人気ブログランキング |
カテゴリ:志賀高原編( 7 )

2018年 07月 26日
志賀高原トレッキング・動画 その2
 今月は7日の湖沼編以来、2回続けて立山編など参加を見送った。
この猛暑続きに身体がついていけない! 気力がない! ってことで、当面、暑さが和らぐまで参加は見送り、エアコンの効いた部屋で8月以降の湖沼編や里山編のコース案つくりに励みます。

今回は、先にアップした「志賀高原トレッキング 動画その1」に続き、2日目の「お池めぐりコース」をユーチューブに投稿したので、当ブログにもアップしました。
改めて見てみると、深いコバルトブルーの大沼池がとても印象的で、感動しながら湖畔を歩いた記憶がよみがえりました。





by pckuri | 2018-07-26 08:06 | 志賀高原編 | Comments(0)
2018年 07月 17日
志賀高原トレッキング・動画 その1
過日、サンシップで行われた「志賀高原トレッキング事後学習会」で参加された皆さんに見てもらった動画です。
2日間に200枚くらいの写真から120枚を「MoVie Maker」で編集したもので、これは初日の分です。
BGMはユーチューブに公開するため、サンシップで見てもらったものと違う、著作権フリーの音楽を使用しています。

なお、学習会では桑原さんのムービーのほか、利波さんの「湖、沼、池」についての定義や色々、調べられたことの発表もあり、有意義な時間を過ごしました。




by pckuri | 2018-07-17 08:15 | 志賀高原編 | Comments(0)
2018年 07月 01日
志賀高原トレッキング 3
 《志賀高原で出会った花》
 6月25~25日の2日間、標高1400mから1700mの志賀高原にはいろいろな花が咲いていた。
いくつかの湿原では期待していた通り、ワタスゲマが穂を揺らし日陰ではゴゼンタチバナが多くみられた。
以外に目にすることが少なかったのはレンゲツツジで、湿原のわきにワタスゲの白を引き立てるかのようにピンク色の花を開いていた。
ゴール近くのジャイアントスキー場のゲレンデ上部にでた時、一面の黄色の花で埋め尽くされているのを見て、一瞬、ニッコウキスゲか? と思いきや、全く違う花の種類で花の名前を知る人はいなかった。(中にはいたのかもしれないが‥‥)
過日、志賀高原自然保護センターに問い合わせると、解説員からミヤコグサとの答えを得た。
出会った花を余裕をもって写真を撮りたかったが、大勢のグループでの行動ではスナップが精いっぱいだった。

     今回一番多く目にした「ワタスゲ」
e0153040_10580206.jpg
      遊歩道のわきに多く見られた「ゴゼンタチバナ」
      堆積した落葉の腐葉土に生育し、葉が4枚だと花は持たないと聞く。
e0153040_10585995.jpg
      蓮池には白い「スイレン」が水面に浮かぶように咲いていた。
e0153040_11023317.jpg
      同じ蓮池の南端に「ルピナス」が。
      歩いているときは気が付かなかったが、写真を見て発見する。
e0153040_11200222.jpg
      信州大学自然教育園のロックガーデンでは、この時期以外に咲いている花は少なかった。
      左上が「ミツバオオレン」、右上は「ゴゼンタチバナ」、中央が「シナノナデシコ」
      左下は「アカモノ」、右下は「イワカガミ」
e0153040_11053455.jpg
      四十八池湿原では「コバイケソウ」が、志賀山を背景に木道沿いに白い花をつけていた。
e0153040_11153548.jpg
      水芭蕉はすでに終わっていたが、残っていた一輪をカメラに収めた。
e0153040_11171366.jpg
      大沼池沼尻で多分、「ハクサンチドリ」だろう。
      ヤナギランとも似ているが花の形や咲く時期がもっと後なので・・・・
e0153040_11241150.jpg
      ジャイアントスキー場のゲレンデ一面に咲く「ミヤコグサ」。
e0153040_11253922.jpg
      そのほか、湿原の周辺で見られた「レンゲツツジ」や「シガアヤメ」
e0153040_11274140.jpg
e0153040_11281672.jpg
     以上、高原の爽やかな風を受けながらこれらの花たちを見ると、ほっと気が和み、厳しい環境の中で
     ひっそりと花を咲かせ、やがて実を付けて次の年へ命を繋いでいる自然のからくりに拍手と感謝です。






by pckuri | 2018-07-01 11:54 | 志賀高原編 | Comments(2)
2018年 06月 30日
志賀高原トレッキング 2
 志賀高原トレッキング ≪二日目≫

