2017年 01月 29日
倶利伽羅駅~倶利伽羅不動寺~石動駅
 1月28日(土)、朝から抜けるような青空が広がる快晴となった。
スタート地点のIRいしかわ鉄道・倶利伽羅駅前には大勢の参加者が集まった。
今日は「富山県の里山200㎞編」の12回目で駅前から倶利伽羅不動寺に登り、天田峠を経由し石動駅までの10kmを歩くコースだ。

 例年このコースは駅前から旧8号線を東に進み、九折から天田峠を越えて石動駅までのショートコースであったが、今回、初めて倶利伽羅不動寺経由のコースに変更したものです。
積雪量が多ければ不動寺へ行かず、通常のコースでと考えていたが、先日来の暖かい天候で路面の積雪は融けて全くなく予定通りのコースで歩くことができた。
倶利伽羅不動寺へのなが~い坂を息をはずませながらは登りきると、本堂からは今年初めての御縁日だったので読経が聞こえてくる。
不動寺に着いた時間が早かったので境内食堂名物の「くりからソバ」や「おでん」は準備中で残念ながら頂くことはできなかった。
休憩後は天田峠まで下り、路面の凍結で滑らないよう気を付けながら安楽寺交差点を経て、R8号線の歩道を石動駅に向かった。

  1.参加者:45名
  2.歩いた距離・時間:10km 2時間15分
  3.ウオーキングルート図(GPS実績)
e0153040_13154229.jpg
  4.歩いたペース&標高差
    不動寺への登りではさすがにペースは落ちたが、天田峠への下りで早くなり、平均で13分/kmだった。
    標高差は30m~254m~30mだった。
e0153040_13163984.jpg
  5.実績行程
    9:30 倶利伽羅駅前スタート
         交番過ぎて右折し、なが~い登が始まる
   10:00 白山神社(歴史国道分岐)
   10:15 倶利伽羅不動寺・・・・・・・15分休憩
         天田峠への下り
   10:45 天田峠
   11:00 安楽寺交差点
   11:20 南谷交差点
   11:45 石動駅にゴール
  
  6.写真&コメント
     スタートから倶利伽羅不動寺までのルート詳細
e0153040_13282638.jpg
     スタート地点の倶利伽羅駅前で
e0153040_13304723.jpg
     倶利伽羅駐在所を過ぎてすぐ右折し、不動寺へのなが~い登りが始まる
e0153040_13335530.jpg
e0153040_13352908.jpg
     不動寺への最後の登り
e0153040_13363032.jpg
     ようやく倶利伽羅不動寺にたどり着く
e0153040_13372809.jpg
     手水舎から境内を見る
e0153040_13403765.jpg
     倶利伽羅不動寺は成田不動尊(千葉県)、大山不動尊(神奈川県)と並び、日本三不動尊の一つとして知られ、
     縁日の28日には県内外から多数の参詣者が訪れます。
     地名にもなっている「倶利迦羅」は、「剣に黒い龍の巻きついた不動尊像」という意味のインドのサンスク
     リット語に由来している。
     本堂には高祖弘法大師奉安の倶利迦羅不動明王が祀られており、日々護摩法が御修法される境内の中心です。
     ご本尊不動明王を始め阿弥陀如来、聖観音菩薩、毘沙門天、善無畏三蔵法師、弘法大師など多数の仏さまと
     祖師がお祀りされております。
e0153040_13490245.jpg
e0153040_13493157.jpg
     境内食堂前で休憩
e0153040_13501226.jpg
     天田峠に下る
e0153040_13504600.jpg
     峠から富山県側に進む
e0153040_13512836.jpg
     安楽寺への下り(路面の凍結ヶ所を避けながら)
e0153040_13522059.jpg
     安楽寺交差点を渡る
e0153040_13532152.jpg
     歩道は除雪されていたが凍結で滑る
e0153040_13541214.jpg
     石動駅にゴール
e0153040_13544632.jpg
     お疲れさまでした。
     次回は2月4日(土)「富山湾編」で越の潟(海王丸パーク)~伏木~雨晴~氷見駅です。




[PR]

by pckuri | 2017-01-29 14:02 | 富山県の里山200km編 | Comments(0)


<< 越の潟~伏木~雨晴~氷見      庄川支所前~井波瑞泉寺~JR福野駅 >>