カテゴリ:その他( 42 )

2018年 05月 07日
スリーディウォーキング 2018
 連休後半の5月4日から6日は、恒例の「スリーディウォーキング」があり、「とやま自遊館」前からそれぞれ3コースを歩きました。
 今年は初日が雨模様でしたが、5~6日は爽やかなウオーキング日和となり大勢の参加者で賑わったと言いたいところですが、前日の「呉羽丘陵フットパス」に続く4日連続のウォーキングだったこともあり、昨年よりも参加者は少なかったようです。
それでも3日間通して完歩された方は5人(男性3人、女性2人)で、素敵な完歩賞が贈られました。

 3日間の内訳は下記の通りでした。

  初 日(4日) 参加者:13名  距離:13km(神通川左岸右岸行ったり来たり)
  二日目(5日) 参加者:26名  距離:13km(大根の花)
  三日目(6日) 参加者:20名  距離:14km(朝日の滝往復)

 このうち自分は2日目の「大根の花コース」を歩いたので、その時の様子を投稿します。

  1.ウオーキングルート(ランキーパーによる実績ルート)
e0153040_13355096.jpg
  2.写真&コメント
      富山自遊館前でスタート前のミーティング
e0153040_13370645.jpg
      スタート付近の実績ルート
e0153040_13374103.jpg
      環水公園から日石富山病院の敷地を通り、神通川右岸へ
e0153040_13403036.jpg
      病院から神通川堤防へ
e0153040_13411522.jpg
      河川敷に一旦降りる
e0153040_13414730.jpg
      神通大橋を渡り左岸へ渡り、桜並木を南へ
e0153040_13425919.jpg
      五福から富山商業高校グランド横を通り井田川左岸に出る。
e0153040_13453995.jpg
       井田川沿いのルート
e0153040_13514372.jpg
       左岸堤防の法面は大根の花が真っ盛り、2kmに渡り続く。
  
e0153040_13481307.jpg
      南の風に花が揺れて波打って見える。
e0153040_13504935.jpg
      JR高山線を越えた金屋企業団地で休憩し、ここで折り返す。
e0153040_13531383.jpg
      復路はそろそろ田植えが始まった農道を歩いた。
e0153040_13542147.jpg
る      タイミングよく富山空港へ着陸するため高度をさげる旅客機。
      背景は剣岳。
e0153040_13560510.jpg
      トイザらスに隣接のスーパーでトイレ休憩。
e0153040_13571611.jpg
      再び神通川左岸の桜並木(水墨美術館付近)を歩く。
e0153040_13583709.jpg
e0153040_13585836.jpg
      富山北大橋と新幹線鉄橋を横断するため河川敷に降りる。
e0153040_14000561.jpg
      富山北大橋を渡り、日石方面へ(気温は23度)
e0153040_14020205.jpg
      環水公園に着く。
e0153040_14024083.jpg
      とやま自遊館にゴールする。
e0153040_14032465.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は12日(土)です。とやまの湖沼編で、宇奈月ダム湖周辺を歩きます。





[PR]

by pckuri | 2018-05-07 14:05 | その他 | Comments(2)
2018年 02月 04日
北根室ランチウェイ&志賀高原トレッキング募集中!
 新年度県外編の2コースについて、冒険塾各会員にはすでに募集案内が配布済みですが、順調に応募申し込みがされています。
9月予定の「北根室ランチウェイ」は定員が25名のところ、もうあと僅かでキャンセル待ちの状態となっています。
e0153040_10273242.jpg
      コースの一部で摩周湖付近
e0153040_10282173.jpg

また、6月末の「志賀高原トレッキング」は、配布済みの日程案に基づき新富観光と打合せし、この程、正式に具体的な日程が決まりました。旅行代金も15,000円~16,000円になりそうです。
このコースは定員を40名として募集中ですが、順調に応募が集まっています。

