人気ブログランキング |
カテゴリ:富山県の湖沼編( 28 )

2019年 03月 10日
島尾駅~国泰寺~与茂九郎池~伏木駅
 3月9日(土)、「富山県の湖沼編」の24回目で「島尾駅~国泰寺~雨晴~伏木駅」を歩いた。
今回のコースは二つの中部北陸自然歩道を跨ぐ形で歩くルートで、一つ目は島尾駅が起点の「朝日山と光久寺を訪ねるみち」で二つ目は「二上万葉の歴史を偲ぶみち」で、見どころは多い。
湖沼編で選んだ与茂九郎池のほか、臨済宗国泰寺の広い境内や雨晴海岸から立山の眺望などの見どころのほか、適度なアップダウンの道も楽しめた。

 前半は予定通りの行程で歩けたが、高岡自然休養村への登りや与茂九郎池への下りのルートで、10分程度のロスがあり、伏木駅へのゴール時間が遅れ高岡行き電車に間に合わないと予想して、電車組は雨晴海岸から直接、国分駅へ向かうことにした。
他のグループは予定通り、伏木高校から万葉歴史館経由で伏木駅に向かったが、電車が発車した時間より5分遅れのゴールとなった。

 「富山県の湖沼編」は、これまで24か所の湖沼を訪ねてきたが、今回を最後に「湖沼編」は終了することとなった。
富山県には他にも多くの湖沼があるが、公共交通でアクセスできるところを条件にコースづくりをしているのでやむを得ないところだ。
なので、個人やグループでマイカーなどを利用して奥深い山里の湖沼を訪ねてほしいものだ。

  1.今日の一枚
e0153040_12124640.jpg
  2.参加者:51名
  3.歩いた距離・時間:12km 2時間55分
  4.ウォーキングコース
e0153040_12141464.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_12150611.jpg
  6.実績行程
      9:15 島尾駅前 スタート
           R415号線横断
      9:30 氷見市立宮田小学校左折
      9:35 乱橋池(トンボの池)
      9:50 国泰寺・・・・・・休憩
           境内を歩いて北に抜ける
     10:15 高岡自然休養村(アッパレハウス跡)
     10:25 与茂九郎池への分岐
     10:40 与茂九郎池
           武田家の前を通る
     11:00 雨晴海岸に出る・・・・トイレ休憩
           道の駅・雨晴は通過
     11:30 もみじ姫公園
           伏木高校裏側に登る
     11:50 万葉歴史館・・・・・・トイレ休憩
     12:10 伏木駅 ゴール

  7.写真&コメント
        スタート地点の島尾駅前は雲一つない青空、しゃれた駅舎の前に大勢の参加者が集まった。
e0153040_12523132.jpg
       午前9時15分にスタート。狭い駅前道路を南へ進み、R415号線を横断してさらに南へまっすぐ延びる
       R299号線を歩く。この道は島尾駅を起点とする中部北陸自然歩道で、藤波神社を経て光久寺方面へ
       行く道だ。
e0153040_12535096.jpg

      宮田小学校を過ぎてすぐ左折し、300mほど歩くとトンボの生息地と知られる乱橋池がある。
e0153040_12545082.jpg
e0153040_12551427.jpg
           池沿いの遊歩道を歩き、一旦、農道に出てR296号線に出る.
 
e0153040_12572690.jpg
e0153040_12574979.jpg
      国泰寺総門へ。
e0153040_13005604.jpg
      総門から入り、お寺の了承得てから広い境内を先週、下見したルートを歩いて利生塔(三重塔)に登る。
      国泰寺境内を歩いたルート。
e0153040_13143409.jpg
      山門から池を渡り境内に入る。
e0153040_13025493.jpg
      石庭「月泉庭」は昭和中期に作られたもので、作庭は京都の造園家・小川寿一氏
      これだけ大きな石を使った庭は日本でもトップクラスとか。
e0153040_13032307.jpg
      三重塔(利生塔)へ登る。
e0153040_13075886.jpg
e0153040_13081286.jpg
      さらに奥には天皇殿がある。
e0153040_13122631.jpg
      三重塔を後に裏口に抜ける。
e0153040_13133668.jpg
      高岡自然休養村から与茂九郎池へのルート
e0153040_13155617.jpg
      自然休養村への登り
e0153040_13171207.jpg
      途中、開けたところから島尾~氷見方面の眺望。
e0153040_13183708.jpg
      手入れが行き届いた竹林。
e0153040_13193207.jpg
      大師が岳への分岐で休憩。
e0153040_13201865.jpg
      自然歩道を大師が岳方面へ進む。
e0153040_13210919.jpg
      与茂九郎池への下り。
e0153040_13215117.jpg
      駆逐し倒れてしまった標識。
e0153040_13224042.jpg
      道も荒れ放題。
e0153040_13231000.jpg
      与茂九郎池に出る。
      与茂九郎池は大師ヶ岳からの水の流れをせき止めた溜池で、池は大小五つあり太田地区の田畑を潤しています。
e0153040_13235165.jpg
      堰堤を下る。
e0153040_13260073.jpg
      武田家に立ち寄る。
e0153040_13263822.jpg
      雨晴海岸に出る。
    
e0153040_13274529.jpg
      海岸線を歩く。
e0153040_13282929.jpg
      展望歩道からの立山連峰。
e0153040_13302432.jpg
e0153040_13310094.jpg
      ここで電車組と別れ、もみじ姫公園へ。
e0153040_13320129.jpg
      ヤスモトアンチックサロン前を通る。
e0153040_13331789.jpg
      国分から伏木駅へのルート。
e0153040_13335431.jpg
      万葉歴史館前で最後の休憩。
e0153040_13343979.jpg
      工事中の勝興寺前を通る。
e0153040_13353965.jpg
      伏木駅にゴール。
e0153040_13361449.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は16日(土)富山湾編の最終回で「氷見駅~ 灘浦海岸~脇(石川県境)」です。
      マリンタッチで一泊します。


