2009年 01月 10日
冬の宮島峡を探索
 1月10日(土)、冬型の気圧配置が強まり、朝まで積雪は平野部で20~30cmと予報していた天気だったが、ほとんど降らず雨、時々雪という天気。それでも気温は低くとっても寒い。
こんな天候にもかかわらず、JR石動駅に集まった参加者15人と宮島峡方面を約12Km歩いてきました。
          
    Am 9:10 雪が舞うJR石動駅前をスタート
            市街地から長い坂道を登ると城山公園に着く。春は桜で賑わう公園
            も今は ひっそりとしている。
            ここから標高180mの白馬山に築かれた今石動城址をめざす。
    Am 9:40 今石動城址
            1585年、前田利家が越中攻略の時の前線基地として築いた城跡
            で展望台もある。ここからの眺望はすばらしい。
            ここからは登った分だけ一気に下り、R8号線のガードをくぐると子撫
            川に出る。川沿いに歩き、県道小矢部~津幡線に出た後、左に進
            む。
    Am10:30 宮島公民館でトイレ休憩
            ピンク色でメルヘンチックな建物でまるで、ホテルみたいだ。
            ここで右に折れて別所滝地区を進む。
    Am10:50 観音滝
            別所滝之社の境内に上がると幹周りが6.7m、樹齢750年の大杉
            があ る。その奥に落差10mぐらいの滝が落ちており、傍には観音
            様が置かれ小さい鐘が吊るしてある。
             この大杉は別名「俊寛杉」と呼ばれ、平安の昔、平家討伐を企て
            たとして京 から薩摩国に流刑になったとされる僧俊寛が実はこの
            宮島に流されており、その罪を許されて都に帰れるように杉箸をさ
            したものが大杉になったと伝えられていると案内板に記されていた。
    Am11:00 一の滝
            この時期に見たのは久しぶりで、流れる落ちる水量も多く見ごたえが
            ある。
            ミニミニ「ナイヤガラ」の滝だ。
            周辺は駐車場や滝への階段もきれいに整備されていた。
            ここから二の滝まで川の水面沿いに遊歩道があり、水の流れを見
            ながら歩くことが出来る。
    Am11:15 二の滝
            この滝は一の滝より落差があり、流れ落ちる音も凄い。
    Am11:20 宮島温泉「滝の荘」ゴール
            子撫ダムへ向かう予定であったが中止し、「滝の荘」に戻った。
            風で舞うように落ちる雪を眺めながら、天然温泉に冷えた身体をゆ
            ったりと沈めていると疲れもとれ、気分も最高だ。
                 入浴量  500円
            休憩後、「滝の荘」のバスで石動駅まで送ってもらう。

                お疲れさまでした。

       BGMはマント・ヴァーニーオーケストラでスケーターズ・ワルツでした。


      
[PR]

by pckuri | 2009-01-10 19:52 | 里山編 | Comments(4)
Commented by pcfuku at 2009-01-11 17:34
悪天候なのにみなさん元気ですね!
Commented by o-gyagu at 2009-01-11 19:59
YouTubeでのムービももう手馴れたものですね!
Commented by pckuri at 2009-01-12 12:37
pcfukuさん
さすがに参加者は少なかったです。
天気予報が積雪ありだったので、雪がなかっただけでも
ラッキーでした。
Commented by pckuri at 2009-01-12 12:38
o-gyaguさん
ピカサは少し物足らなかったので
フォトストーリーで加工しました。


<< 富山湾編 第4回 岩瀬浜~ウェ...      地鉄浦山駅~宇奈月ダム・宇奈月温泉 >>