 志賀高原トレッキングの二日目は前山リフトの運転時間に合わせ、ホテルでの食事を済ませる。
ホテル前にでると今日も快晴で、高原の清々しい風が吹いていてとも涼しい。
前山の頂上まで歩くルートもあったが、前夜のバイキングや二次会などで疲れが残っているだろうと、当初からリフトで山頂へ移動することにしていた。

 午前8時40分、ペアリフトが運転開始され即、次々に前山山頂へ。
山頂から、眼下に昨夜、泊まった「ほたる温泉」がみえるほか、西に笠が岳、南に横手山が眺望できた。

 今日のコースは、大小様々な湖沼や湿原をめぐる志賀高原を代表するトレッキングコースで、池糖が点在する高層湿原の四十八池湿原は、県の天然記念物に指定されている。
さらに、神秘的でエメラルドグリーンに輝く大沼池や清水新道の原生林など、見どころがたくさんのコースだ。

 前山山頂をスタートしてすぐ、ワタスゲが揺れる前山湿原を通り、渋池辺りから緩い登りを感じながら整備された遊歩道を行くと志賀山分岐につく。
若かりし頃、志賀山に登り四十八池湿原に下るルートをたどったことがあったが、今はそんな元気もないし50名の大所帯ではとても無理なので、今回は直進して四十八池へ進んだ。
湿原はミズバショウが終わりコバイケソウやシガアヤメが咲いていて思わず足を止めカメラを向けた。
木道で湿原をわたり、浦志賀山分岐で右折し針葉樹のシラカバやダケカンバの林を進むと、やがて樹間に大沼池が見えてくる。
 急な下りを経て大沼池の畔に着き、レストハウス前広場でエメラルドグリーンの大沼池を十分堪能した後、大沼池沼尻にでる。
e0153040_18530352.jpg
 ここからは林道を下るが、途中、逆池分岐で予定のルートを変更し、林道から外れて原生林の中を通って国道に出た。
大沼池入口バス停付近から清水新道に上り、ジャイアントスキー場のゲレンデを横切り、信州大学自然教育園前バス停にゴールした。

  1.歩いた距離・時間:11km 3時間40分
  2.二日目のルート図(RunKeeperアプリ)
e0153040_18541402.jpg
  3.標高差
e0153040_18550427.jpg
  4.写真&コメント
     スタート前に全員集合(パレスホテル前で)
e0153040_18562210.jpg
     スタート前のウォーミングアップ
e0153040_18570063.jpg
     前山山頂から大沼池までのルート図
e0153040_09404740.jpg
     ホテルの目の前の前山リフト乗り場

e0153040_18573742.jpg
      ペア―リフトで前山山頂へ
      「ほたる温泉」と笠が岳がみえる。
e0153040_18584601.jpg
      南側に横手山も眺望できる。
e0153040_19002220.jpg
      山頂広場で全員が揃った後、スタート。
e0153040_19020863.jpg
      ツキノワグマ出没注意の標識が。
e0153040_19031684.jpg
      池めぐりコースの入口
e0153040_19041263.jpg