        



by pckuri | 2019-03-10 13:40 | 富山県の湖沼編 | Comments(0)
2019年 03月 03日
島尾駅~国泰寺~与茂九郎池~伏木駅(下見)
 3月2日(土)都合で「電鉄黒部駅~宇奈月麦酒館~明日温泉」は参加できなかったが、午後から次週に予定している「湖沼編」の最終回コース「島尾駅前~国泰寺~与茂九郎池~伏木駅」の下見をしてくる。
ルート全体は把握しているが、国泰寺境内を抜けるルートや高岡市自然休養村から与茂九郎池に通じるルートなどを主体にし歩いてきた。
  
 1.ウォーキングルート
e0153040_09354589.jpg
  2.下見で分かったこと
   <島尾駅>
    ① スタート地点の島尾駅前には駐車場がない。
      マイカーでの参加者は、ゴールの伏木駅前に駐車し電車で島尾に来てほしい。
    ② トイレは一人用しかない。

   <乱橋池>
    ③ 氷見市立宮田小学校から国泰寺へ行く際に立ち寄る「乱橋池」は氷見の野池群のひとつで「トンボの池」
     と言われており、立派な駐車場とトンボハウスというゲストハウスもあるが、ここにもトイレがない。
e0153040_09470141.jpg
    <国泰寺周辺>
     ④ 乱橋池から国泰寺までのルートは細い農道をあるき、R296号線にでて西田地区に入る。
     ⑤ 国泰寺は総門から境内に入り仁王門~法堂~利生塔~北側の山道に抜ける。
       当日は受付で大勢の参加者が境内へ抜けることを了解を得る。
       境内に、小さいトイレがある。

       総門から境内へ
e0153040_09543458.jpg
      立派な仁王門
e0153040_09553417.jpg
     月泉庭(石庭)は素晴らしい!
e0153040_09570370.jpg
     本堂の横から利生塔に登る。
e0153040_09585867.jpg
     利生塔から北へ進み、裏門に出る。
e0153040_10001534.jpg
    <中部北陸自然歩道>
      ⑥ 国泰寺から一旦、R296号線に出たあと「特養ホーム雨晴苑」で右折し、高岡自然休養村に登る。
       登り坂は結構きつい。
      ⑦ 休養村(あっぱれハウス)は廃止されて施設は取り壊されてない。
      ⑧ 標識に従い、大師ケ岳方面に進む。(左側)
e0153040_10084178.jpg
      ⑨ 200m位歩くと与茂九郎池方面への標識がある。(左折)
e0153040_10103314.jpg
      ⑩ 広場に出たあと、与茂九郎池へ下る。
       例年なら残雪がある場合があるが、今年は全くなし。
e0153040_10243352.jpg
      ⑪ 与茂九郎池に出る。
e0153040_10125976.jpg
      ⑫ 堰堤を下る。
e0153040_10133532.jpg
      ⑬ 武田家の前を通る。
e0153040_10142707.jpg
      この後、桜谷古墳群の前を通り、「道の駅・雨晴」に進むが、何度も通る道なので、下見はここで終了。
      今回のコースは初めてのルートだが、見どころも多く、適度にアップダウンもあり楽しめそうだ。


      

  


by pckuri | 2019-03-03 10:25 | 富山県の湖沼編 | Comments(0)
2019年 02月 17日
福岡家族旅行村(山ぼうし)~五位ダム~福岡駅
 2月16日(土)、富山の湖沼編の23回目で「福岡家族旅行村・山ぼうし~五位ダム~福岡駅」を歩いた。
今回はスタート地点の「山ぼうし」まで市営バスに乗るため福岡駅前のバス停に集合したが、雨にもかかわらず予想以上の参加者で一時、全員が乗れるか心配したが、全員が乗れてほっとする。(事前にバスセンターには30人程度と連絡を入れておいた)

 スタート地点の家族旅行村は標高が200mを超えるため、さすがに残雪が所々に見受けられた。
山ぼうし前をスタートし、雨で煙った里山を背景に静まり返った湖面を見ながら五位ダム堰堤を渡り、花尾カントリー淵を下ってR75号線に出る。
ここから緩い上りが続き、花尾カントリー入口手前の三叉路を右折して栃丘集落に入ったあとは、長~い下り坂が西明寺三叉路まで続く。
交差点わきで休憩した後、小矢部川に架かる向田橋を渡り高岡市福岡庁舎(Uホール)に立ち寄りゴールの福岡駅に向かった。
なお、先頭グループから400m位遅れた最後尾グループは、向田橋の一つ下流に架かる土田橋を渡り直接、福岡駅に向かった。

 今日は、傘をさすのを迷うくらいの小雨がゴールまで降っていたが、比較的暖かく予定時間通りゴールできた。
今回のコース、終盤までトイレ休憩する場所がなかった点が反省点で、コース設定する際の留意したいところだ。
ゴール後、3月に予定している「高岡やぶなみ駅」周辺を下見して帰路についた。

  1.今日の一枚:五位ダム堰堤を歩く
e0153040_11334824.jpg
  2.参加者:38名
  3.歩いた距離・時間:12.5km 2時間30分
  4.ウォーキングルート
e0153040_11361715.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_11365251.jpg
  6.実績行程
      9:30 山ぼうし前 スタート
         五位ダムの湖面に沿ってR75号線へ
      9:40 子撫川に架かる五位山大橋を渡る
      10:00 五位ダム堰堤
         堰堤を渡り花尾カントリー側へ
      10:20 花尾三叉路 4.5km
      11:00 西明寺三叉路まで長い下り坂 8km
      11:30 福岡公園前を通り小矢部川堤防に出る
         福岡防災センター・・・・トイレ閉鎖中で使えず
      11:40 土屋橋を渡る
         ミュゼ福岡カメラ館前を通る
      12:00 福岡駅にゴール 12.5km
          解散

