2018年 10月 14日
有峰湖畔と猪根山遊歩道を歩く
「富山県の湖沼編」第18回で10月13日(土)に有峰ダム湖を訪ねた。
有峰の紅葉は始まったばかりで、一週間から10日ぐらい先が見頃になるだろう。
3日前に歩くルートについてビジターセンターに問い合わせたところ、冷タ谷遊歩道の中間部分で大風の影響で崩れた個所があり、手当はしてあるが避けたほうがいいのでは?との情報を得たため、代わりのルートとして折立遊歩道を歩く準備もする。

新富観光バスセンターから1時間30分で有峰湖に着く。
有峰は青空が広がり有峰湖はキラキラと輝いて見え、周辺の山々は色好きはじめ秋の訪れを感じる。気温は15度と影に入ると寒いくらいだ。
ビジターセンターで再度、歩くルートの状況を聞くと崩れた個所は復旧が終わっており問題なく通れます。とのことでバスで、冷タ谷遊歩道南口へ行き、マイカーで参加したグループと合流した後、予定通りのコースを歩いた。
有峰記念館前にゴールするまで秋晴れに恵まれ、爽快なウォーキングを楽しむことができた。

  1.今日の一枚はこれ!
    猪根山遊歩道の第2展望台から記念の一枚
e0153040_16163190.jpg
  2.参加者:45名
  3.歩いた距離・時間:9km 3時間15分(ランチタイム含む)
  4.ウォーキングルート
e0153040_16220830.jpg
     標高差
e0153040_16224030.jpg
  5.実績行程
     8:00 新富観光バスセンターから36名 出発
     9:30 有峰ビジターセンター着
          歩くルートなど確認後、冷タ谷遊歩道南口へ
          マイカーグループと待ち合わせ
    10:00 南口からスタート
          緩い登りが続く
    10:10 分岐で右折
          水平同を歩く
    10:40 北口に出て有峰林道を歩きはじめる
    11:20 有峰ダム堰堤に着く・・・・・休憩
    11:45 有峰記念館に着く
          ランチタイム
    12:10 猪根山遊歩道へ 再スタート
          きつい登り坂
    12:30 第2展望台
    12:40 頂上に着く・・・・休憩
          旧青少年の家方面へ下る
    13:10 旧青少年の家に着く
    13:15 有峰記念館にゴール

  6.写真&コメント
《冷タ谷遊歩道》
 南口から歩きはじめるが、当初の10分は緩い登り坂を標高100mくらい登る。
ミズナラ、シラカバ、ブナなどの樹林帯のなかを落ち葉でふかふかの道を歩くと、やがて右折の表示版があり、水平道に入る。
水平道は樹林の所々にカエデ類の紅葉も見られ、苔が生えた飛び石伝いに湿地を歩く。樹林が開けると有峰湖や薬師岳が一望できる場所に出る。
ここからは木道を歩いたり、湧水でできた沢に架かる丸太の橋を何度も越えると、有峰林道に接する北口に出る。
 ( 1.5km 約40分)

     冷タ谷遊歩道のルート
e0153040_16385821.jpg
e0153040_16391878.jpg
     冷タ谷遊歩道南口付近でバスから下車
e0153040_16365638.jpg
     南口でマイカーグループを待つ。
e0153040_16374945.jpg
     全員揃ったところでスタート。
     すぐ、緩い登り坂が続く。
e0153040_16403679.jpg
     10分ぐらいのボルト右折の標識がある。
e0153040_16414545.jpg
     水平同に出るが多少のアップダウンがある。
e0153040_16423615.jpg
     スズメバチの巣があるとの案内。
e0153040_16432849.jpg
     湧水でできた沢をいくつか越える。
e0153040_16440083.jpg
     この辺でトラブル発生。     
e0153040_16460566.jpg
     東側が開けた狭い木道を歩く。
     
e0153040_16481131.jpg
     有峰湖や薬師岳が一望!
e0153040_16493132.jpg
     有峰林道に接する北口に出る。
e0153040_16501543.jpg
《有峰林道湖西線》
 冷タ谷遊歩道北口から有峰記念館まで有峰林道の舗装道路を歩く。
有峰ダム堰堤までは平坦な道路で、湖畔の樹林の間から輝いて見える湖面を見ながら歩く。
標高1090mのダム堰堤を500m歩くが、堤から身を乗り出して140m下のダム下を眺めると身がすくむ。
堰堤を渡り切ると林道を迂回して有峰記念館まで緩い登り坂となり、途中、有峰展望台がある。ここには大勢の観光客で賑わっており、眼下の有峰湖を眺望していた。
  (5km 1時間5分)