なお、「北根室ランチウェイ」は2月の「みゃあらく塾」で、「志賀高原トレッキング」は5月の「みゃあらく塾」で事前学習会を開催の予定です。

「志賀高原トレッキング」について日程表とコースマップなど参考にしてください。
      
     具体的な日程表
     クリックして大きくしてみてください。
e0153040_10303228.jpg
     コースマップです。
     クリックするとサイズが大きくなります。
e0153040_10313439.jpg
      宿泊するホテルです。
      食事はバイキングになります。
e0153040_10330609.jpg
e0153040_10332218.jpg
e0153040_10333580.jpg
     初日に歩くコース「自然探訪コース」の一部で、田野原湿原です。
     「haruyuki onoue」さんの投稿されたユーチューブ映像で、6月下旬のころのものです。



     その他、各コースの詳細は5月の「みゃあらく塾」で・・・・



[PR]

by pckuri | 2018-02-04 10:40 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 03日
新年のご挨拶
                 あけましておめでとうございます
e0153040_16530674.jpg
                    今年もよろしくお願いします。
             今年も四月から定番の「立山編」をはじめ「富山湾編」や「里山編」
               「塩の道編」をリニューアルしてコースづくりします。
               「富山県の湖沼編」は2年目を迎え新コースを計画中です。
                皆さんが知ってる県内にある湖沼を紹介してください。
                  コースづくりの参考にしたいと思います。
          なお、「県外編」は6月下旬に「志賀高原」へ、9月に「北海道」を計画中です。
                        お楽しみに!

          今日(3日)2018年の歩き始め「イタチ川の源流~松川合流点」へ参加してきました。
                     22名の参加者がありました。





[PR]

by pckuri | 2018-01-03 17:05 | その他 | Comments(2)
2017年 05月 10日
「縄が池の水芭蕉」が見頃です!
 13日(土)は湖沼編の第1回で縄が池を訪ねますが、昨日の北日本新聞に「縄が池の水芭蕉は見ごろを迎えている」との記事が載っていました。
 現在、バスの乗車定員に5~6名の余裕があるので、この際、行ってみようと考えておられる方は申し込みください。
電話番号はレジメに載っていますのでよろしくお願いします。

 
e0153040_08291180.jpg

[PR]

by pckuri | 2017-05-10 07:32 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 06日
スリーディウォーキング 2017
 好天に恵まれた5月3日~5日、「スリーディウォーキング 2017」が神通川や井田川を中心に爽やかウォーキングが行われた。
 好天にも関わらず「スリーディウォーキング」の参加者は年々少なくなっているようで、コースなど新企画の練り直しが来年度に向けて課題であろう。
なお、3日間連続して参加された7名の皆さんに素敵な完歩賞が贈られました。 
e0153040_18324896.jpg
 ① 3日間の内訳は下記の通りでした。