      すぐ前山湿原にでる。
      ワタスゲが一面、高原の涼風に揺れていた。
e0153040_19062964.jpg
      クマササの間を縫う遊歩道から湿原を振り返る。
e0153040_19071055.jpg
     渋池にでる。正面は横手山。
e0153040_19091946.jpg
      志賀山への分岐で一休み。
e0153040_19110050.jpg
      岩石に抱きつくように根上がりの木はコメツガか?
e0153040_19125970.jpg
      四十八池の分岐、右へ行くと横手山へ。
e0153040_19143013.jpg
      四十八池湿原手前の広場で一休み。
      正面、左から志賀山と浦志賀山連山。
e0153040_19160827.jpg
      水芭蕉が終わりコバイケソウが咲いていた。
e0153040_19182145.jpg
      湿原の木道は我がグループで貸し切り状態。
e0153040_19194397.jpg
      浦志賀山方面への分岐に鳥居がある。
      ここは右折。
e0153040_19213630.jpg
      分岐から更に高度を上げると、やがて大沼池が見えてくる。
e0153040_19224595.jpg
      湖面を望みつつ、急な下りになる。
e0153040_19242609.jpg
      大沼池がだんだん大きく見えてくる。
e0153040_19253881.jpg
      大沼池湖畔にたどり着く。
      奥のほうがコバルトブルーで、手前のエメラルドグリーへとグラデーションにみえる。
      正面に浦志賀山が見え、過去にあの山の急斜面を下ったことが思いだす。
e0153040_19261956.jpg
      思い思いに記念の写真を撮る。
e0153040_19281550.jpg
      大沼池から信州大学自然教育園までのルート図
      当初、林道(点線部分)を通る予定だったが、距離は短いが変化にとんだ原生林の道を通った。
e0153040_19320265.jpg
      大沼池を再スタートし、沼尻までの間で池全体を見渡せる展望箇所がある。
      神秘的な深いコバルトブルーを見ていると、昨日、志賀自然保護センター前の大蛇神社で見てきた
      大蛇と黒姫の悲しい伝説がよみがえる。
e0153040_19343737.jpg
      大沼池沼尻で。
e0153040_19403904.jpg
      ここから林道を下る。
e0153040_19420389.jpg
      途中、逆池分岐があり、右に折れて原生林の中へ進む。
e0153040_19434509.jpg
      ごろごろした溶岩と手つかずの原生林が鬱蒼とし、木漏れ日が輝いて見える。
e0153040_19441304.jpg
      苔むした溶岩と巨木を見ると、志賀高原一帯を形成した長い歴史が感じられる。
e0153040_19462907.jpg
      やがて国道に出る。
e0153040_19561798.jpg
      大沼池入口バス停で待ち合わせしていたバス。
e0153040_19570776.jpg
      バス停付近からすぐの場所に清水新道の入口がある。
e0153040_19592706.jpg
      ジャイアントスキー場への最後の登り。      
e0153040_20001884.jpg
      ジャイアントスキー場のゲレンデ上部に出る。
e0153040_20020819.jpg
      ゲレンデは一面、黄色の花が咲き誇っていた。花の名前はわからない?
      お花畑の中を巻くように登ったあと下り、国道292号線に出て信州大学自然教育園バス停にゴールした。
      12時20分ゴール
e0153040_20045826.jpg
      ゴール後、湯田中温泉に立ち寄り温泉に浸かり汗を流して帰路についた。     
     
e0153040_09480019.jpg

      二日間、大変お疲れさんでした。


 
      


 



by pckuri | 2018-06-30 09:50 | 志賀高原編 | Comments(0)
2018年 06月 27日
新緑の志賀高原トレッキング 1
 6月24日(日)~25日(月)、ウォーキング冒険塾の「県外編」で、上信越高原国立公園の中央に位置する志賀高原をトレッキングしてきました。
梅雨時期で心配していた天気は両日とも青空が広がる上天気。気温は12~24度、気持ちのいい高原の涼風を受け最高のトレッキングを楽しむことができた。
初日は「水無池コース」から入り、「サンシャイントレイルコース」、「自然探勝コース」と志賀高原ではメジャーなルートで木戸池に着き、国道292号線経由で「ほたる温泉」にゴールする。
二日目は「池めぐりコース」と「清水新道コース」を歩き、信州大学自然教育園にゴールしたあと、湯田中温泉に立ち寄り、温泉で汗を流してから帰路についた。

          志賀高原トレッキングマップ
e0153040_17150716.jpg
 参加者が50名の大きなグループでの行動だったので、グループからの離反や大きなコーストラブルもなく無事ゴールできたことに安堵するとともに、天候に恵まれた志賀高原の原生樹林と神秘に満ちた池めぐりを楽しませてくれた大自然に感謝です。
ただ、ゴール直前の林道でつまづき顔面を擦傷されたMさんが心配でしたが、大事な至らなかったようで安心しています。

