人気ブログランキング |
カテゴリ:里山編( 63 )

2019年 03月 31日
やぶなみ駅~小矢部川~金屋町~やぶなみ駅
 3月30日(土)今年度最後のウォーキングがあり、あいの風とやま鉄道「やぶなみ駅」をスタート&ゴールに、「祖父川~小矢部川~千保川~金屋町~やぶなみ駅」を歩いてきた。
 やぶなみ駅は1年前の3月17日に開業した駅で、しゃれたデザインの素敵な駅舎だ。
駅名は公募の中から選ばれたそうで、大伴家持が読んだ「やぶなみの 里に宿借り 春雨に 隠りつつむと 妹に告げつや」の「やぶなみの里」が当駅近隣の高岡市和田が推定される地の一つらしい。
やぶなみ駅周辺は都市計画で開発され、団地造成が進み大きく変わるとしている。

 駅前をスタートして祖父川にでたあと、堤防を歩き矢部川(国吉大橋)に出る。
富山県内の河川は、河川改修で人工的に作られた直線的な川が多いなか、小矢部川は蛇行という自然の姿が見られる特徴のある川だ。大きく蛇行してゆっくり流れる小矢部川の右岸堤防を下流に向かって進み、千保川の合流点に着く。
一息入れた後、千保川を遡行し金屋町に立ち寄り、雨に濡れた石畳み通りを歩く。再び千保川に出たあと川から離れ、厚生連高岡病院横から木津地内経由でやぶなみ駅にゴールした。
心配された天気だったが、時々傘をさす程度の雨で本降りになる前にゴールできた。

  1.参加者:52名
  2.歩いた距離・時間:13km 2時間30分
  3.ウォーキングルート
e0153040_08532099.jpg
    「ランキーパー」による実績ルート
e0153040_08542718.jpg
  4.実績行程
      9:20 やぶなみ駅前 スタート
           R8号線を横断し、祖父川に出る
      9:44 小矢部川(国吉大橋)に出る
           小矢部川右岸沿いに歩く
      9:55 国条橋
     10:10 三協アルミ・まんよう荘・・・・・トイレ休憩
     10:55 千保川合流点・・・・・・休憩
           千保川左岸を遡行
           鳳鳴橋で電車グループは高岡駅へ
     11:10 金屋町緑地・・・・・・・トイレ休憩
           石畳の通りを歩く
     11:35 厚生連高岡病院横
           木津集落
     11:50 やぶなみ駅 ゴール

  5.写真&コメント
       やぶなみ駅前でスタート前のミーティング
e0153040_09052486.jpg
       祖父川左岸堤防を歩く。
e0153040_09060369.jpg
       小矢部川への取り付け道路
e0153040_09062778.jpg
       小矢部川に出て右岸堤防を歩く。
e0153040_09075732.jpg
       河川敷には菜の花が咲き誇り美しい。
e0153040_09090646.jpg
       三協アルミ・万葉荘に立ち寄り、トイレ休憩。
       突然の訪問にもかかわらず、快く受け入れてもらう。
e0153040_09095662.jpg
       休憩中、一時的にすごい雨になったが、再スタートと同時に小降りになる。
e0153040_09112521.jpg
       大きく蛇行した頂部をあるく。
e0153040_09124181.jpg
       千保川合流点に着く。
e0153040_09140130.jpg
       合流地点で全員が揃うまで休憩。
e0153040_09143543.jpg
       千保川左岸の桜並木を歩く。桜のつぼみは膨らんでピンク色になっていた。
e0153040_09154960.jpg
       鳳凰橋で電車グループは高岡駅へ直行する。
e0153040_09172132.jpg
       金屋緑地公園でトイレ休憩
e0153040_09181084.jpg
       さすがに鋳物の街だ。
e0153040_09190742.jpg
       石畳の金屋町通りは閑散としていた。
e0153040_09200344.jpg
 
e0153040_09205287.jpg
       千保川から離れ、厚生連高岡病院方面へ。
e0153040_09230582.jpg
       やぶなみ駅にゴール。
e0153040_09235128.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は4月6日(土)桜シリーズで呉羽山の桜を楽しみながら歩きます。
       


           
           



by pckuri | 2019-03-31 09:26 | 里山編 | Comments(0)
2019年 03月 24日
笹津駅~黒瀬谷~ゆうゆう館~八尾駅
 3月23日(土)里山編で「笹津駅~黒瀬谷~ゆうゆう館~八尾駅」を歩いた。
これまで当コースは黒瀬谷から直接、八尾駅へ下るルートであったが、距離も短く変化の乏しいルートであったため、今回は黒瀬谷から久婦須川を渡り卯花地区から「ゆうゆう館」経由で八尾駅へ向かうルートに変更した。
ルート変更によりコースは、これまでより適度なアップダウン箇所が増え、メリハリのあるコースになったし、ダムゲート橋を渡ったり八尾の街へ小路を登ったりと、変化に富んだ面白いルートになったと思う。
なお、今日は「ウオーキング10円/km募金活動」についてK新聞の取材があり、ウオーキング中の写真撮影が行われた。