   初 日(3日) 参加者:34名  距離:13km
   二日目(4日) 参加者:22名  距離:15km
   三日目(5日) 参加者:23名  距離:20km

 ② 各日のコース内訳
e0153040_14095363.jpg
  ③ コース案内図
e0153040_14105546.jpg
  ④ 各日の写真&コメント
    《初日》
     自遊館前に集合した参加者
e0153040_14151319.jpg
     青空の下、いざ スタート!
e0153040_14161545.jpg
     環水公園から富岩運河への曲がりで、今春、一部開館した「富山市美術館」を見る
e0153040_14183488.jpg
     富岩運河を中島閘門に向けて進む。
e0153040_14192501.jpg
     中島閘門から神通川右岸の河川敷を北進する。
     大根の花が見頃だ。赤い橋はR8号線
e0153040_14203540.jpg
     荻浦大橋を渡り左岸へ。
e0153040_14212466.jpg
     左岸堤防を南進する。
     金山新桜が丘地内で休憩
e0153040_14244066.jpg
     内山邸に寄るため堤防を離れる。
     正面に見える森が「内山邸」
e0153040_14325118.jpg
     内山邸正門入り口
e0153040_14334149.jpg
     前庭の大木の力強い根張り
e0153040_14420626.jpg
     「内山邸」から再スタート。
e0153040_14434591.jpg
     再び、神通川左岸堤防に上がる。
e0153040_14442946.jpg
     富山気象台の正門前で。
e0153040_14450829.jpg
     富山北大橋を渡る。気温は21℃!
e0153040_14463784.jpg
     環水公園に着く。
e0153040_14474707.jpg
     自遊館にゴール。
e0153040_14491842.jpg
   《二日目》
     この日は欠席したので、日南田さんが撮影の写真を掲載します。
e0153040_14514999.jpg
     水墨美術館前を通る。
e0153040_14531830.jpg
     再び左岸堤防に登る。
e0153040_14541865.jpg
     堤防一面、大根の花が満開です。
e0153040_14555909.jpg
     細いながらも大根が(細根?)
e0153040_14581932.jpg
     折り返して街を目指す。
e0153040_14591938.jpg
     右岸河川敷を北上。
e0153040_15004981.jpg
     自遊館にゴール
e0153040_15022961.jpg
   《三日目》
     ウオーキングルート(自分は富山空港でリタイヤ)
e0153040_15040944.jpg
     スタート地点の笹津駅前 Am9:00
e0153040_17532804.jpg
     スタートから大沢野大橋までの詳細ルート
e0153040_17541782.jpg
     神通川右岸方面へ
e0153040_17551702.jpg
     右岸堤防にでる。
e0153040_17561760.jpg
     大沢野用水に沿って北へ。
e0153040_17581176.jpg
     途中、大きな岩が崩れ落ちていた。
e0153040_17594701.jpg
     開けたところに大沢野用水ガメ宮がある。小休止する。
e0153040_18005069.jpg
     JR高山線をくぐる。
e0153040_18014599.jpg
     振り返ると長閑な田園風景が・・・
e0153040_18024264.jpg
     道端に咲くかわいい花に心を癒される。
e0153040_18045495.jpg
     やがて大久保発電所に出る。
e0153040_18063546.jpg
     ここは富山の電灯発祥の地だ。
e0153040_18070007.jpg
     休憩後、再スタートし、右岸河川敷に出る。
e0153040_18083864.jpg
     振り返って上流側を眺望。
e0153040_18125492.jpg
     塩の千本桜、1か月前は満開だったのに今は緑いっぱいに葉が茂っている。
e0153040_18143994.jpg
      富山県総合運動公園で休憩後、再スタートする。
e0153040_18160091.jpg
     心地よい北風を受けつつ右岸堤防を北進する。
e0153040_18175271.jpg
     富山空港滑走路の南端で進入してくる中国南方航空機(大連便)を見届ける。
e0153040_18272111.jpg
     Am11:30 富山空港に着く。
     ここでリタイヤする。
e0153040_18281288.jpg
     リタイヤしたわけ。
     これが待っていたので・・・・・
e0153040_18295983.jpg
     





[PR]

by pckuri | 2017-05-06 18:34 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 19日
中山道ウォーキング事前学習会
 4月18日(火)富山市のサンシップ6Fで、定例の「みぁらく塾」があり、今回は6月4~5日予定の中山道ウォーキングの事前学習会をしました。
同コースの企画をした自分が担当し、参加者を対象に説明をさせてもらいましたが、手違いにより資料の印刷ができずスライドのみの発表になってしまいました。まことに申し訳なかったです。

昨日、来られなかった方もおられたので以下、説明の概要をアップしました。
なお、資料は20日に5月分のレジメと合わせて送付する予定です。

《事前学習会概要》
  1.中山道について
   ・中山道は、徳川家康が江戸に拠点をおいったことにより、旧来の京都・大阪中心で整備された交通体系を
    江戸中心に改変することに着手した。
   ・5街道の整備 (東海道、中山道、講習街道、日光街道、奥州街道)
              画像をクリックし、レンズのマークをクリックすると拡大します。
e0153040_07554270.jpg
   ・東海道は五十三次 124里 490km
   ・中山道は六十九次 135里 530km
   ・中山道は東海道のバイパス的な位置づけ。
   ・東海道には大きな河川があり大雨の時は川止めがあり、一週間から10日も渡れなかった。
   ・中山道は山岳地を通り、1千m以上の碓氷峠や和田峠、鳥居峠があったが、確実に通れた。   
   ・ともに江戸の日本橋から京都の三条大橋まで、14~15日かかった。
   ・1日当たり30~40km歩いた。
   ・中山道は芭蕉や一茶などの文化人をはじめ、近藤勇や土方歳三なども幕末時に通った。
   ・参勤交代による大名行列も中山道を通たが大名の財政力により、35㎞/日~50km/日も歩いた。
   ・14代将軍に輿入れした皇女和宮は27日もかかった。