  7.写真&コメント
       市営バスで福岡家族旅行村へ。
e0153040_11455940.jpg
      「山ぼうし」前でスタート前のミーティング。
e0153040_11465693.jpg
      「山ぼうし」から花尾カントリー方面へのルート。
e0153040_11474762.jpg
      家族村を後に五位ダム方面へ。
e0153040_11481836.jpg
      五位山大橋を渡る。
e0153040_11492544.jpg
      堀切トンネルを出る。
e0153040_11534926.jpg
      五位ダムへの登り坂。
e0153040_11541700.jpg
      ダム堰堤から見る五位ダム湖(氷見市&高岡市の農業用ダム)
e0153040_11562372.jpg
      ダム堰堤から南側の里山
e0153040_11565807.jpg
      ダム堰堤を歩いて左岸へ。
e0153040_11574533.jpg
      ダムから花尾カントリー方面へ下る。
e0153040_11582345.jpg
      花尾カントリー入口手前の三叉路を右折。
e0153040_11590686.jpg
      栃丘集落の下り。
e0153040_11594361.jpg
      西明寺三叉路で休憩。
e0153040_12001325.jpg
      県道に隣接する農道を歩く。
e0153040_12014685.jpg
      西明寺三叉路から福岡駅までのルート。
      緑色は先頭グループの本体、赤色は最後尾グループ。
e0153040_12024339.jpg
      小矢部川に出る。
e0153040_12043553.jpg
      福建設省の福岡防災センター。トイレは閉鎖中で使用できず。
e0153040_12055193.jpg
      土屋橋を渡る。
e0153040_12062344.jpg
      橋上から小矢部川の上流をみる。
e0153040_12065848.jpg
      福岡駅にゴール。
e0153040_12072833.jpg
      解散後、「高岡やぶなみ駅」周辺を下見して帰る。
      おしゃれな駅舎でした。高架橋で南北が繋がっています。
e0153040_12084538.jpg
      お疲れさまでした。
      次回は23日(土)富山湾編で「越の潟~伏木~氷見駅」です。







by pckuri | 2019-02-17 12:11 | 富山県の湖沼編 | Comments(0)
2019年 01月 13日
太閤山ランド~立神池~石畑池~ランド
 去年の今日は60~70㎝の降雪で電車も止まる真冬の気候だったのに、今日(12日)は気温は低かったものの全く雪はなく春が訪れたような天気になった。
今回は「富山の湖沼編」の22回目で、太閤山ランドをスタート&ゴールとして、射水市南部にある「立神池」と「石畑池」を巡るコースを歩いてきた。

 スタート地点の太閤山ランド駐車場には大勢の参加者が次から次と集まった。
天候に恵まれたことや初めてのコースだったことが要因だろう。

 ランドをスタートし、上野集落から小杉ICの高架下を通りR472号線に出て金山小学校前から南下し、食事処「サンキュー」で休憩する。ここまでハイペースで歩いてきたので、身体も温まり汗ばんでくる。
 休憩後は、下条川に架かる鉄橋を渡り、小杉パークゴルフ場横の農道を西に進み、農業用ため池「立神池」に着く。
鏡のような水面の池を縫うように歩き、高岡カントリー東端の山道をさらに南下して市道(舗装道路)に出る。ここから東に向きを変えてアップダウンすると石畑池に着く。
池には30羽ぐらいの白鳥が羽を休めており暫し、優雅に泳ぐ白鳥を見ながら休憩をとる。
 その後、R377号線に出て北上。林寺地内で右折し、浄土寺集落を抜けた後、コストコ射水倉庫店前をとおり高速道路沿いに平野集落に入る。
ここで全員が揃うまで休憩した後、太閤山ランド西口から園内に入りゴール地点に向かった。

  1.今日の一枚:石畑池の白鳥
e0153040_11392575.jpg
  2.参加者:57名
  3.歩いた距離・時間:16km 3時間25分
  4.ウォーキングルート
e0153040_11410221.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_11414673.jpg
  6.実績行程
     9:30 太閤山ランド スタート
          ランド前のR367号線を西へ
          「南太閤山」信号を左折
    10:05 小杉IC高架下
    10:20 金山コミュニティセンター・・・トイレ休憩 
    10:30 食事処・サンキュー・・・・・休憩     
    10:45 立神池
          池に沿って緩い山道を登る
    11:10 舗装道路に出る
    11:30 石畑池に着く・・・・・・・・休憩
    11:45 林寺地内でR377号線を右折
           浄土寺地内を通り小杉ICで右折    
    12:20 コストコ
        北陸道高架を潜り道路沿いに東へ
          ランド西口から園内に入る
    12:50 太閤山ランド ゴール   

  7.写真&コメント
       太閤山ランド駐車場入口でスタート前のミーティング
   
e0153040_11453587.jpg
       スタート&ゴール付近のルート
e0153040_11462914.jpg
      南太閤山から南下する。
e0153040_11474008.jpg
       金山コミュニティセンターでトイレ休憩
e0153040_11482443.jpg
      食事処・サンキューでもトイレ休憩
e0153040_11485676.jpg
      下条川に架かる鉄橋を渡る
e0153040_11493579.jpg
      小杉パークゴルフ場横の農道を西へ
e0153040_11502931.jpg
      立神池への登り
e0153040_11511903.jpg
      鏡のような立神池
e0153040_11520969.jpg
       池の表示板
e0153040_11523921.jpg
       池の堤防から北側に小杉パークゴルフ場の一部が見える
e0153040_11534858.jpg
       二つの池を縫うように歩く
e0153040_11555168.jpg
       池渕から山道を南下
e0153040_11572301.jpg
e0153040_11574524.jpg
       やがて舗装道路に出る
e0153040_11582390.jpg
       立神池~石畑池へのルート
e0153040_11592312.jpg
       石畑池の白鳥
       普段、この時間帯は白鳥は他の場所へ食事に出かけていないことが多いが
       今日はラッキーにも30羽の白鳥が優雅に泳いでいた。
e0153040_12021259.jpg
       池を後に再スタート
e0153040_12025262.jpg
       小杉IC付近からコストコへの登り坂
e0153040_12035892.jpg
       コストコからの下り
e0153040_12043949.jpg
       高速道路高架を潜る
e0153040_12051034.jpg
       高速道路沿いに平野集落へ
e0153040_12060263.jpg
       太閤山ランド西口から園内へ
e0153040_12064289.jpg
       園内を正面入口方面へ歩く
e0153040_12080715.jpg
       スタート地点にゴール
       1km10円募金は今回は150円
e0153040_12090936.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は19日(土)富山湾編の5回目で「岩瀬浜駅~富山新港東口」です。






by pckuri | 2019-01-13 12:11 | 富山県の湖沼編 | Comments(0)
2018年 12月 16日
東滑川駅~角川ダム~みのわ温泉
 12月15日(土)「富山県の湖沼編」の第21回目で、東滑川駅から早月川右岸を遡行し、角川ダムに寄った後、みのわ温泉までの15kmを歩いてきました。
 東滑川駅前は気温が2度と寒く、冷たい西の風が吹くなか早月大橋を渡り右岸河川敷を遡行する。
この頃から雪が降ったり止んだりのあいにくの天気になる。
河川敷に整備された早月緑地を通り、高速道路や新幹線の高架、さらに新川スーパー農道高架下を潜ったあと早月川から離れ、松倉城の支城として造られた舛方城址がある舛方集落に入る。
集落を抜け農道の南端から山越えして鹿熊集落に下りR67号線に出る。途中、石の門砦跡や水尾城跡への登り口があった。
R67号線にでたあと1kmの登り坂を越すと角川ダムに出る。