   1.参加者:50名
   2.歩いた距離:22km

≪初日≫
 午前7時に新富観光バスセンターを出発し、富山駅北と滑川IC駐車場で参加者を乗せ、上信越道経由で志賀高原に入る。
スタート地点のバス停(旭山下)広場には予定より30程度早く着いたので、下車後、軽く食事をとり「水無池コース」の樹林の中へ足を踏み入れた。
一旦、国道に出た後、「サンシャイントレイルコース」への脇道へ入り、琵琶池沿いに湖周を進んだ後、蓮池近くの志賀高原自然保護センターへの登り坂を上る。
センターで休憩後、蓮池沿いに進み国道に出る。
続いて「自然探勝コース」となり、蓮池スキー場のゲレンデを縫うようにして登り、リフトの山頂駅近くで左に迂回して「下の小池」から信州大学自然教育園に入る。
広大な園内のうち、長池近くの「ロックガーデン」だけ寄り道し、田野原湿原へと進んだ。
風に揺れるワタスゲの群生のなか、木道歩きは爽快で湿原を歩き終えた高台からは、湿原全体が見渡せた。
高台から下ると木戸池に着き、今日、予定していたコースは歩き終えるが、この後、国道を2km程歩いて今日の宿、ほたる温泉・志賀パレスホテルにたどり着いた。
途中、ほたる温泉の源泉となっている平床大噴泉に寄り、勢いよく立ち上る大噴泉に圧倒された。

   3.コース別ルート図と写真
     今回は「ヤマップ」アプリを使用する。青線はGPS軌跡
    ① 水無池~サンシャイントレイルコース
e0153040_17204323.jpg
      国道292号線の旭山下バス停広場でバスを下車(水無池コース入口) 10:40
e0153040_17263060.jpg
      ストレッチ体操で体をほぐしスタートに備える
e0153040_17280835.jpg
      水無池コース、スタート                       10:55
      まばゆいくらいの新緑の遊歩道を歩く。 
e0153040_17301642.jpg
      スタートから志賀原自然保護センター(蓮池)までの3Dマップ
e0153040_17341445.jpg
      水無池は季節により水位が下がり水がなくなることも。
e0153040_17355870.jpg
      一旦、R292号線に出ると琵琶池が見えてくる。
e0153040_17373048.jpg
      国道から右に折れ「サンシャイントレイル」に入る。
e0153040_17385725.jpg
      サンシャイントレイルコースは「森林セラピーロード」とも呼ばれ、野鳥のさえずりを聞きながら
      体全体で澄んだ空気を感じることができる。
e0153040_17425654.jpg
      右手の樹間に見える琵琶池のみどりが何とも美しい。
e0153040_17450140.jpg
      この標識で左折し、自然保護センターまで約100mくらい標高を上げる遊歩道を歩く。
e0153040_17470340.jpg
      木漏れ日のなか、落ち葉が堆積した遊歩道は足にやさしい。
e0153040_17483702.jpg
      志賀高原自然保護センターに着く。                  11:55
e0153040_17492964.jpg
      センター手前に大沼池の大蛇と黒姫にまつわる「大蛇神社」がある。
e0153040_17501437.jpg
      シラカバの葉が青空いっぱいに広がる。
e0153040_17523096.jpg
      
     ② 自然探勝コース
      自然探勝コースは歩く資料館とも呼ばれ、志賀高原の自然がひと目で分かるほど自然が全て
      凝縮されたコースで見どころがいっぱいです。

         
e0153040_18003764.jpg

      自然保護センターから国道を横断すると蓮池があり、ここから「自然探勝コース」が
      始まる。
      蓮池前で全員集合!
e0153040_17562191.jpg
      蓮池の全景、奥に見えるは志賀レイクホテル              12:10
e0153040_17571578.jpg
      蓮池から信州大学自然教育園までの3Dマップ
   