e0153040_07584855.jpg
                  中山道69次のマップ

  2.今回歩くコース
   ・長野県と岐阜県境の24kmです。(JR南木曽駅~妻籠宿~馬籠宿~中津川駅)
                画像をクリックし、レンズのマークをクリックすると拡大します
e0153040_08003411.jpg
  3.標高差は500mです。
   ・初日は馬籠峠までの登りのコース、二日目は中津川までの下りのコースになります。

              画像をクリックし、レンズのマークをクリックすると拡大します。
e0153040_08023834.jpg
  4.ウォーキングマップと見どころ
   ・初日
              画像をクリックし、レンズマークをクリックすると拡大します。
e0153040_08045365.jpg
   ・二日目
             画像をクリックし、レンズマークをクリックすると拡大します。
e0153040_08055942.jpg
  5.写真など
   ・約50枚の写真をスライドで見ました。
   ・抜粋して載せます。

    スタート地点の南木曽駅です。
e0153040_08082335.jpg
     スタートしてすぐ「かぶと観音」に出ます。
     妻籠に砦を築いた木曽義仲が北陸路に出撃せんとする時、鬼門の守りに兜前立の観音像を外してここに
     祀ったのがかぶと観音の起こりと伝わります。
e0153040_08085741.jpg
     竹林のなか緩い登りの石畳が続く
e0153040_08112045.jpg
     妻籠城跡に寄ります。 城址から妻籠宿が見える。
     豊臣秀吉と徳川家康が小牧・長久手の戦いで対立したとき秀吉方の木曾義昌が建てたもの。その時、
     家康の軍に攻められたが落城しなかった堅城である。
     徳川方は、すぐに落とせると侮り攻め寄せたが、約三百の守備兵の士気は旺盛で、徳川方は返り討ちに
     遭い甚大な被害を受けた。
e0153040_08133067.jpg
     妻籠宿の入り口にある高札場
e0153040_08142683.jpg
     妻籠宿
     妻後宿は、入り口付近が下町、そして中町、上町と続き一番京都側が寺下と呼ばれている。
     本陣1、脇本陣1、旅籠31軒であったが、町全体としては総家数83軒と少なく、木曽11宿では
     一番小さい宿場であった。
e0153040_08160124.jpg
     妻籠宿脇本陣
     脇本陣奥谷(わきほんじん おくや)は代々脇本陣・問屋を勤めた家で、現在の建物は明治10年に
     それまで禁制であった桧をふんだんに使い建てられました。現在は博物館施設として公開しています。
     島崎藤村の初恋の人「おゆふ」さんの嫁ぎ先
     ほかに妻籠宿本陣がある。庄屋を兼ね、島崎藤村の母の生家でもある。
e0153040_08183719.jpg
     妻籠を過ぎると大妻籠に入る。この石畳を登ると集落へ
e0153040_08191740.jpg
     妻籠宿保存地区内の一地区であり、街道端に袖卯建(そでうだつ)をもつ出梁作だしばりづくりの
     民家が軒を並べます。
     妻籠宿、大妻籠から馬籠宿へとつづく中山道はここをすぎ、下り谷をすぎると人家はとだえ、
     森閑とした山道がつづきます。
e0153040_08213633.jpg
     九十九折の石畳
e0153040_08222312.jpg
     男滝と女滝
     吉川英治の小説「宮本武蔵」の舞台となった滝であり、小説では武蔵とお通の情念の恋の場として
     登場します。女滝(めだき)は省略します。
e0153040_08233327.jpg
      初日のゴール先、馬籠峠です。標高801m
      ここで待機のバスに乗って、宿泊先の「ホテル木曽路」へ向かいます。
    
