2018年 01月 05日
2018年初歩き・イタチ川源流~松川合流点
 2018年の初歩きは「イタチ川の源流~松川合流点」。恒例のコースですが、昨夜からの雪模様で参加者は少なかったです。
正月の三日(水)電鉄富山駅発7時56分で大庄駅へ。
今朝は冷え込み気温は0度、早々にミーティングを済ませ駅前をスタートする。
昨夜から降った5センチぐらいの積雪を踏んで、イタチ川の源流を目指す。
イタチ川は常西合口用水の分水場から分水されて源流となり、富山市街地へ滔々と流れ松川と合流するが、今回のコースはそのイタチ川に沿って市街中心部の松川合流点まで歩くもの。途中、「富山県のへそ」や「浮田家」、「刀尾神社」などに立ち寄りながらイタチ川の川幅や流勢など変化を楽しみながら歩きました。
今日は寒かったせいもあり歩くペースは速くなり、予定より30分近くも早くゴールした。

  1.参加者:22名
  2.歩いた距離・時間:16km 3時間20分
  3.ウォーキングルート図
e0153040_08455882.jpg
  4.歩いたペース&標高差
e0153040_08461819.jpg
  5.実績行程
    8:30 大庄駅スタート
         西番富山最上方向へ
    8:50 常西合口用水の分水場(イタチ川源流)
         積雪があるイタチ川沿いに歩く
    9:25 富山県のへそ
    9:40 中尾交差点(コンビニ)・・・・・・トイレ休憩
         北陸高速道の高架をくぐる
   10:15 浮田家
   10:25 刀尾神社
   10:40 バロー本郷店・・・・・・・・・・・トイレ休憩
         イタチ川右岸~左岸沿いに歩く
   11:20 石倉町の延命地蔵
   11:35 松川合流点 ゴール
         解散
   11:50 富山駅

  6.写真&コメント
     大正駅前でスタート前のミーティング
e0153040_08251873.jpg
     イタチ川源流部に着く
e0153040_08255465.jpg
     常西合口用水分水場から分水されイタチ川になる
e0153040_08263840.jpg
     常西合口用水
e0153040_08273660.jpg
     イタチ川左岸の「セレモニー富山」横を歩く
e0153040_08280420.jpg
     昨夜から降った新雪を踏んで
e0153040_08245722.jpg
     積雪もあり、シューズ履きの自分のほか数名は県道を歩いた。
     なので「富山県のへそ」へは寄らなかった。
e0153040_08300216.jpg
     中尾交差点にあるコンビニに立ち寄り休憩
e0153040_08321543.jpg
     コンビニの温かいコーヒーで一息入れたあと再スタート
e0153040_08330140.jpg
     北陸高速道路を目指す
e0153040_08342209.jpg
     浮田家前を通る(今日はまだ休館日)
e0153040_08351590.jpg
     太田本郷城石碑と壊れた案内板
     太田本郷城は 上杉謙信 の家臣、 河田長親 が加賀・越中の一向一揆にそなえて築いた城で、謙信の死後、
     織田信長に仕えていた神保長住が越中に入国すると、長住は津毛城に入り、斎藤新吾利治が太田本郷城に
     陣を構えたとか。
e0153040_08355577.jpg
     刀尾神社に立ち寄り参拝
     刀尾(たちお)神社は、立山信仰と関係の深い神社で、主祭神は田力男命であるが、剣岳の地主神の
     刀尾天神(刀尾権現)も祀られている。 かつては立山参詣者は必ず立ち寄り、参拝したという。
     参道に登山者に施す湯を沸かしたという炉の跡が残っている。
e0153040_08370400.jpg
e0153040_08375554.jpg
     本郷地内のイタチ川左岸沿いに歩く
e0153040_08393778.jpg
     イタチ川沿いにその昔、立山禅定道があり、その名残が残っている(大きなケヤキと馬頭観音)
     大泉駅近く
e0153040_08415473.jpg
     何ともいい表情の観音様
e0153040_08423064.jpg
     大泉地内のイタチ川(川幅も広くなった)
e0153040_08440055.jpg
     石倉町の延命地蔵前
e0153040_08443641.jpg
     松川合流点にゴール
e0153040_08451172.jpg
e0153040_08452942.jpg
     お疲れさまでした。
     次回は6日(土)富山湾編のミニコースで「伏木万葉コース」です。





[PR]

by pckuri | 2018-01-05 08:57 | 特別編 | Comments(0)


<< ショートコース・伏木万葉歴史の...      新年のご挨拶 >>