  1.今日の一枚:神通第3ダムゲート橋を渡る
e0153040_17434120.jpg
  2.参加者:53名
  3.歩いた距離・時間:12km  2時間40分
  4.ウォーキングルート
e0153040_17452546.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_17455620.jpg
  6.実績行程
    9:00 JR笹津駅前スタート
    9:15  神通第3ダムゲートを渡る
        R25号線北上
    9:50  葛原の坂を登り左折しR341へ  
    10:20   黒瀬谷公民館で左折 6km
        左折して樫尾地区へ
    10:40 卯原公民館
        三叉路を左折
    11:00 ゆめの森ゆうゆう館 9km       
    11:15 八尾保育所から今町に出る
    11:35  坂のまち大橋を渡る 
    11:40 JR八尾駅ゴール
        解散

  7.写真&コメント
       スタート地点の笹津駅前でミーティング
e0153040_17525964.jpg
       スタートから神通川左岸へのルート
e0153040_17533891.jpg
       ダムゲート橋を渡る
e0153040_17542852.jpg
       R25号線を北上中、振り返ると第3ダムゲートが見える
e0153040_17551055.jpg
       葛原知内を北へ
e0153040_17570988.jpg
       三叉路を左折し、R341号線の上り坂
e0153040_17584038.jpg
       黒瀬谷に出て、この後歩く卯花方面を眺望する
e0153040_18000899.jpg
       黒瀬谷から「ゆうゆう館」へのルート
e0153040_18005318.jpg
       久婦須川へ一旦、下る
e0153040_18021091.jpg
       久婦須川を渡る
e0153040_18030728.jpg
       橋上から上流を見る
e0153040_18041552.jpg
       卯花集落への登り
e0153040_18045996.jpg
       卯花公民館でトイレ休憩
e0153040_18053622.jpg
       ゆめの森テニスコート前で右折し、さらに登る
e0153040_18062944.jpg
       登りきると視界が開け、八尾方面が見えてくる
e0153040_18081636.jpg
       ゆうゆう館に立ち寄る
e0153040_18085004.jpg
       ゆうゆう館から下り、八尾保育所から聞明寺へのルート
e0153040_18092332.jpg
       事前に調べておいた小路を登る
e0153040_18114044.jpg
       聞名寺境内の入る
e0153040_18123379.jpg
       鐘楼横の階段を降りる
e0153040_18131203.jpg
       八尾の街並みを下る
e0153040_18140058.jpg
       井田川沿いに北上
e0153040_18145668.jpg
       坂の町大橋を渡る
e0153040_18153401.jpg
       八尾駅にゴール
e0153040_18160930.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は30日(土)今年度最後のウォーキングになりますが、新コースで「やぶなみ駅」を
       スタート&ゴールに、ゆったり流れる小矢部川沿いや金屋町などを歩きます。





by pckuri | 2019-03-24 18:19 | 里山編 | Comments(0)
2019年 02月 10日
新黒部駅~金太郎温泉~魚津駅
 2月9日(土)里山編で、「黒部宇奈月温泉駅~金太郎温泉~魚津駅」を歩いてきた。
今日は北海道に記録的に強い寒気が流れ込み、陸別や阿寒湖周辺でマイナス30度を超す気温となったほか、関東でも南岸低気圧が発達して東に進んだため東京でも雪が降った。
富山県地方も寒気の影響で、日中でも気温は2度と寒い一日だった。幸い、雪は降らず曇り空の下、歩けたが、路面は凍っているところもあり、滑らないよう慎重に足を運んだ。

 黒部宇奈月温泉駅に隣接する新黒部駅をスタートした後、宮野運動公園への東斜面を登る予定を変更し、R364号線の上り坂を歩き山田新に出た。
その後は、高速道路に沿って農道や高規格の「ふるさと農道」を通り、黒部温泉病院にでてトイレ休憩をとった。
休憩後、さらに西に進み布施川を渡り深川病院前を通過し、金太郎温泉に着く。
温泉に入る人達と別れ、R330号線を西に進み片貝川を渡り魚津市に入り、吉島交差点を右折し、魚津駅へ直進した。
今日は寒かったこともあり、休憩時間を除いた歩行ペースは 10.5分/kmと、ハイペースだった。

  1.参加者:35人
  2.歩いた距離・時間:11km   2時間20分
  3.ウォーキングルート
e0153040_09172653.jpg
  4.歩いたペース&標高差
e0153040_09180896.jpg
  5.実績行程
       9:40 新黒部駅前 スタート
          踏切を渡り宮野運動公園への登り坂
      10:00 宮野運動公園
          前沢地内を通る
      10:45 黒部温泉病院・・・・・トイレ休憩    
          布施川を渡る
      11:15 金太郎温泉
          片貝川に架かる天神橋を渡る
      11:45 R132号線の吉島交差点
          R8号線を横断
      12:00 魚津駅 ゴール
          解散