 今回のコースは、ゴール先のみのわ温泉から滑川駅行きの市営バス発車時間に合わせて行程を組んだが時間的に厳しく、ここまで登りのコースではあったがハイペースで歩いてきた。
その効果もあり、ダムには予定より15分くらい早く着くことができた。みのわ温泉までの残りの距離からバスの発車時間に十分間に合うことを確信し安心する。
 ダム管理事務所前の公衆トイレ前で休憩し再スタート、暗い白倉トンネルを抜け早月川右岸にたあと、養豚場のきつい臭いをかぎつつR67号線をさらに南下、鉢小学校跡を過ぎ豊隆橋を渡り、みのわ温泉にゴールした。
市営バスに参加者が全員乗車できるか の不安もあったが、3台のマイカー組やゆっくり温泉に入って帰る人もいて立ち席での乗車ではあったが余裕をもって帰ることができた。

  1.今日の1枚:角川ダム湖
e0153040_15594851.jpg
  2.参加者:42名
  3.歩いた距離・時間:15km 3時間
  4.ウォーキングルート(GPS実績)
e0153040_16023460.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_16031220.jpg
  6.実績行程
       8:55 東滑川駅 スタート
            早月大橋を渡り早月川右岸へ
       9:30 早月緑地
       9:50 新幹線&高速道路高架下
            新川スーパー農道高架下で早月川から離れ舛方集落へ
      10:20 石の門砦跡
            鹿熊集落へ下りR67号線へ
      11:00 角川ダム
            ダム管理事務所前でトイレ休憩
      11:25 白倉トンネル
      11:55 みのわ温泉 ゴール

  7.写真&コメント
       東滑川駅前に集合 サムッ!
e0153040_16174409.jpg
       早月川に架かる早月大橋を渡る
e0153040_16184980.jpg
       右岸堤防に出て直ぐ河川敷へ
       冷たい雨が降り始める。
e0153040_16195088.jpg
       早月緑地を通る頃から雪に変わる。
e0153040_16211381.jpg
e0153040_16215651.jpg
       新幹線&高速道路高架下を潜る。
e0153040_16232600.jpg
       舛方集落に入る手前に升方城址の案内板がある。
e0153040_16243514.jpg
e0153040_16251648.jpg
       舛方集落の緩い登り。
e0153040_16285681.jpg
       舛方集落から角川ダムへのルート。
e0153040_16361162.jpg
       農道をどんどん登る。
e0153040_16373765.jpg
       農道南端で休憩後、山に入る。
e0153040_16385446.jpg
       登りきった所に「石の門砦跡」がある。
e0153040_16410013.jpg
       石積みが残っている。
e0153040_16414350.jpg
       下り始めた所に「水尾城跡」への登り口があるが、ここで左折。
e0153040_16423569.jpg
       鹿熊集落へ下る。
e0153040_16443449.jpg
       角間集落が見えてくる。
e0153040_16451548.jpg
       角川の流れ(ダムからの自然放流水)
e0153040_16462205.jpg
       R67号線に出たあと1kmほど上ると県営角川ダムに出る。
       高さ58.5mのロックフィルダムで表面には大きな玉石が積まれている。
e0153040_16474954.jpg
       ダム堤防と案内板
e0153040_16503132.jpg
e0153040_16512174.jpg
       ダム管理事務所前でトイレ休憩。
e0153040_16520743.jpg
       ここから対岸に見える「白倉トンネル」へ大きく迂回する。
       右の登り坂は松倉城址への道。
e0153040_16535602.jpg
       角川ダム湖を上流から見る。
e0153040_16554627.jpg
      ダムからみのわ温泉までのルート。

e0153040_17043140.jpg
      暗い白倉トンネルに入る。
e0153040_16562506.jpg
       以前はもっと暗いトンネルだったが、照明器具を変えたようで少し明るくなった。
e0153040_16573723.jpg
       トンネルを抜けると空は明るく、降っていた雪も止んでいた。
       早月川沿いに養豚場の臭いをかぎながら、R377号線を南下する。
e0153040_16592151.jpg
       鉢集落を通る。
       みのわ温泉発の市営バス時間に間に合わないようなら、ここのバス停で乗車するつもりだった。
e0153040_17034443.jpg
       豊隆橋を渡り早月川左岸へ。
e0153040_17072273.jpg
       箕輪頭首工越しに早月川上流部が見える。
e0153040_17083877.jpg
       橋を渡り右折すると「みのわ温泉」にゴール。
e0153040_17095424.jpg
e0153040_17101169.jpg
       滑川駅までお世話になった市営バス。
e0153040_17105936.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は22日(土)富山湾編の4回目で滑川ウェーブパークから岩瀬浜駅までです。 

      






by pckuri | 2018-12-16 17:15 | 富山県の湖沼編 | Comments(2)
2018年 12月 12日
1月の湖沼編のコース下見
 過日、1月に実施する「富山県の湖沼編」で予定しているコースの下見をしてくる。
冬季間に入り、今春御案内の「年間スケジュール」と異なるコースを実施していますが、1月以降も積雪などで当初予定していたコースでは難しいルートもあり、今回も新しいコースに変更予定です。

1月は、射水丘陵の南端にある農業用の「立神池」と「石畑池」を予定しました。
太閤山ランドの駐車場(冬季間は無料)をスタート&ゴールに2つの池を回ってくるルートで、距離は15kmです。
その内、「石畑池」は「田尻池」と同様、白鳥が飛来する池として知られています。
以下、ルートと池の写真をアップしました。

