったよ」との声に疲れも吹っ飛ぶ快適なウオーキングでした。
[PR]

by pckuri | 2008-11-09 16:11 | 里山編 | Comments(2)
2008年 11月 01日
富山湾編 第1回  石川県境から氷見・道の駅 17Km
 今年もウオーキング冒険塾では、富山湾編が始まりました。
第1回目は石川県境の氷見市脇から道の駅・海鮮館までの17kmです。

 11月1日(土)、明け方まで降っていた雨も上がり、青空の下、氷見市脇の石川県境に集まった40人、県境の石標を確かめた後、午前9時40分にスタートした。
海はとっても穏やかで、すぐ近くに仏島、遠くに虻ケ島を眺める事ができたが残念ながら今年も海越しの立山連峰を仰ぐことはできなかった。

 写真中央の△をクリックして見てください。

 時々、心地よい風を頬に受けながら最後尾を歩く、道路沿いの家々の軒下には魚ではなく大小さまざまな柿が干してあり、ここは漁村だけでなく山が海にまで迫る山里でもあることが分かる。

 九殿浜の栽培漁業センターから大境洞窟にでる際、遊歩道で海にせり出た山中を周回するが、このあたりは暖流の関係で温かいらしく、大きく実ったミカンがたわわに色づいていた。ここからは虻が島が近く大きく見える。一休みして小境海水浴場を通過し宇波漁港に出た。
海水浴シーズンを終えて静かな小境の海は紺碧色でとてもきれい、沖縄の色を思い浮かばせる。宇波漁港では漁師が陽を浴びながらせっせと網づくろいをしていた。とてものどかな風景だった。

 マイアミ(前網)の前を通り、泊、小杉と進み、浅野総一郎像が立っている薮田を通過し阿尾城址を過ぎれば間もなくゴールの道の駅(海鮮館)が見えてくる。
今回のペースは昨年より早いぺ-スで歩いたようで、予定よりかなり早く午後1時のゴールした。

 ここで解散し、JRで帰る人たちは食事の後、氷見駅へ向かったが、自分達は道の駅に駐車していたので、カブス料理が美味しいと評判の漁港内にある食堂へ行ったが十数人の列を作っており、あきらめて伏木の国分にある「越の庭」で温泉に入った後、海鮮どんぶりを食べて帰った。

 次回の第2回は、11月29日(土)でJR氷見駅から海王丸パークまでの15kmです。
[PR]

by pckuri | 2008-11-01 21:29 | 富山湾編 | Comments(3)