  6.写真&コメント
       新黒部駅前でスタート前のミーティング
e0153040_09222901.jpg
       スタートから山田新へのルート
       青色が宮野運動公園を通る予定ルートだったが、R364号線を登る
e0153040_09232379.jpg
       R364号線の登り坂を歩く
e0153040_09280021.jpg
      高速道路沿いに農道を西へ進む
e0153040_09290202.jpg
      農道が行き詰まった所で一旦、R364号線に出る
e0153040_09314045.jpg
      R364号線の長~い下り坂
e0153040_09350479.jpg
      直進するとR8号線の前沢交差点に出るが、手前の前山交差点で左折し、ふるさと農道に入る。
e0153040_09363397.jpg
      高規格の「ふるさと農道」の登り。
e0153040_09373078.jpg
      田家野知内の高台からは魚津方面の街並みが見える。
e0153040_09401782.jpg
      黒部温泉病院に立ち寄り、トイレ休憩をとる。
e0153040_09412841.jpg
     黒部温泉病院から金太郎温泉へのルート。
 
e0153040_09425532.jpg
     さらに西に進み、布施川を渡る。
e0153040_09420233.jpg
      橋を渡りすぐ左折し、深川病院横の農道を通る。
e0153040_09440285.jpg
       金太郎温泉に着く。
e0153040_09445404.jpg
      休憩後、さらに西へ進み、片貝川を渡る。
      歩道は圧雪でガチガチ、滑らないように注意しながら歩く。
e0153040_09461965.jpg
       吉島交差点で右折し、魚津駅へ直進する。
       途中、R8号線を横断。
e0153040_09473962.jpg
       予定より、10分くらい早くゴールした。
       お疲れさまでした。
       次回は「とやまの湖沼編」の23回で、福岡家族旅行村~五位ダム~福岡駅まで歩きます。








by pckuri | 2019-02-10 09:53 | 里山編 | Comments(0)
2019年 01月 27日
福野駅~ぬく森の郷
 今年に入って5回目のウォーキングとなり、ようやく積雪のなかを歩く雪中行軍となった。
1月26日(土)、昨日から大雪注意報が報じられていたが朝まで積雪は全くなし。午前6時過ぎになってようやく降り始めた。
マイカーで福野へ行ったが、砺波市に入ってから急に積雪が多くなり、福野駅前は15~20㎝ぐらい積もっていた。
福野駅に集まったのは、マイカー組と電車組を合わせて17名で、さすがに少ない。

 今日は気温も1度と低く、駅舎内で早々にミーティングを済ませ、降る雪のなかスタートする。
R20号線からR285号線へ斜めに折れて院林集落へ進み、山田川と高速道路高架を越え道なりに大きくカーブし、三ツ屋交差点に出る。この辺りまで約40分、ようやく身体も温まってくる。
 ここからさらにR20号線を西に進み、小矢部川を渡る予定であったが、上記の交差点を左折してしまったため、予定のルートを変更して南進し、游部(北)交差点で右折して小矢部川を渡った。
降っていた雪もいつの間にか止み、青空も所々に見えて来る。和泉公民館で最初の休憩をとった後、「道の駅・福野」に立ち寄りトイレ休憩を長めにとり、これからの長~い登り坂に備えてエネルギーの補給もする。

 「道の駅・福光」を再スタートし、宗像志功で有名な光徳寺前を通りR27号線に出る。
ここからゴール地点の「ぬく森の郷」まで約4km、標高差が180mの登り坂が続く。ここを長靴を履いての雪道歩行なので、いつの間にかペースは落ちる。
約1kmの医王トンネルを抜けると、やがて「ぬく森の郷」が眼下に見えてくる。
予定より10分程度早く着き、ゆっくり雪景色を眺めながら露天風呂を楽しんだ。

  1.参加者:17名
  2.歩いた距離・時間:13.5km 2時間55分
  3.ウォーキングルート(GPS実績)
e0153040_15280868.jpg
  4.歩いたペース&標高差
e0153040_15284767.jpg
  5.実績行程
       8:45 福野駅前 スタート
       9:10 山田川を渡り高速道下を通る
       9:40 小矢部川を渡る
      9:50 和泉公民館・・・・休憩
      10:10 道の駅福光・・・・・・・・休憩 10分
         27号線に出た後、なが~い登り
      11:00 法林寺温泉
      11:15 医王トンネルを通ります
      11:40 ぬく森の郷にゴール
         温泉を楽しむ
      13:00 ぬく森の郷のバスで福野駅へ