 1.ウォーキングルート図
e0153040_17114062.jpg
  2、池の写真
    ① 立神池は小杉パーク―クゴルフ場の上にあります。
e0153040_17131822.jpg
    ② 石畑池はR377号線を「いこいの村」へ行く道沿いです。
     下見当日は白鳥は見なかったのっですが、地元の人の話では十数羽が飛来しているそうです。
     日中は餌を探しに出かけるようです。
e0153040_17183531.jpg
  3.その他
    立神池から石畑池へのルートは山間の道で除雪されるルートじゃないので、降雪があった場合は
    R377号線を往復するルートに変更することもありです。




by pckuri | 2018-12-12 17:24 | 富山県の湖沼編 | Comments(2)
2018年 12月 02日
砺波総合運動公園~和田川ダム湖~増山城跡
 富山県の湖沼編も今回で20回目を迎えた。
今回は、一級河川庄川水系の和田川に建設された県営和田川ダム湖を訪ね、合わせて越中3大山城の一つ、増山城跡にも登ってきました。
 12月1日(土)、スタート地点の砺波総合運動公園へマイカーを走らせている時から時々強い雨が降り、公園に着いても黒い雨雲が西から次々に流れて冷たい雨が降った。
天気が回復するのを期待しつつ雨具を付け、公園をスタートする。
スタートして5分、庄川左岸堤防にでて砺波大橋に向かう頃には雨は止み、その後は傘をさすことはなく、3週続けてラッキーなウォーキングとなった。

 橋を渡り庄川右岸に出た後、北陸コカ・コーラ―社の前を通り右折して県道新湊庄川線を横断、向山健民公園に向かう。
公園でトイレ休憩の後、予定していた段丘への登りをとりやめて一般道の登り坂を歩き和田川ダムへと下った。
ダム堰堤を渡り増山城跡への登り口で全員が揃ってから、緩い登り坂の七曲りを登り二の丸(主郭)に着く。
増山城の北側には亀山城跡もあるが時間の制約もあり、今回はここで城跡を降りてダム湖にでたあと、上和田緑地キャンプ場へ向かった。
 トイレ休憩を目的に寄ったキャンプ場だったが、冬季間閉鎖中で使えず早々に次の目的地へと足を進めた。
R72号線にでて西に進み宮森信集落に入る手前で左折し、庄東第1発電所に着く。
ここには水路に大きなゲートがあり、下流側に発電所があって発電した後の水は和田川に放水している場所で、前回(先週)歩いた和田川共同水路の最終地点だ。

 この後、共同水路沿いに遡行し、頼成新地内で右折して段丘を下り、砺波野大橋を渡りスタート地点に戻った。
今回のコースは適度なアップダウンがあったり、増山城跡へ登ったりこともあり、歩くペースは遅くなり大幅に行程が遅れてしまった。
砺波駅から市営バスで参加したメンバーには、帰りのバスに間に合うことができずマイカー組に同乗をお願いし助けてもらった。
    
  1.今日の一枚:増山城跡に登る
e0153040_16441923.jpg
  2.参加者:48名
  3.歩いた距離・時間:14km 3時間20分
  4.ウォーキングルート
e0153040_16455506.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_16464157.jpg
  6.実績行程
     10:20 砺波総合運動公園 スタート
           庄川左岸堤防に出て砺波大橋を渡る
     10:40 北陸コカ・コーラ―前
     11:10 向山健民公園・・・・・・・・トイレ休憩
     11:35 和田川ダム
           増山城跡へ登る
     11:50 増山城二の丸
           和田川ダム湖に下る
     12:20 上和田緑地キャンプ場・・・・休憩
     12:50 庄東第1発電所
           和田川共同水路沿いに遡行
     13:25 庄川左岸に出る
     13:30 砺波野大橋を渡る
     13:40 砺波総合運動公園 ゴール

  7.写真&コメント
       スタート前のミーティング
       雨が降り黒い雲が低く垂れこめていた。
e0153040_17012298.jpg
       運動公園から庄川左岸堤防にでる
e0153040_17035836.jpg
       堤防を砺波大橋にむけて歩く
e0153040_17051479.jpg
       大橋を渡り右岸堤防を北へ
e0153040_17060725.jpg
       堤防から降りて北陸コカ・コーラ―前を通る
e0153040_17064843.jpg
       向山健民公園でトイレ休憩
e0153040_17081234.jpg
       休憩後、一般道を登り増山地内へ
e0153040_17094511.jpg
       増山地内の段丘から増山城方面を見る
e0153040_17103733.jpg
       和田川ダム堰堤を渡り増山城登り口へ
e0153040_17131586.jpg
       和田川ダムから増山城跡へ歩いた実績ルート
e0153040_17390161.jpg
       増山城跡登り口
e0153040_17142448.jpg
       七曲りを登る
e0153040_17150787.jpg
       又兵衛清水跡を通る
e0153040_17153151.jpg
       二の丸(主郭)に着く
e0153040_17165110.jpg
       城マニアの春風亭昇太さんの声で説明が聞ける(QRコードをスマホに)
e0153040_17172996.jpg
       西側展望個所から和田川とキャンプ場が見える
e0153040_17200564.jpg
       一の丸から急な下り坂を下る
e0153040_17224360.jpg
       和田川ダム湖に下る(朱色の橋があるが、そこへは行かない)
e0153040_17245024.jpg
       増山城跡からキャンプ場へのルート
e0153040_17401443.jpg
       ダム湖沿いに南へ
e0153040_17255607.jpg
       途中で右折しキャンプ場へ(標識がありわかりやすい)
e0153040_17270630.jpg
       上和田緑地公園キャンプ場に着く
e0153040_17274414.jpg
       キャンプ場炊事場で休憩
e0153040_17283798.jpg
       キャンプ場を後に農道を南へ
e0153040_17292015.jpg
       和田川共同水路に出る
e0153040_17300003.jpg
       水路に大きなゲートが設置され、下に庄東第1発電所がある
e0153040_17310146.jpg
       共同水路沿いに遡行する
e0153040_17320209.jpg
       段丘から五社神社に下る
e0153040_17350694.jpg
       庄川右岸堤防にでて南へ
e0153040_17355079.jpg
       砺波野大橋に着く
e0153040_17362447.jpg
       砺波野大橋を渡る
e0153040_17365490.jpg
       砺波総合運動公園にゴールする
e0153040_17372520.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は12月8日(土)富山湾編の3回目で「黒部駅~滑川駅」です。






by pckuri | 2018-12-02 17:44 | 富山県の湖沼編 | Comments(0)
2018年 11月 04日
桜ケ池クアガーデン~城端ダム~桜ケ池
 11月3日(土)、「富山県の湖沼編」の第19回目で、桜ケ池クアガーデンをスタート&ゴールに城端ダム湖を周回したあと、桜ケ池に戻り時計回りで池を一周してきました。
この日は雲一つない快晴!しかも初めてのコースでもあったためか、大勢の参加者が桜ケ池クアガーデン前に集まった。

