2017年 05月 01日
歴史国道(旧北陸道)倶利伽羅峠を歩く
 4月29日(土)、桜シリーズの第4弾で、歴史国道(旧北陸道)で倶利伽羅源平ラインを歩いてきました。
倶利伽羅峠では「倶利迦羅さん八重桜まつり」が開催中で、峠は6000本の八重桜が満開、倶利伽羅不動寺の境内では、厄除け念仏赤餅つきが行われ大勢の参拝客で賑わっていた。

 この日の午後、所用で早く変える必要があったので自分は埴生護国八幡宮に駐車し、石動駅をスタートしてきた皆さんと合流する。八幡宮から若宮古墳に寄った後、長坂口から歴史国道を登り、八重桜まつりで賑わう倶利伽羅不動寺に着いた。
休憩後、津幡町の倶利伽羅塾に向かうみんなと別れ、スタート地点の埴生八幡宮に戻った。
折り返しルートは、埴生大池を通る「ふるさと歩道」を歩いたが、猿ヶ馬場から直接、埴生大池に下る新ルートで戻った。

  1.参加者:46名
  2.歩いた距離・時間:13km 3時間00分
  3.ウオーキングルート図・・・緑色点線は倶利伽羅塾への本ルート
e0153040_08003511.jpg
        倶利伽羅不動寺からスタート地点に戻る(Fさん、Nさん、Uさんと自分)
e0153040_08051941.jpg
  4.標高差
e0153040_08060071.jpg
  5.実績行程
    9:00 石動駅前 スタート
    9:20 埴生護国八幡宮・・・・・ここで合流
    9:45 若宮古墳
    9:55 長坂口から北陸古道を登り始める
   10:10 茶屋跡
   10:20 埴生大池からのふるさと歩道との分岐
         ここから砺波山へ登る
   10:35 倶利伽羅展望台
   10:45 倶利伽羅不動寺・・・20分休憩
   11:05 倶利伽羅塾へ再スタートする本体と別れ、折り返す
   11:15 ふるさと歩道を下る
   11:40 埴生大池
   12:10 埴生護国八幡宮にゴール

  6.写真&コメント
     埴生護国八幡宮前の義仲騎馬像   ここで合流する。
e0153040_08160511.jpg
      義仲騎馬像 昭和58年、源平倶利伽羅合戦800年祭を記念して建立された。
e0153040_08182863.jpg
      護国八幡宮の階段
e0153040_08191153.jpg
      若宮古墳
      若宮古墳は6世紀初頭に築造された前方後円墳です。全長約50m、後円部直径28m、前方部19m
      全体は盛土で築造され周囲には円筒埴輪が並んでいたとされます。
e0153040_08195307.jpg
      東屋に設置されたテーブルの形も前方後円の形。
e0153040_08230934.jpg
      長坂口から北陸古道へ登る。
e0153040_08240226.jpg
      「長坂」の名前の通りなが~い登りが続く。
e0153040_08245173.jpg
      遊行上人の句碑 「旅の空 心のどけく越路なる 砺波の関に春をむかへて」
      このルートには倶利伽羅峠まで芭蕉をはじめ十返舎一九など、多くの句碑があります。
      なかでもこの句は大好きな句で、新緑が萌えて美しい今頃の季節にふさわしい。
      
e0153040_08260981.jpg
      矢立堂付近の新緑のトンネルを歩く。
e0153040_08351694.jpg
      一旦、車道に出る。
      色とりどりの花桃がとてもきれい! 
      このあと正面の砺波山を越える。
e0153040_08435480.jpg
      ふるさと歩道との分岐点から再び登りが始まる。
e0153040_08465556.jpg
      砺波山の山頂付近(標高 265m)
e0153040_08491456.jpg
      砺波山から少し下ると再び車道の出るが、そこは八重桜が満開!
e0153040_08590321.jpg
      開けた場所からの眺望は素晴らしい!
      萌えに萌える里山と、遠く小矢部方面がみえる。
e0153040_09013029.jpg
      展望台付近から最も古道らしい道を歩く。
e0153040_09053038.jpg
      「火牛の像」付近。
e0153040_09072115.jpg
      和光塔への階段を上る。
e0153040_09110116.jpg
      八重桜の標準木が植えられている公園広場。
e0153040_09131474.jpg
      青空に映える八重桜。
e0153040_09141556.jpg
      倶利伽羅不動寺の境内に着く。
e0153040_09152453.jpg
      和光塔から降りてくるメンバー。
e0153040_09165563.jpg
      境内は八重桜まつりで賑わっていた。
e0153040_09181541.jpg
      11時からの「厄除けの念仏赤もちつき」を待ちかねて大勢の参拝客が輪をつくっていた。
e0153040_09192587.jpg
      小矢部市、津幡町のミス○○が祭りの花を添えている。
e0153040_09235164.jpg
      11時から住職とともに白装束の一団が入場。
e0153040_09262149.jpg
      ここで時間切れ、帰路につく。
      昨年の餅つきの様子です。
e0153040_11112435.jpg
      ふるさと歩道の新ルートで帰る。
e0153040_11130720.jpg
      帰路の詳細地図
e0153040_11140132.jpg
      下り坂はこの標識から。
e0153040_11153508.jpg
      急勾配の坂道を下ると「義仲本陣跡」の標識がある
e0153040_11170413.jpg
      埴生大池に出る。
      正面上部に倶利伽羅不動寺が見える。
e0153040_11180605.jpg
      のどかな「ふるさと歩道」を歩いて埴生護国八幡宮に帰った。
e0153040_11194701.jpg
      お疲れさまでした。
      5月は3日~5日がスリーディウオーキング。6日(土)は今年度の里山200㎞編の第1回が始まり
      「氷見駅~十二町潟~福岡家族旅行村」の19kmです。



      






[PR]

by pckuri | 2017-05-01 11:26 | 特別編 | Comments(0)


<< スリーディウォーキング 2017      簗場駅~青木湖~姫川源流~白馬駅 >>