  6.写真&コメント
       雪が降るJR福野駅
e0153040_15361487.jpg
       駅舎内でミーティング
e0153040_15364633.jpg
       駅前をスタート
e0153040_15373297.jpg
       院林集落で見つけた盆栽のようなケヤキの樹景
e0153040_15383128.jpg
       スリップで田圃に突っ込んだ車
       名古屋ナンバーで女性が4人、レッカー車を待っていた。
       雪道のブレーキ―操作の不慣れ?
e0153040_15405329.jpg
       山田川の桜並木も雪化粧
e0153040_15413037.jpg
       三ツ屋交差点から道の駅までのルート
e0153040_15580236.jpg
       三ツ屋交差点を右折し南進する
e0153040_15424118.jpg
       小矢部川に架かる遊泉橋から上流を見る
e0153040_15432133.jpg
       和泉公民館で小休憩
e0153040_15442680.jpg
       道の駅・福光に立ち寄り2回目の休憩
e0153040_15451084.jpg
       道の駅からぬく森の郷までのルート
e0153040_16001349.jpg
       道の駅を再スタート
e0153040_15460388.jpg
       光徳寺前を通る
e0153040_15463636.jpg
       R27号線に出て長~い登りが始まるが、途中のため池
e0153040_15482526.jpg
       法林寺温泉もひっそりとしていた
e0153040_15492906.jpg
       さらに登り坂がきつくなる
e0153040_15500061.jpg
       医王トンネルに入る
e0153040_15503000.jpg
       920mのトンネルを抜ける
e0153040_15512054.jpg
       トンネルを出たところで全員が揃うまで待つ
e0153040_15521461.jpg
       交通量も多いので隊列をつくり歩く
e0153040_15532140.jpg
       やがて「ぬく森の郷」が見えてくる
e0153040_15540154.jpg
       雪の「ぬく森の郷」にゴール
e0153040_15544125.jpg
       露天風呂は寒かったが、雪景色を楽しみながら温まる
e0153040_15560597.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は、3月2日(土)富山湾編のショートコースで「富山新港一周ウォーキング」です。






by pckuri | 2019-01-27 16:00 | 里山編 | Comments(0)
2018年 12月 30日
地鉄浦山駅~音沢公園~宇奈月温泉
 ウォーキング冒険塾の今年の歩き納は、雪中行軍となった。
12月29日の朝、昨夜から降った降雪が15~20㎝位積もっていたので、宇奈月方面は大雪だろうと思い、長靴を履いて家を出た。小杉駅で電車に乗り黒部駅に向かったが、呉羽山を越して富山に入ると積雪は意外に少ない。
水橋を過ぎ滑川に来ると殆んど積雪がなく家の屋根が白くなっている程度だ。
電鉄黒部駅で地鉄電車に乗り換えてスタート地点の浦山駅で降りる。暖房の効いた電車から下車したので浦山は身震いするくらい寒い。(気温は1度)しかし、駅前の積雪は約5㎝とやはり少ない。

 ミーティングもそこそこに、予定より5分早くスタートする。歩き始めて30分、下立の交差点に差し掛かる頃から雪は本降りとなった。予定では交差点を左に折れ、愛本橋を渡り黒部川右岸を歩くことにしていたが、そのまま直進して愛本トンネルを通り、R13号線を南下する。さすがに内山地内まで来ると積雪も多くなってくる。
圧雪した路面を滑らないよう注意しながら歩き、音沢大橋を渡り黒部川右岸にでて、音沢公園に立ち寄りトイレ休憩をとる。
ここから緩い登り坂となり、幾つかのスノーシェイド内を歩くが、雪はますます強く降り時々、激しい西寄りの風雪に傘を飛ばされそうになる。
やがてR13号線は下り坂となり、宇奈月ダムへ行くトンネルの手前で右折し、想影橋を渡り温泉街をしばらく歩くとゴール地点の「総湯」に着いた。
ゴール後、「総湯」でゆっくり温泉に浸かったあと帰る予定で着替えも持参していたが、風雪が強くなり帰りの電車が心配になり解散後、即、特急電車で帰路についた。

  1.今日の1枚:想影橋から
e0153040_09423730.jpg
  2.参加者:17名
  3.歩いた距離・時間:10km 2時間
  4.ウォーキングルート
      音沢公園を過ぎたスノーシェイド内でGPS誤動作する。
e0153040_09445798.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_10152184.jpg
  6.実績行程
    9:45 浦山駅前 スタート
         地鉄沿線沿いの旧道を通り、下立交差点に着く
   10:25 愛本橋に行かず愛本トンネルを通る
         R13号線を南下
   10:50 音沢大橋を渡り、黒部川右岸へ
   11:00 音沢公園(音沢交流センター)・・・・トイレ休憩
         緩い登り坂
   11:35 想影橋
   11:45 宇奈月温泉「総湯」 ゴール

  7.写真&コメント
       スタート地点の地鉄浦山駅
e0153040_09481296.jpg
       予定より5分早くスタート 9:45
e0153040_09491283.jpg
       消雪の効いた旧道を下立に向かって歩く。
e0153040_09500942.jpg
       下立交差点を直進して愛本トンネルへ。
       左へ行くと愛本橋。
e0153040_09511059.jpg
       愛本トンネルから音沢公園までのルート
e0153040_10141744.jpg
       愛本から内山地内へR13号線を南下。
       ここまで来ると積雪も多い。
e0153040_09531366.jpg
       音沢大橋を渡り黒部川右岸へ。
e0153040_09535924.jpg
       音沢集落内へ入らず、R13号線の緩い登りを歩く。
e0153040_09551695.jpg
       音沢公園内にできた音沢交流センターで休憩。
e0153040_09563310.jpg
       休憩後、再スタート
e0153040_09581597.jpg
       ここから長~い登り坂が続く。
e0153040_09590197.jpg
       風雪が強くなってくる。
e0153040_10000990.jpg
       幾つかのスノーシェイドを通過し、下ったところに宇奈月ダム方面行きのトンネルがある。
       ここで右折する。
e0153040_10025621.jpg
       想影橋から黒部川上流部を見る。
       温泉街が煙って見える。
e0153040_10041082.jpg
       温泉街を暫く行くと「総湯」に着く。
e0153040_10045665.jpg
       解散後、宇奈月温泉駅へ。
       年末の土曜日なのに観光客は少なく、閑散としていた。
e0153040_10060783.jpg

