人気ブログランキング |
2018年 04月 29日
石動駅~倶利伽羅峠の八重桜
 「桜・特別編」の第4回目は、4月28日(土)「八重桜まつり」が始まった倶利伽羅峠へ、古の道をたどり石動駅から歩いてきました。
青空が広がり絶好のウォーキング日和、駅前から埴生護国八幡宮経由で倶利伽羅峠を目指した。昨年は歴史国道のルートで倶利伽羅を歩いたが、今回は木曽義仲が護国八幡宮で戦勝祈願の後、進軍したルートを歩くこととなった。
この選択はあとで大正解だったことが分かる。

 埴生大池で休憩の後、峠へは2班に分かれて登り、展望台で合流した。
倶利伽羅の山々は新緑が萌えて、本当に美しいし、アケビの花やイカリソウなどの山野草も見ることができた。また、ワラビも所々に芽を伸ばし、採取に余念がない塾生も何人かいたようで楽しいウォーキングになった。
峠にある高野山真言宗別格本山・倶利伽羅不動寺は、開山1300年を迎え、今日と明日の二日間、念仏赤餅つきが行われるので境内は大変賑わっていた。

 今回はじっくりと餅つきの神事を見たいと思っていたので、本隊が不動寺を再スタートした後も居残り、餅つきが始まるのを待ったが、前段のセレモニーや来賓の挨拶などが長く、待ちきれず肝心の餅つきを見ないまま石動駅へ戻ることになった。
自分のほか、Mさん夫妻とFさんの4人で歴史国道ルートを通ったが、途中、道路が大崩落していた箇所があり、ガードレールにつかまりながら渡るハプニングもあった。
このルートを往路にしていたら、大勢の参加者の中には高所恐怖症などで足が前に出ない塾生がいたかもしれず、別ルートで登ったことは大正解だった。
なお、倶利伽羅不動寺から再スタートした本隊も、竹橋地内で倶利伽羅塾へ行かずに直接、倶利伽羅駅へ向かうグループもあったようだ。

  1.参加者:48名
  2.歩いた距離・時間:14km 4時間(休憩含む)
  3.ウォーキングルート(ランキーパーアプリによる実績)
e0153040_16555640.jpg
  4.標高差
e0153040_16574840.jpg
  5.実績行程
     9:00 石動駅前 スタート
     9:20 埴生護国八幡宮・・・・・本殿参拝
          義仲進軍ルート
    10:00 埴生大池・・・・・・・・休憩
          峠へは2班に分かれて登る
    10:20 歴史国道登り口
    10:40 展望台で集合
          桜の広場経由で不動寺へ
    10:55 倶利伽羅不動寺・・・・・休憩
    11:15 倶利伽羅塾へ本隊スタート
          赤餅つきが始まるのを待つ
    11:40 再スタート
          崩落場所を通り歴史国道で下る
    13:00 石動駅 ゴール

  6.写真&コメント
      石動駅西側広場でスタート前のミーティング
e0153040_17071253.jpg
      埴生の街並みを八幡宮を目指す
e0153040_17081784.jpg
      鳥居をくぐり境内へ
e0153040_17085564.jpg
      凛々しく馬に跨る義仲像・・・・大河ドラマの実現は如何に
e0153040_17103600.jpg
      2の鳥居を潜り、いよいよ本堂へ
e0153040_17114137.jpg
e0153040_17120256.jpg
      本堂に参拝
e0153040_17123277.jpg
      若宮古墳に寄らず、義仲進軍ルートで埴生大池へ。
      新緑がまばゆいくらい美しい!
e0153040_17134759.jpg
      大池への途中に出会った山野草など(アケビ、イカリソウ、チゴユリ)
e0153040_17144633.jpg
      埴生大池に着く
e0153040_17155224.jpg
      大池越しに倶利伽羅不動寺が見える
e0153040_17163623.jpg
      この季節、萌える新緑がたまらなく美しい!
e0153040_17175077.jpg
     埴生大池から倶利伽羅不動寺へのルート
 
e0153040_17515444.jpg
     歴史国道に出て、階段遊歩道を登り始める
e0153040_17184151.jpg
      標高265mの砺波山を越える
e0153040_17194028.jpg
      開けた場所に出ると八重桜は散り、絨毯状になっていた。
e0153040_17221767.jpg
      今日から八重桜まつりが始まったが・・・・
e0153040_17231386.jpg
      展望広場で集合後、緑のトンネルの中を登る
e0153040_17241417.jpg
      整備された駐車場の上の桜広場へ
e0153040_17245715.jpg
      ここの八重桜はまだ散っていなかった。
e0153040_17260570.jpg
      広場から不動寺への階段を下る
e0153040_17265695.jpg
      鳥居を潜り境内へ・・・階段は見違えるように整備されていた。
e0153040_17275761.jpg
      午前11時からの赤餅つきを前に大勢の人達で賑わっていた
e0153040_17285944.jpg
      厄除けの赤餅をゲット
e0153040_17294599.jpg
      餅つき前のセレモニー
e0153040_17302597.jpg
e0153040_17304930.jpg
      いよいよ、餅をつく白装束の一団が神妙に登場
e0153040_17315867.jpg
e0153040_17323229.jpg
      臼と杵が並べられ準備万端なのだが、会式の挨拶が長くまだ始まらない!
e0153040_17340318.jpg
      11時40分まで待ったが始まらず、しびれを切らして帰路につく。
      歴史国道の入り口付近で大崩落が・・・
e0153040_17351265.jpg
 
e0153040_17361034.jpg
      ガードレールに掴りながら何とか通過
      左も右も崖で、足元だけ見て渡り切った
e0153040_17370154.jpg
      茶屋跡付近の杉林を抜ける
e0153040_17390655.jpg
      石坂登り口に
e0153040_17392800.jpg
      ここを過ぎれば集落を下り、石動駅へ3kmの距離だ

      お疲れさまでした。
      次回は30日(祝)笹津駅前から神通川右岸を富山駅まで19kmのロングコースです。









by pckuri | 2018-04-29 17:48 | 桜・特別編 | Comments(0)


<< 呉羽丘陵フットパス・オープニング大会      志賀高原トレッキング・事前学習会 >>