e0153040_18020036.jpg
      蓮池の湖周から木道で国道に出る。
   
e0153040_18034847.jpg
      国道を横断し、この標識に沿って蓮池スキー場へ進むが、わかりにくいい。
e0153040_18062747.jpg
      低いアンダーバースをくぐり蓮池スキー場へ。
e0153040_18080729.jpg
      蓮池スキー場のゲレンデに出る。                  12:20
e0153040_18091782.jpg
      ゲレンデを縫うように登る。
      右の遊歩道へは行かない。紛らわしい!
e0153040_18100895.jpg
      さらに高度を上げる。
e0153040_18115758.jpg
e0153040_18124796.jpg
      ニッコウキスゲが咲き始めていた。
e0153040_18134755.jpg
      リフトの最上部で左にカーブし、少し下ると地元、山ノ内町のテントが数張り設置され賑わっていた。
      歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが自然を後世に残そうと立ち上げた植樹プロジェクト「『いのちを守る森』
      づくりが行われていました。
      県内外から参加した約1千人が海老蔵さんとともにミズナラやナナカマドなど13種、計1万本の
      苗木を植えたとか。
e0153040_18150892.jpg
      植樹祭の会場から少し下ると、下の小池がある。
e0153040_18162779.jpg
      植樹祭が終わり国道に出る参加者で木道は大渋滞!
e0153040_18181704.jpg
      国道に出た後、信州大学自然教育園への入口階段。
e0153040_18195734.jpg
      自然教育研究施設下広場で休憩                   12:50
e0153040_18213921.jpg
      自然教育園は広大で時間的に園内全体を歩くには無理があるので、資料館とロックガーデンのみ
      回ることにする。
e0153040_18234837.jpg
      ロックガーデンは岩場に色んな高山植物が植生されている。
e0153040_18253946.jpg
       信州大学自然教育園から木戸池~ほたる温泉までの3Dマップ
e0153040_20515293.jpg
       ロックガーデンから下り、長池沿いに歩く。
e0153040_18265990.jpg
      長池の水面に対岸の緑が写り美しい!
e0153040_18280922.jpg
      この辺り、オオシラビソやコメツガの原生林は、溶岩流でできた岩石を抱くように天に伸びている。
e0153040_18345985.jpg
      まるで、ジブリ映画のようだ。
e0153040_18360851.jpg
      三角池の近くの湿原はワタスゲが見事に咲いていた。
e0153040_18372936.jpg
      岩場のくぼんだ所にヒカリゴケが!
             
e0153040_19475497.jpg
      この辺り、石ころがごつごつと登りにくい。
e0153040_19485787.jpg
      三角池に出る。
e0153040_19502988.jpg
      国道を横断し田野原湿原へ。
e0153040_19512648.jpg
      田野原湿原に出る。                       13:30
      正面に笠が岳が見える。
e0153040_19523462.jpg
      ワタスゲの中、木道を進む。
e0153040_19533700.jpg
      小高い丘に登り振り返ると、歩いてきた田野原湿原の全景が見える。
e0153040_19554045.jpg
      丘を下ると木戸池に着く。                     14:00
e0153040_19565482.jpg
e0153040_19572396.jpg
      ここで自然探勝コースが終わる。
      休憩後、国道292号線の緩い登りを歩きほたる温泉へ向かう。
e0153040_19585401.jpg
      国道を避けて小道を歩くルートもあるが、途中に噴出する「ほたる温泉」の源泉でもある
      平床大噴泉を見るため、あえて国道を歩いた。
      1.5kmくらい歩くと、大噴泉に着く。
    
e0153040_20012117.jpg
      噴出する温泉の勢いは半端じゃない。
      ちょっと記念に・・・・
e0153040_20025074.jpg
      噴泉からしばらくすると「ほたる温泉」の志賀パレスホテルにゴールした。14:30
e0153040_20042555.jpg

   4.今日のコースの標高差は 300mでした。
     スタートの旭山下バス停(1,385m)~ほたる温泉・志賀パレスホテル(1,685m)
e0153040_20535762.jpg
      お疲れさまでした。
      二日目に続く・・・・・





  





by pckuri | 2018-06-27 20:56 | 志賀高原編 | Comments(0)
2018年 06月 22日
新緑いっぱいの志賀高原が待っています。
 待ちに待った「志賀高原トレッキング」、24日~25日とも天気予報は晴れと絶好のトレッキング日和のようです。
現在のところキャンセルもなく、50名のグループで新緑の志賀高原を楽しんできたいと思います。

この時期は新緑がいっぱいで、こんなロケーションがみなさんを待っています。
    自然探勝コース(蓮池)
e0153040_17183120.jpg
     田野原湿原は一面、ワタスゲが咲いています。
e0153040_17203258.jpg
     エメラルドグリーンの大沼池(池めぐりコース)
e0153040_17212360.jpg