       雪のなかお疲れさまでした。
       ゴール前の吹雪で帰りの電車が心配になり、予定していた温泉に入らず特急電車に
       乗ったが、しばらくすると雪は小降りになる。
       ちょっと、後悔の念に苛まれる。

       年明けの初歩きは3日「イタチ川源流~松川合流点」です。
      





by pckuri | 2018-12-30 10:16 | 里山編 | Comments(4)
2018年 12月 24日
上市駅前~滑川運動公園~滑川駅
 12月24日(土)里山編で、上市駅から滑川運動公園経由で滑川駅までのショートコースを歩いた。
天候が雨模様だったのと、先週の土曜日に続く日程だったため、さすがに今日の参加者は40名を越えることはなかった。
スタート地点の上市駅前は気温が2度と寒く、冷たい雨が降っていた。

 今回のコースはショートコースだったので交通量の多いR61号線を避け、上市川左岸堤防を歩くルートに一部変更したものの、堤防はすぐに歩ける状態でなくなり、再びR61号線に戻った。
歩き始めて30分くらいで降っていた雨は止み、西の空は青空が広がり上市川を渡り滑川運動公園に着く頃には、暖かい日も差し始める。
 公園でトイレ休憩後、新幹線高架沿いにしばらく歩き、道なりにR8号線バイパスに出て「プラント3」に立ち寄る。その後は滑川の街を斜めに進み、行田公園を横断するルートで地鉄滑川駅にゴールした。

  1.参加者:32名
  2.歩いた距離・時間:10km 1時間55分
  3.ウォーキングルート
e0153040_19113558.jpg
  4.歩いたペース&標高差
e0153040_19121160.jpg
  5.実績行程
    9:10 上市駅前 スタート
         上市川左岸に出るが途中でR61号線にでる
    9:40 高速道路高架下
   10:05 上市川を渡り滑川運動公園・・・・・トイレ休憩
         北陸新幹線高架沿いに歩く
   10:30 R8号線バイパスに出て「プラント3」・・・・休憩
         R135号線のツタヤ明文堂で右折し行田公園
   11:05 地鉄滑川駅 ゴール

  6.写真&コメント
       上市駅(JAアルプス)をスタートする頃は冷たい雨が降っていた。
e0153040_19142529.jpg
      森尻地内に来る頃には雨は上がる。
e0153040_19163471.jpg
      上市川に出た後、滑川運動公園までのルート 
e0153040_19220444.jpg
      上市川に出て地鉄電車の踏切を渡ると滑川市に入る。
e0153040_19170981.jpg
       上市川に架かる「こうかんはし」を渡る。
e0153040_19200385.jpg
       橋上から上市川上流を見る。
e0153040_19210942.jpg
       橋を渡り右岸堤防から滑川運動公園に入る。
e0153040_19233554.jpg
       本丸球場前でトイレ休憩。
e0153040_19241206.jpg
       R8号線バイパスに出る。
e0153040_19244983.jpg
       「プラント3」付近のR8号線の信号で。
e0153040_19255599.jpg
       「プラント3」に立ち寄り、トイレ休憩。
e0153040_19263557.jpg
       「プラント3」から滑川駅までのルート。
e0153040_19271766.jpg
       旧8号線を横断歩道橋で渡る。
e0153040_19282099.jpg
       「柳原仕入」交差点を左折すれば滑川駅はすぐそこに。
        雨がまた降ってきた。
e0153040_19283879.jpg
       地鉄滑川駅にゴール。
       
e0153040_19291657.jpg
       お疲れさまでした。
       今日は歩いた距離が短かったので皆さん、物足りない様子でした。
       次回は29日(土)「地鉄浦山駅~宇奈月温泉」です。
       今年の歩き納めとなりますが、年末寒波が襲来との予報があり、心配です。






by pckuri | 2018-12-24 19:35 | 里山編 | Comments(2)
2018年 11月 26日
庄川水記念公園~和田川共同水路~庄東センター
 11月24日(土)里山編の第5回として「庄川水記念公園~和田川共同水路~庄東センター」を歩いてきました。
気温は7度と寒い日となったが、青空が広がるいい天気。しかも、初めての新コースだったこともあり、スタート地点の庄川水記念公園には大勢の塾生が集まった。
 約80年前に作られた庄川合口ダム堰堤を渡り庄川右岸に出た後、合口ダムの取水口からとうとうと流れる和田川共同水路沿いに北進する。
雄神地内で一旦、県道新湊庄川線に出た後、三谷集落を抜け再び共同水路の開渠に沿って歩く。途中、ゲートのある分水場を過ぎたところで水路から外れ、福山集落への緩い登り坂を経て「砺波青少年自然の家」に着く。
 軽いランチタイムの後、「県立砺波学園」や「となみ東支援学校」の間を抜け再び和田川共同水路にでる。
水路を300mくらい遡行し、農道を屈折しながら安川地内にある砺波市社会福祉庄東センターにゴールした。