e0153040_08251960.jpg
     二日目
     二日目はホテルから馬籠峠に戻り、スタートします。

     スタートしてすぐに峠の集落に出る
e0153040_10194792.jpg
     馬籠宿
     馬籠宿は本陣1、脇本陣1、旅籠18軒。本陣は庄屋、問屋を務めたのが島崎家で島崎藤村の生家です。
e0153040_10210308.jpg
     藤村記念館 かって本陣跡が記念館になっている。
e0153040_10242583.jpg
     十曲がり峠
     新茶屋の一里塚を過ぎると、見事な石畳が約800mにわたり再現されている。
     途中、何か所かは江戸時代のままの石畳がある。
e0153040_10260862.jpg
     落合宿
     44番目の宿場・本陣1、脇本陣1、旅籠14軒の宿場
e0153040_10290400.jpg
     落合宿本陣
     「井口家本陣跡」この門は大火後に加賀藩前田候から贈られたものと云われている。
     井口家には皇女和宮や明治天皇も御小休みされた上段の間や、小姓の間などが当時のまま保存されて
     いるという。今も住居として使われていることから一般公開はされていない。
e0153040_10312288.jpg
     尾州白木改番所跡
     木曽桧の領外搬出を厳しく取り締まっていた尾州は、天明2年(1782)から明治4年(1871)
     まで、ここに番所を設けていたのである。
e0153040_10332039.jpg
     中津川宿
     中津川宿は本陣1、脇本陣1、旅籠29軒の大きな宿場であった。
     天保14年(1843年)で、総家数は228軒もあったという。
e0153040_10344796.jpg
     中津川駅にゴール
e0153040_10360554.jpg
     ここで,宿場でよく使われる用語を解説
   ◇本陣・脇本陣
    本陣は身分の高い人が泊まる宿場の中心的施設で、大名のほか、公家、勅使、宮、門跡、旗本などが
    利用できた。宿泊客が多い時には、脇本陣も用いられた。
   ◇問屋
    本陣・脇本陣と並ぶ宿場の中核的施設の一つで、馬の手配や次の宿場までの荷物の受け継ぎなど、人馬の
    継立を行い、いわば鉄道の駅のような存在であった。
   ◇立場
    正式には人足の休憩場所だったところ。だが、茶店などが置かれている場所が多く、一般の旅人も休憩に
    利用する場合が多かったという。
   ◇旅籠・木賃宿
    一般の旅人が利用した宿泊施設。
    食事付きのものが旅籠、食事なしのものが木賃宿である。
   ◇高札場
    幕府や領主の最も基本的な法令を書き記した木の札(高札)を掲示した施設で、江戸時代6万を越える全国
    の村々に存在していた。多くの人々の目に 触れるように、村の中心や主要な街道が交錯する交差点といった
    人通りの多い場所に 設置された。
   ◇白木改番所跡
    木曽から移出される木材を取り締まるために設けられたもので、檜の小枝に至るまで、許可を示す刻印を焼
    いてあるかどうかを調べるほど厳重だったと言われている。
   ◇一里塚
    徳川幕府は、江戸・日本橋を起点として、主要街道にそれぞれ一里(約4.0㎞)ごとに一里塚を築きました。
    一里塚は、通常道の両側に築かれ、塚の上には榎木が植えられていました。
   ◇追分
    街道が左右に分岐するところで、各地で地名として定着しています。茶屋が置かれている場合が多く、休憩
    場所として利用されました。
   ◇桝形
    宿場の出入口、または宿内の街道を鍵の手に折り曲げ、場合によっては石垣を組んでカーブ等をつくり、
    敵の侵入に備えたものです。


   ☆ 最後に、宿泊するホテルと、二日目のランチ場所&入浴場所です。
    《ホテル木曽路》
      妻籠宿や馬籠宿でも泊まれるのですが、大きな温泉でゆっくり入浴できるホテルにしました。
e0153040_10440064.jpg
     露天風呂です。
e0153040_10465133.jpg
     夕食はバイキングです。
e0153040_10511460.jpg
     つづいて、二日目のゴール後のランチと入浴場所です。
     中津川駅にゴールしたあと、恵那峡近くの「道の駅・三菜園」でランチを、さらに「簡保の湯」で
     入浴して恵那ICから東海北陸道で帰路につきます。
e0153040_10531987.jpg
     道の駅・三菜園
e0153040_10571904.jpg
     ランチは各自の注文ですが、時間的に効率が悪いのでまとめて予約することにしました。
     メニュー:恵那鶏・牛肉すき焼き、ワカサギ甘露煮、厚焼き玉子など 1080円
     費用は別料金なので、当日、集めます。
e0153040_11005008.jpg
     簡保の湯
e0153040_11022885.jpg
     お風呂です。
e0153040_11031124.jpg
     以上、事前学習会の概要でした。
     