     色づき始めたミズナラやシラカバが美しい。
e0153040_16513225.jpg
     時々開けたところがあり有峰湖が輝いて見える。
e0153040_16530383.jpg
     有峰林道小口川線分岐に出る。
e0153040_16541429.jpg
     有峰ダムに着く。全員が揃うまで休憩。
e0153040_16583652.jpg
     ダム堰堤を歩く(500m)
e0153040_16591137.jpg
     堰堤下150mに和田川が見える。
e0153040_17002791.jpg
     ダム湖越しに対岸の山は紅葉が生えて美しい。
e0153040_17014555.jpg
     有峰林道を登り、折り返して展望台方向へ。
e0153040_17025248.jpg
     有峰湖が一望できる展望台に着く。
e0153040_17033415.jpg
     こんな感じです。
     宝来島や有峰湖の南端まで見渡せる。
e0153040_17040052.jpg
     有峰記念館に着き、ランチタイム。
e0153040_17051244.jpg
 《猪根山遊歩道》
 このルートはブナの林を楽しむやや急な道で、猪根山山頂まで二つの展望台があり、有峰湖、宝来島、猪根平が一望できます。
旧青少年の家側から登るときつい坂道が続くので、有峰ハウスから登る。
それでも標高差200mの頂上まで30分、登り坂が続くが、「樹木名あてクイズ」やブナの巨木を見ながらゆっくりと登った。
頂上の広場で休憩して息を整えた後、旧青少年の家側へ尾根道を下るが、きつい階段状の坂道は膝に応えるが、ブナやトチノキの巨木が生い茂る自然林を楽しむことができる。
ここも紅葉は色づき始めたところで残念だったが、下る途中で見つけたモタセ(ナラタケ)を撮ることができた。
 (2.3km 65分)
  
    猪根山遊歩道のルート
e0153040_17075196.jpg
e0153040_17080666.jpg
     有峰記念館前でスタート前のミーティング。
e0153040_17091348.jpg
     有峰ハウス側から登り始める。
e0153040_17094621.jpg
     厳しい登りが続く。
e0153040_17101580.jpg
     第2展望台への表示板。
e0153040_17104928.jpg
     展望台からは有峰湖が眺望できる。
e0153040_17111400.jpg
     途中、とちの木の大木が見られるが、これは駆逐した根本が緑に映えていた。
e0153040_17142269.jpg
     やがて標高1338mの頂上にでるが見晴らしが悪い。
     ナナカマドの木が多くあり、赤い実がたくさん実っていた。
e0153040_17184238.jpg
e0153040_17195388.jpg
     休憩後、青少年の家方面に下る。
e0153040_17211285.jpg
e0153040_17220253.jpg
     カエデ類がひと際、赤く紅葉して綺麗だった。
e0153040_17303666.jpg
     なが~い下りが続く。
e0153040_17323003.jpg
     
e0153040_17335166.jpg
     モタセ発見!今夜の味噌汁に。
e0153040_17370012.jpg
     有峰記念館にゴール。バスに乗り込み帰路につく。
e0153040_17390007.jpg
     お疲れさまでした。
     とにかく天気が良かったので最高のウォーキングができました。

    次回は20日(土)富山湾編で「入善駅~黒部駅」です。



   


[PR]

by pckuri | 2018-10-14 17:28 | 富山県の湖沼編 | Comments(2)
Commented by taka at 2018-10-15 08:10 x
天気も良くトレッキング日和。紅葉は1週間早かったか?
>旧青少年の家側へ尾根道を下るが、きつい階段状の坂道は。。。。。
人生下り坂最高(火野正平談)だが、急な下り坂は×。やわやわと終わりたいものです。
オイラのザックにスズメハチがくっついていたらしいが、これは高齢者が発する加齢臭フェロモンに寄ってきたのか?
Commented by pckuri at 2018-10-15 16:31
takaさん
下り坂こそゆっくりとマイペースで行きたいもんです。
フェロモンで言うなら、takaさんの前に後期高齢者の自分に寄って来ますよ。
よっぽど花柄のリュックが気に入ったのでは?


<< 入善駅~生地~黒部駅      夢の平(コスモス)~庄川水記念公園 >>