和田川共同水路について
 富山県と庄川用水連合と関西電力の三者が、和田川総合開発計画に基いて建設した水路で、
庄川合口ダムから、内径5.8mのトンネルで導水した水は、1.2km下流の雄神発電所で発電し、水は再び庄川本流と和田川共同水路へと戻されて、庄東第一発電所を経て和田川ダムへ、さらに庄東第二発電所や、遠く射水平野の乾田化農業補給用水として利用されている。

  1.今日の1枚:和田川共同水路沿いに歩く
e0153040_08285397.jpg
  2.参加者:36名
  3.歩いた距離・時間:11km 2時間20分(休憩含む)
  4.ウォーキングルート(ランキーパーアプリによる実績ルート)
e0153040_08314538.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_08321734.jpg
  6.実績行程
       9:55 庄川水記念公園 スタート
            合口ダム堰堤を渡り庄川右岸へ
      10:15 雄神発電所
            「鮎や」を経て共同水路へ
      10:50 一旦、県道(新湊~庄川線)に出る
            雄神集落や三谷集落内を通る
      11:00 再度、共同水路に出る
      11:05 ゲートのある分水場(西側下に安川発電所が見える)
            水路から外れて茶ノ木集落へ登る
      11:30 砺波青少年自然の家・・・・・ランチタイム 20分
      11:45 再スタート
            三合地内で再度、水路に出る
      12:15 砺波市社会福祉庄東センター ゴール

  7.写真&コメント
       庄川水記念公園でスタート前のミーティング
e0153040_08421376.jpg
       合口ダム堰堤を渡り庄川右岸へ
e0153040_08430351.jpg
       右岸側に共同水路の取水口がある
e0153040_08433706.jpg
       スタートから雄神大橋へのルート
e0153040_08440797.jpg
       取水口から内径5.8mの導水管で開渠に導く(毎秒90㎥)
e0153040_08450579.jpg
       共同水路沿いに歩く
e0153040_08470563.jpg
       関西電力雄神発電所で発電した後、一部は庄川本流へ、残る70㎥/秒は共同水路へ。
e0153040_08485079.jpg
       幅7.8mの開渠をとうとうと流れる水路
e0153040_08510495.jpg
       
e0153040_08531238.jpg
       雄神地内で一旦、県道に出る
e0153040_08540428.jpg
       県道に出た後、三谷集落内を抜けるルート
e0153040_10455996.jpg
       雄神集落内の西連寺のイチョウ
e0153040_08552248.jpg
       三谷集落を抜けると再び共同水路に出る
e0153040_08560787.jpg
      ゲートがある安川分水場
e0153040_08564816.jpg
       分水場から300m位のところで水路と別れ右折
e0153040_08581593.jpg
       水路から外れて「砺波青少年自然の家」経由でゴールまでのルート
e0153040_10484473.jpg
       茶ノ木集落への登り坂
e0153040_08590368.jpg
       集落内から南方向に砺波ロイヤルホテルが見える
e0153040_08595574.jpg
       神明社を過ぎたらすぐ右折
e0153040_09003729.jpg
       「砺波青少年自然の家」のキャンプ場に入る
e0153040_09025577.jpg
    
e0153040_09032061.jpg
       キャンプ場を抜けると「青少年自然の家」に出る
e0153040_10241731.jpg
       ここで約15分間のランチタイムをとる
e0153040_10251861.jpg
       東側には紅葉越しに剣岳が霞んで見えた
e0153040_10261719.jpg
       「青少年自然の家」を再スタートし、「砺波学園」で左折し、支援学校方面へ
e0153040_10272850.jpg
       再び和田川共同水路に出る
e0153040_10282466.jpg
       この後、農道を屈曲しながら西に進み、砺波市社会福祉庄東センターにゴールする
e0153040_10294293.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は「富山県の湖沼編」で、今回のルートの続きを歩きます。
       和田川ダムから増山城址へ登ります。

       帰路、次回のルートで気になる個所を下見する。
       「砺波向山健民公園」のグランドから段丘を斜めに上るルートですが、予想していた通り、
       雑草が生え茂っており雨の場合は避けた方がいいかも。
e0153040_10445259.jpg
e0153040_10450890.jpg







by pckuri | 2018-11-26 10:50 | 里山編 | Comments(0)
2018年 10月 09日
夢の平(コスモス)~庄川水記念公園
 コスモスはやっぱり青空が似合いますね。
「夢の平コスモスウオッチング」に合わせ毎年、夢の平から庄川水記念公園までウォーキングをしている。
10月8日(祝)は青空が広がり、一気に開いたコスモスが夢の平をピンク色に染めていた。
7分咲きぐらいと思われるが、今が一番の見頃であろう。