 城端ダムは、小矢部川支流・山田川の最上流部にあり、洪水調整、灌漑、流消雪水用ダムで富山県が管理しているダムです。
造られた当初、ダム周辺は幾つかの公園などが整備されていたが、今は荒れ果てて見る影すらなかった。ただ、ダム管理事務所があるダム堰堤付近はきれいに整備されてトイレもあったので助かった。
ダム湖右岸は道路管理者からの情報通り、数か所に崩落があったり落石やぬかるみがあった。
ダム湖周辺の山々は杉の植林が多く、紅葉は今いまいちだったが、それでも山頂部の広葉樹は色づいて、陽射しにあたるところと影が作り出すコントラストは美しかったし、ダム湖の最奥に見える台形の袴腰山が青空に輝いていた。

 城端ダムを周回した後、来た道を戻り、途中からGoogleマップにも表示されてない道を登り、桜ケ池へショートカットする。
桜が池の湖面も鏡のように静かで、のんびりと糸を垂れる釣り人や、時折、周回遊歩道をランニングする人に出会ったりした。
ゴール地点の桜が池クアガーデンには、ルートの一部をショートカットした関係もあり予定より早い時間にゴールできた。

  1.今日の一枚:ダム湖展望台から望む城端ダム湖
e0153040_10311952.jpg
  2.参加者:50名
  3.歩いた距離・時間:11km 2時間35分
  4.ウォーキングルート
e0153040_10333375.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_10342725.jpg
  6.実績行程
      9:05 桜ケ池クアガーデン前 スタート
           一旦、桜ケ池に出た後、東海北陸道高架下の一般道に出る
           緩い登りが続く
      9:40 城端ダム管理事務所・・・・・トイレ休憩
           ダム堰堤を渡りダム湖右岸道を遡行
     10:10 山田川に架かる太郎兵衛橋を渡り、左岸道へ
     10:35 ダム管理事務所
           来た道を下り、途中の三叉路を左に折れる
     11:00 桜ケ池に出る
           時計回りに歩く
     11:40 桜ケ池クアガーデン ゴール

  7.写真&コメント
       スタート前のミーティング
e0153040_10511676.jpg
       桜ケ池周辺ルート
e0153040_10522390.jpg
      桜ケ池湖畔にある万水閣前で左折し、丘陵地を歩く
e0153040_10554386.jpg
      東海北陸道高架下の一般道に出る
e0153040_10564533.jpg
      城端ダムへの緩い登り
e0153040_10572530.jpg
       城端ダムに着く
e0153040_10580216.jpg
       ダム堰堤からダム湖を見る。
       奥に袴腰山がみえる。
e0153040_10594297.jpg
      ダム下流域側には遠く、二上山も見えた。
e0153040_11004122.jpg
       城端ダム周辺ルート
e0153040_11334340.jpg
       ダム堰堤を渡り、ダム湖右岸へ
e0153040_11021678.jpg
       右岸道は荒れ放題
e0153040_11025605.jpg
       泥濘個所も数か所ある
e0153040_11062751.jpg
       太郎兵衛橋に出る
e0153040_11072233.jpg
e0153040_11074612.jpg
       橋から山田川上流を見る。
e0153040_11110531.jpg
e0153040_11114483.jpg
       右岸側道路を北へ
e0153040_11123772.jpg
       右手にダム湖を見ながら歩く
e0153040_11140060.jpg
       ダム湖展望台からの眺望
e0153040_11150075.jpg
       来た道を下り、途中から左折して登る
e0153040_11171385.jpg
e0153040_11173913.jpg
       のどかな丘陵地に出る
e0153040_11183035.jpg
       桜ケ池に出て時計回りに周回する
e0153040_11194328.jpg
       桜ケ池の最南端部
       城端ダムから地下水路で取水している
e0153040_11211912.jpg
       池に架かる木道を歩く
e0153040_11220190.jpg
       池の西側にある休憩所で一休み
e0153040_11224601.jpg
       のんびりと釣り糸を垂れる人たち
e0153040_11235127.jpg
       池の最北部の木道を歩く
e0153040_11243854.jpg
e0153040_11245973.jpg
       桜ケ池の全景
e0153040_11261780.jpg
       桜ケ池クアガーデンにゴール
e0153040_11270102.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は11月8日(土)富山湾編で「万葉ショートコース」を歩きます。






by pckuri | 2018-11-04 11:29 | 富山県の湖沼編 | Comments(2)
2018年 10月 14日
有峰湖畔と猪根山遊歩道を歩く
「富山県の湖沼編」第18回で10月13日(土)に有峰ダム湖を訪ねた。
有峰の紅葉は始まったばかりで、一週間から10日ぐらい先が見頃になるだろう。
3日前に歩くルートについてビジターセンターに問い合わせたところ、冷タ谷遊歩道の中間部分で大風の影響で崩れた個所があり、手当はしてあるが避けたほうがいいのでは?との情報を得たため、代わりのルートとして折立遊歩道を歩く準備もする。

新富観光バスセンターから1時間30分で有峰湖に着く。
有峰は青空が広がり有峰湖はキラキラと輝いて見え、周辺の山々は色好きはじめ秋の訪れを感じる。気温は15度と影に入ると寒いくらいだ。
ビジターセンターで再度、歩くルートの状況を聞くと崩れた個所は復旧が終わっており問題なく通れます。とのことでバスで、冷タ谷遊歩道南口へ行き、マイカーで参加したグループと合流した後、予定通りのコースを歩いた。
有峰記念館前にゴールするまで秋晴れに恵まれ、爽快なウォーキングを楽しむことができた。