     参考まで両日の天気予報です。
          24日(日)現地に到着したころは青空のようです。
e0153040_17223168.jpg
         25日(月)は朝から晴天です。
e0153040_17220363.jpg
   なお、行動時は着替えなどの荷物はバスの車内に置いておけます。
   最後に、参加者の皆さんには申告された集合場所に時間厳守で、集まってください。
   待っていま~す。

   明日(23日)は福岡の家族旅行村から十二町潟経由でJR氷見駅のロングコースです。






by pckuri | 2018-06-22 17:28 | 志賀高原編 | Comments(0)
2018年 04月 23日
志賀高原トレッキング・事前学習会
 4月21日(土)は、塩の道編の第1回で「姫川源流~白馬駅」だったのですが参加できず、とても残念でした。
フェイスブックに投稿されたOさんやHさんの写真では、中綱湖湖畔の桜は満開だったほか、姫川源流では水芭蕉や水仙が咲き誇り、白馬の里山は春爛漫だったようです。

 今回は先日の「みぁらく塾」で行った、6月に実施の「志賀高原トレッキング」の事前学習会のことを投稿します。
次のような資料や写真などで説明させてもらいました。
参加予定者で学習会に出席できなかった人には、資料の中から抜粋して送付されたと思います。
なお、今回のコースも好評で、40名定員のところキャンセル待ちが多数となり、ワンランク上のバスに変更し、45名定員としました。それでもキャンセル待ちの状況となっています。

 1.日程表
e0153040_07570504.jpg
  2.マップなど
    (1)志賀高原の位置
        上信越道・信州中野ICから草津温泉へのR292号線周辺です。
e0153040_08002396.jpg
    (2)志賀高原トレッキングで歩くコース
        初日は「サンシャイントレイル・水無池コース」と「自然探勝コース」
        二日目は「池めぐりコース」
e0153040_08063820.jpg
    (3)志賀高原3Dマップ
e0153040_08102517.jpg
  3.資料
    (1)志賀高原の気温6月の平均気温は15~60度です。
        
e0153040_08114173.jpg
    (2)春から夏のかけて見頃を迎える山野草など
e0153040_08131561.jpg
    (3)各コースの見どころと詳細ルートと写真
       ① サンシャイントレイル・水無コース
e0153040_08154635.jpg
         スタートしてすぐ水無池
e0153040_08181997.jpg
         琵琶池
e0153040_08191750.jpg
         池周辺の遊歩道
e0153040_08201031.jpg
         蓮池を過ぎると「自然探勝コース」へ
e0153040_08205452.jpg
       ② 自然探勝コース
e0153040_08163289.jpg
        新緑の中、木道を歩きます。
e0153040_08221561.jpg
        長池
e0153040_08230644.jpg
        田野原湿原はワタスゲが咲き誇っていることでしょう。
e0153040_08233537.jpg
        
e0153040_08243388.jpg
e0153040_08250829.jpg
        木戸池
e0153040_08253816.jpg
      ③ お池めぐりコース
e0153040_08170864.jpg
        二日目はリフトでスタートします。
        眼下に見える「ほたる温泉」、手前、右側が志賀パレスホテルです。
  
e0153040_08284845.jpg
        前山湿原にでます。
e0153040_08315997.jpg
e0153040_08324605.jpg
        渋池
e0153040_08333667.jpg
        四十八湿原
e0153040_08344522.jpg
        エメラルドグリーンの大沼池
e0153040_08353621.jpg
        大沼池公園
e0153040_08363618.jpg
        信州大学自然教育園
e0153040_08373633.jpg
    (4)宿泊ホテルと食事など
       志賀パレスホテル外観
e0153040_08421209.jpg
       お風呂(温泉)です。
e0153040_08430194.jpg
       
e0153040_08440625.jpg
       前回の中山道同様、食事は好評のバイキングです。
e0153040_08454545.jpg
       2日目、ゴール後に入る温泉は、湯田中温泉駅前の「湯田中ヘルスケア―センター」です。
e0153040_08504644.jpg
    (5)同じ時期に歩いた動画(ユーチューブから)
       
      ①「 自然探勝コース」
         

      ② 2日目の「お池めぐり」
         


        以上です。新緑の志賀高原を存分に楽しんできましょう。



by pckuri | 2018-04-23 10:45 | 志賀高原編 | Comments(0)