 この日、ゴール地点の庄川水記念公園に駐車し、無料のシャトルバスで夢の平へ。
今日は祝日とあって色んなイベントが用意されているようで、ゲレンデ広場の特産品売り場や軽食コーナーは賑わっていた。
予定より少し早くスタートし、コスモスの間を縫うように鉢伏山山頂へ登り始めた。
途中、傾斜の強いところもあり、息を切らして標高差約200mを一気に登った。
登る途中に振り返ると、新湊大橋や富山湾もすっきり見え魚津方面まで眺望できた。これだけ広範囲に眺望できる日はめったになく、それだけ今日は空気が澄んでいるのだろう。
山頂の展望台からも砺波平野や医王山がすっきりと見え、しばらく眺望を楽しんだ後、庄川水記念公園までの長~い下り坂を早い足取りで下った。
途中、鉢伏の不動明王や隠尾八幡宮に立ち寄り、庄川右岸に出た後、庄川合口ダム堰堤を渡ってゴールした。

  1.今日の一枚
e0153040_10521240.jpg
  2.参加者:36名
  3.歩いた距離・時間:9km 2時間00分
  4.ウォーキングルート
e0153040_10540960.jpg
      標高差
  
e0153040_11205700.jpg
  5.実績行程
    9:40 庄川水記念公園からシャトルバスに乗る
    9:55 夢の平コスモス会場
         コスモス畑散策&屋台で飲食
   10:30 スタート
   11:00 鉢伏山山頂・・・・5分休憩
         庄川方面へ下山開始
   11:40 隠尾八幡宮
   12:20 庄川右岸に着く
         庄川合口堰堤
   12:30 水記念公園にゴール
         解散

  6.写真&コメント
      庄川水記念公園からシャトルバスで夢の平へ
      無料シャトルバスの発車時間
e0153040_10594493.jpg
      夢の平でコスモスウオッチング。
e0153040_11004731.jpg
      スタート前のミーティング。
e0153040_11012508.jpg
      鉢伏山山頂へのルート。
e0153040_11021533.jpg
      写真ではすっきり写ってないが、富山湾まできれいに見えた。
e0153040_11045250.jpg
      急な斜面を登る。
e0153040_11052858.jpg
      コスモス畑が過ぎた辺りでこんな花が咲いていた。
      名前は知らないが辺り一面に植栽されていた。
e0153040_11070161.jpg
      芝桜も広く植え付けられている。
e0153040_11073886.jpg
      頂上近くの急斜面。
e0153040_11080805.jpg
      リフトの山頂駅でスタッフがVサイン。
e0153040_11085856.jpg
      リフトで山頂へ来る人も多い。
e0153040_11094911.jpg
      山頂で一休み。
e0153040_11102285.jpg
      山頂から砺波平野を眺望。
e0153040_11105846.jpg
      山頂付近の実績ルート。
e0153040_11114759.jpg
      不動明王への道。
e0153040_11124000.jpg
      隠尾八幡宮に着く。
e0153040_11134509.jpg
      
e0153040_11140644.jpg
e0153040_11155626.jpg
      境内には樹齢400~500年の大杉3本が連なっている。(樹高:32m)
e0153040_11172098.jpg
      八幡宮前で一休み。
e0153040_11175944.jpg
      下山途中の展望台。
      駆逐していて展望も悪い。
e0153040_11192018.jpg
      展望台からゴール付近のルート。
e0153040_11195940.jpg
      庄川本流や砺波平野が眼下に見えてくる。
e0153040_11223532.jpg
      合口ダムまで庄川右岸を歩く。
e0153040_11234816.jpg
      合口ダム堰堤を渡り対岸へ。
      堰堤からダム湖を見る。そろそろ紅葉が始まっている。
e0153040_11250036.jpg
      庄川水記念公園にゴールする。
      お疲れさまでした。
      ゴール後、11月に予定している里山編のコース下見をして帰る。(和田川共同水路)
      次回は13日(土)有峰湖畔ウォーキングです。
      紅葉がどこまで進んでいるか?楽しみです。







by pckuri | 2018-10-09 11:28 | 里山編 | Comments(0)
2018年 01月 28日
上市駅前~加積地内~滑川駅
 1月27日(土)「里山編」で上市駅前から滑川駅まで歩いてきました。
今回のコースは、「上市駅から魚津満天の湯」までのロングコースを冬期間の雪中行軍を予想し、距離を短くし初めてのルートでした。

 今朝は気温が-3度まで下がり、日中も1度までしか上がらず寒中ウォーキングとなったが、一昨日のような吹雪にはならなかったので予定のコースを計画通り歩くことができた。
ただし、R8号線の歩道は除雪されたなかったので、休憩場所に設定していた「プラント3」へは大きく迂回することになった。

 上市川を越えて滑川市に入った頃から圧雪された路面は滑りやすくなり、行田公園付近では転倒して尻もちをつた人が5~6人もいた。幸い、ケガをした人はいなかったのでよかった。自分は尻もちまでつかなかったが、滑った拍子に大きく開脚し内股の筋が伸びて暫くは痛みを感じたが、帰路に入浴してゆっくり解したので大事には至らなかった。