[PR]

by pckuri | 2017-04-19 08:31 | その他 | Comments(0)
2017年 01月 02日
あけましておめでとうございます
           新年あけましておめでとうございます
                  本年も当ブログ、よろしくお願いします。

e0153040_17301334.jpg
          昨秋、草紅葉の尾瀬ヶ原~尾瀬沼を歩いた時の風景を水彩スケッチしました。

                 3日は今年の初ウオーキングです。
                 大庄駅前で会いましょう!




[PR]

by pckuri | 2017-01-02 17:34 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 27日
「みゃあらく塾」で尾瀬ウオーキングの報告会
 10月25日(火)午後6時より、サンシップ602号室で「尾瀬ウオーキング」の報告会がありました。
あいにく、夕方から雨が強く降ったこともあり参加者は少なかったのですが、スライドなどを見ながら楽しかった尾瀬の思い出に浸りました。
最初に I さんから決算報告があり、そのあと、自分が撮ってきた100枚余りの写真から編集した動画を楽しみました。

e0153040_18560501.jpg
  動画はその後、ユーチューブにアップしたので、参加されなかった皆さんのために当ブログで公開しました。
なお、ユーチューブにアップする際、BGMは著作権の関係でフリーの音楽を使用したので報告会のものとは異なります。

  ≪初日≫
 
  ≪2日目≫

[PR]

by pckuri | 2016-10-27 19:02 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 10日
美ヶ原・霧ヶ峰 報告会
 7月8日(金)サンシップ602号室において先月末に歩いた「美ヶ原・霧ヶ峰トレッキング」の映像報告会がありました。
参加者が写してきた写真の交換や桑原さんのビデオ映像(30分)、自分が撮ってきた写真を編集加工した映像(15分)などスクリーンに映った映像を見て暫し思い出に浸りました。
 なお、自分たちが歩いた2日間は天候に恵まれて最高のトレッキングができましたが、前日は雨風、次の日も雨や霧が発生し、まったく視界がきかない状況だったようで、改めて自分たちの運の良さ?に感謝です。

 自分が作った映像は2日間に分けてユーチューブに投稿済みですが、当ブログにもリンクを貼ったのでご覧ください。
BGMは著作権の関係もあり、報告会で使用したものとちがうものになっています。

≪初日≫

≪2日目≫



なお、みんなで撮った集合写真は参加者全員に配布することになり、報告会に出席された皆さんには当日、お配りしました。
出席されなかった方には別の方法で配布する予定になっています。
また、その他、自分がとったスナップ写真も投稿しますが、個人情報でもあり期間限定(1週間くらい)とし、以降、ブログから削除します。
必要の方はダウンロードしてください。

 美しの塔まえで
e0153040_11140391.jpg
  ヒュッテ霧ヶ峰前で
e0153040_11211031.jpg
  八島湿原で
e0153040_11214064.jpg
  その他のスナップ写真は削除しました。





[PR]

by pckuri | 2016-07-10 10:51 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 19日
砺波駅南口付近の駐車場です
 5月21日(土)に歩く「夫婦滝と縄が池」のスタート地点(つくばね森林公園)まで、砺波観光バスを利用しますが、その発着場所の戸波駅南口周辺の駐車場情報です。
 マイカーで参加の皆さん、参考にしてください。

e0153040_15474927.jpg
    1.砺波観光バスには数台、駐車できます。
    2.R156号線沿いには富山県総合庁舎がありますが、交差点を西に入ると入口があります。
    3.駅南に隣接する駐車場は有料です。

    以上、そのほか近くには「JA」や「郵便局」もあります。
    参考まで。


 

[PR]

by pckuri | 2016-05-19 15:53 | その他 | Comments(0)