  1.今日の一枚はこれ!
    猪根山遊歩道の第2展望台から記念の一枚
e0153040_16163190.jpg
  2.参加者:45名
  3.歩いた距離・時間:9km 3時間15分(ランチタイム含む)
  4.ウォーキングルート
e0153040_16220830.jpg
     標高差
e0153040_16224030.jpg
  5.実績行程
     8:00 新富観光バスセンターから36名 出発
     9:30 有峰ビジターセンター着
          歩くルートなど確認後、冷タ谷遊歩道南口へ
          マイカーグループと待ち合わせ
    10:00 南口からスタート
          緩い登りが続く
    10:10 分岐で右折
          水平同を歩く
    10:40 北口に出て有峰林道を歩きはじめる
    11:20 有峰ダム堰堤に着く・・・・・休憩
    11:45 有峰記念館に着く
          ランチタイム
    12:10 猪根山遊歩道へ 再スタート
          きつい登り坂
    12:30 第2展望台
    12:40 頂上に着く・・・・休憩
          旧青少年の家方面へ下る
    13:10 旧青少年の家に着く
    13:15 有峰記念館にゴール

  6.写真&コメント
《冷タ谷遊歩道》
 南口から歩きはじめるが、当初の10分は緩い登り坂を標高100mくらい登る。
ミズナラ、シラカバ、ブナなどの樹林帯のなかを落ち葉でふかふかの道を歩くと、やがて右折の表示版があり、水平道に入る。
水平道は樹林の所々にカエデ類の紅葉も見られ、苔が生えた飛び石伝いに湿地を歩く。樹林が開けると有峰湖や薬師岳が一望できる場所に出る。
ここからは木道を歩いたり、湧水でできた沢に架かる丸太の橋を何度も越えると、有峰林道に接する北口に出る。
 ( 1.5km 約40分)

     冷タ谷遊歩道のルート
e0153040_16385821.jpg
e0153040_16391878.jpg
     冷タ谷遊歩道南口付近でバスから下車
e0153040_16365638.jpg
     南口でマイカーグループを待つ。
e0153040_16374945.jpg
     全員揃ったところでスタート。
     すぐ、緩い登り坂が続く。
e0153040_16403679.jpg
     10分ぐらいのボルト右折の標識がある。
e0153040_16414545.jpg
     水平同に出るが多少のアップダウンがある。
e0153040_16423615.jpg
     スズメバチの巣があるとの案内。
e0153040_16432849.jpg
     湧水でできた沢をいくつか越える。
e0153040_16440083.jpg
     この辺でトラブル発生。     
e0153040_16460566.jpg
     東側が開けた狭い木道を歩く。
     
e0153040_16481131.jpg
     有峰湖や薬師岳が一望!
e0153040_16493132.jpg
     有峰林道に接する北口に出る。
e0153040_16501543.jpg
《有峰林道湖西線》
 冷タ谷遊歩道北口から有峰記念館まで有峰林道の舗装道路を歩く。
有峰ダム堰堤までは平坦な道路で、湖畔の樹林の間から輝いて見える湖面を見ながら歩く。
標高1090mのダム堰堤を500m歩くが、堤から身を乗り出して140m下のダム下を眺めると身がすくむ。
堰堤を渡り切ると林道を迂回して有峰記念館まで緩い登り坂となり、途中、有峰展望台がある。ここには大勢の観光客で賑わっており、眼下の有峰湖を眺望していた。
  (5km 1時間5分)

     色づき始めたミズナラやシラカバが美しい。
e0153040_16513225.jpg
     時々開けたところがあり有峰湖が輝いて見える。
e0153040_16530383.jpg
     有峰林道小口川線分岐に出る。
e0153040_16541429.jpg
     有峰ダムに着く。全員が揃うまで休憩。
e0153040_16583652.jpg
     ダム堰堤を歩く(500m)
e0153040_16591137.jpg
     堰堤下150mに和田川が見える。
e0153040_17002791.jpg
     ダム湖越しに対岸の山は紅葉が生えて美しい。
e0153040_17014555.jpg
     有峰林道を登り、折り返して展望台方向へ。
e0153040_17025248.jpg
     有峰湖が一望できる展望台に着く。
e0153040_17033415.jpg
     こんな感じです。
     宝来島や有峰湖の南端まで見渡せる。
e0153040_17040052.jpg
     有峰記念館に着き、ランチタイム。
e0153040_17051244.jpg
 《猪根山遊歩道》
 このルートはブナの林を楽しむやや急な道で、猪根山山頂まで二つの展望台があり、有峰湖、宝来島、猪根平が一望できます。
旧青少年の家側から登るときつい坂道が続くので、有峰ハウスから登る。
それでも標高差200mの頂上まで30分、登り坂が続くが、「樹木名あてクイズ」やブナの巨木を見ながらゆっくりと登った。
頂上の広場で休憩して息を整えた後、旧青少年の家側へ尾根道を下るが、きつい階段状の坂道は膝に応えるが、ブナやトチノキの巨木が生い茂る自然林を楽しむことができる。
ここも紅葉は色づき始めたところで残念だったが、下る途中で見つけたモタセ(ナラタケ)を撮ることができた。
 (2.3km 65分)
  
    猪根山遊歩道のルート
e0153040_17075196.jpg
e0153040_17080666.jpg
     有峰記念館前でスタート前のミーティング。
e0153040_17091348.jpg
     有峰ハウス側から登り始める。
e0153040_17094621.jpg
     厳しい登りが続く。
e0153040_17101580.jpg
     第2展望台への表示板。
e0153040_17104928.jpg
     展望台からは有峰湖が眺望できる。
e0153040_17111400.jpg
     途中、とちの木の大木が見られるが、これは駆逐した根本が緑に映えていた。
e0153040_17142269.jpg
     やがて標高1338mの頂上にでるが見晴らしが悪い。
     ナナカマドの木が多くあり、赤い実がたくさん実っていた。
e0153040_17184238.jpg
e0153040_17195388.jpg
     休憩後、青少年の家方面に下る。
e0153040_17211285.jpg
e0153040_17220253.jpg
     カエデ類がひと際、赤く紅葉して綺麗だった。
e0153040_17303666.jpg
     なが~い下りが続く。
e0153040_17323003.jpg
     
e0153040_17335166.jpg
     モタセ発見!今夜の味噌汁に。
e0153040_17370012.jpg
     有峰記念館にゴール。バスに乗り込み帰路につく。
e0153040_17390007.jpg
     お疲れさまでした。
     とにかく天気が良かったので最高のウォーキングができました。