 こんな日は、靴にスパイクを着けるのが一番ですね。

  1.参加者:15人
  2.歩いた距離・時間:10km 2時間
  3.ウォーキング実績ルート
e0153040_16360806.jpg
  4.歩いたペース&標高差
e0153040_17570004.jpg
  5.実績行程
     9:20 上市駅前 スタート 
       45 森尻地内を通り、高速道路高架下
    10:05 上市川を渡る
          加積地内を通る
    10:35 プラント3・・・・・・トイレ休憩
          R135号線のツタヤ明文堂で右折
    11:00 行田公園を横断
    11:20 滑川駅南口 ゴール

  6.写真&コメント
     スタート地点の上市駅
 
e0153040_16425742.jpg
     駅ビル内でスタート前のミーティング
     
e0153040_16434000.jpg
      駅前から三日市地内を北へ
e0153040_16455406.jpg
      森尻地内のR61号線を北へ
      道路は消雪されて歩きやすかった。
e0153040_16490990.jpg
     高速道路高架が見えてくる。
e0153040_16505367.jpg
     高速道路高架をくぐった後、消雪装置がなく路側部を歩くが、ホワイトアウト状態。
e0153040_16513998.jpg
     上市川に出て地鉄線路を過ぎると滑川市に入り、橋を渡って中加積地内に入る。
e0153040_16541582.jpg
     橋上から上市川上流部を見る。
     鉄橋は地鉄本線。
e0153040_16563910.jpg
     ここの集落は特に積雪が多いようだ。
e0153040_16585091.jpg
      生垣が氷結し、まるでアート作品を見ているようだ。
e0153040_17010736.jpg
      さらにコンクリート塀も!
e0153040_17384944.jpg
       この後、上梅沢地内を通りR8バイパスの地下道を潜る。
e0153040_17420483.jpg
e0153040_17422627.jpg
      R8号線に出て歩道を歩こうとしたが除雪されてなく、「プラント3」まで大周りに迂回する。
e0153040_17461066.jpg
      「プラント3」の側道を通る。
e0153040_17473232.jpg
      「プラント3」正面から店舗に入り、休憩する。
e0153040_17483339.jpg
      その後、滑川駅までのルート。
e0153040_17490755.jpg
      上小泉地内の陸橋を渡る。
e0153040_17515960.jpg
      行田公園を横切る。
e0153040_17524157.jpg
      滑川駅南口へ。「ハローワーク滑川」の前を通る。
e0153040_17544025.jpg
      滑川駅南口にゴール。
e0153040_17555547.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は2月3日(土)「富山湾編」の特別編で黒部川扇状地の湧水群を散策します。







by pckuri | 2018-01-28 18:01 | 里山編 | Comments(4)
2014年 10月 12日
氷見市脇~大境~JR氷見駅
 今年も富山湾編が始まった。
10月11日(土)ウオーキング冒険塾で毎年歩いている定例のコース「富山湾丸ごとウオーキング」の第1回目があった。
ウオーキング冒険塾は今年が20周年、ということは「富山湾編」も、なんと20回も歩いていることになる。
振り返ってみると、20年間歩いているうちに富山湾にはいろんな変化があった。新湊大橋が完成したのをはじめ、氷見市の番屋街(埋立地)、入善町の芦崎海岸など大きく変わった。
また、歩く時期が秋口から来春にかけてなので、吹雪のなかを歩いたり時には雷鳴が轟き横殴りの風雨のなかを歩いたりもした。その半面、昨日のような秋晴れのなかを歩くと、雪化粧した立山連峰を海越しに見ながら快適なウオーキングを楽しむこともできた。
これからもウオーキング冒険塾が続く限り、いろんな思い出をつくりながら富山湾を歩き続けたいと思っている。

 昨日は私用で参加できなかったので、飯野さん情報をもとに様子を投稿しました。
高岡駅前から氷見市脇へのバスに乗車したのは7名、氷見市駅前周辺から18名、スタート地点の脇で2名が集まり、予定通りスタートし、秋晴れの下、快調に歩き阿尾城跡にも立ち寄り富山湾の眺望を楽しまれたようです。
番屋街の緑地公園で一旦解散したあと、JR氷見駅に向かったそうです。

  1.参加者:29名(途中参加2名)
  2.歩いた距離・時間:17km(番屋街まで15km)・ゴール地点の番屋街までは3時間
  3.ウオーキングルート図
e0153040_09493759.jpg

  4.写真(昨年、撮影したもの)

    県境で石川県と富山県の境界柱が仲良く並んで設置されている
e0153040_09500831.jpg
    虻が島がこんな風に見えたでしょうか?
e0153040_09510710.jpg
    小境海水浴場はブルーで白い砂浜とのコントラストは美しい!
e0153040_09530868.jpg
    阿尾城跡からの眺望 遠くに二上山が見える
e0153040_09534561.jpg
    大境海岸から虻が島を見る
e0153040_09571461.jpg
    お疲れさまでした。
    明日は「夢の平~庄川水記念公園」です。
    台風19号が心配ですが、大荒れにならないうちにゴールしたいですね。





by pckuri | 2014-10-12 10:00 | 里山編 | Comments(0)