    次回は20日(土)富山湾編で「入善駅~黒部駅」です。



   



by pckuri | 2018-10-14 17:28 | 富山県の湖沼編 | Comments(2)
2018年 09月 23日
庄川水記念公園~小牧ダム湖
 9月22日(土)富山県の湖沼編・第17回で、庄川水記念公園をスタート&ゴールに小牧ダム湖を往復してきた。
お昼頃までは雨、との天気予報であったがスタートする頃は雨は上がり西の空に青空も見えてくる。
ダム湖までは(旧)加越能鉄道の延線で、小牧ダム建設時の工事用軌道跡を歩いた。
ダム湖の庄川遊覧船乗り場で休憩した後の復路は、堰堤を渡り対岸に出て名ケ原集落経由で庄川水記念公園に戻るコースだ。

 ダム湖から一旦、湯上集落に下り、R346号線の緩い登り坂を歩き落シ集落に出る。
ここからはR346号線に沿って名ケ原集落に行けるが、今回は名ケ原集落と落シ集落を結ぶ集落道路を通るルートにした。
しかし、これには大きな誤算があった。
グーグル地図にもハッキリと表示されている山道であったが、約150mくらいは雑草が生い茂り全く行く手を阻まれてしまった。一旦、元に戻ることが賢明であったが、坂道を下ってしまっていたため、道なき道をやぶ漕ぎして林道にでる。
今朝まで降っていた雨で雑草は濡れていたうえ、刺のあるノイバラやタラノ木の幼木などもあり林道に出たときにはズボンはびしょ濡れ、ひっかき傷が無数にできてしまった。

 名ケ原集落からはさらに坂道を登り、今日の最高地点(306m)、夢の平から下ってくる道にでる。
ここからは船戸橋まで長~い下り坂。途中、庄川や砺波平野が眺望できるスポットもあったが、歩くスピードは自然に早くなってしまう。
船戸橋詰から庄川右岸沿いに小牧合口ダムにでて、堰堤を渡りスタート地点の水記念公園にゴールした。

  1.今日の1枚:小牧ダム湖
e0153040_10551871.jpg
  2.参加者:48名
  3.歩いた距離・時間:11km 2時間40分
  4.ウォーキングルート
    (ランキーパーアプリのよる実績ルート)
e0153040_10573106.jpg
     標高差
e0153040_11463063.jpg
  5.実績行程
     9:50 庄川水記念公園 スタート  
          庄川左岸沿いの軌道跡を歩く
    10:15 スパガーデン和園
    10:40 小牧ダム湖(庄川峡遊覧船乗り場)・・・・・休憩
    10:55 ダム堰堤を渡り対岸へ
          R471号線からR346号線へ
    11:15 落シ集落
          ここから名ケ原集落へ集落道を通る
    11:40 名ケ原集落
          ここからさらに登る
    11:50 最高地点
          長~い下り坂
    12:20 船戸橋詰
          合口堰堤を渡る
    12:30 庄川水記念公園 ゴール

  6.写真&コメント
     スタート前のミーティング。
e0153040_11120729.jpg
     いざ、スタート。
e0153040_11141290.jpg
     庄川沿いの船戸公園内を通る。
e0153040_11152590.jpg
     R156号線の牛嶽車道開通記念碑前に出る。
e0153040_11173758.jpg
     R156号線下の関西電力小牧発電所横を通る。
e0153040_11183111.jpg
     この後も軌道跡を通る(ルート図)
e0153040_11201222.jpg
     トンネルに出る。
e0153040_11210556.jpg
     暗いトンネルから出る。
e0153040_11213982.jpg
     スパガーデン和園の横を抜ける。
e0153040_11221651.jpg
     小牧ダムを一旦、通り越して庄川峡遊覧船乗り場へ。
e0153040_11231762.jpg
e0153040_11233890.jpg
     ダム堰堤を渡る。
e0153040_11241440.jpg
     堰堤から下流側・・川淵に湯谷温泉が見える。
e0153040_11245252.jpg
     落シ集落から名ケ原集落へのルート。
     白線の一般道路を通らず、赤線ルートで名ケ集落へ。 黄色はやぶ漕ぎしたところ。
e0153040_11414001.jpg
     落シ集落に着いた後、問題の集落道路へ
     この「立入禁止」標識を無視したのが大変な目にあうことになった。
e0153040_11275108.jpg
     この後、しばらくは問題なかった。
e0153040_11285640.jpg
     やぶ漕ぎで、写真撮る暇もなかった、林道に出た後、後続を撮った。
e0153040_11302853.jpg
     林道に出てほっとしたひと時。
e0153040_11311058.jpg
     名ケ原集落を超え、下り坂にかかるところで丸々と太ったイノシシが・・・
e0153040_11325650.jpg
    船戸橋への下りのルート。
    青の点線ルートは、過去の下った今回より大変だった道。
 
e0153040_11443033.jpg
    船戸橋への下り坂。
e0153040_11333930.jpg
e0153040_11340559.jpg
     途中のビュースポット。
e0153040_11344986.jpg
e0153040_11350688.jpg
     船戸橋詰めに出て、庄川左岸を遡行。奥に合口ダムが見える。
e0153040_11360547.jpg
     彼岸花に戯れるクロアゲハ。
e0153040_11372037.jpg
     合口ダム堰堤を渡る。
e0153040_11380009.jpg
     水記念公園内に入り、ワリバシで造った橋を渡る。
e0153040_11391104.jpg
e0153040_11393148.jpg
     スタート地点の戻る。
e0153040_11395883.jpg
     お疲れさまでした。
     次回は24日(祝)富山湾編のオリエンテーションで、岩瀬浜駅から富岩運河を通り環水公園まで歩きます。
     また、29日(土)は塩の道・石坂超えコース(南小谷駅~北小谷駅)を歩きます。









by pckuri | 2018-09-23 11:51 | 富山県の湖沼編 | Comments(2)