2016年 11月 14日
七重滝と三峯台地を歩く
 11月12日(土)「とやまの滝編」の第16回として、ルート上に七重滝がある「朝日ふるさと歩道」の三峯コースを歩いてきました。
快晴の泊駅をスタートし、笹川の清流沿いに笹川集落にでて三峯林道から中部北陸自然歩道の表示板がある七重滝橋を左折し、工事用のコンクリート道路を登ると七重滝への登り口に着く。
ここから鎖も設置されている急な登り坂を過ぎると「七重滝」が見える展望台に出る。
日に照らされて輝く黄色や朱色の紅葉をぬって、黒菱断層の断崖を白布となって落下する滝は素晴らしい!
滝は7段に落ちているので七重滝と言うそうだが、その内、4段ぐらいしか見ることはできず、いつかは滝つぼへのルートも確かめたいものだ。

 展望台で一息入れた後、さらに登ると標高350mの水平道に出る。
元西山用水跡の水平道は落ち葉が敷き詰められて歩きやすいが、所々がぬかるんだリ崩壊しているところもあった。
途中、標高248mの城山や遠く日本海も眺望できたほか、見事に紅葉した山々など自然を十分堪能できた。
予定の時間通り三峯台地に着き、軽くランチタイムをとった後、林道を横切って馬鬣山ヘの尾根コースに入る。
尾根ルートは主に杉の植林地で、所々開けたところがあり、まっすぐ西に延びる新幹線の高架や笹川盆地集落も望める景観の変化に富み、アップダウンのコースを楽しむことができた。
馬鬣山から一気に下り、八幡社の境内を抜け横尾集落にでたあとR8号線を横断し泊駅にゴールした。

  1.参加者:46名
  2.歩いた距離・時間:16km 4時間35分
  3.ウオーキングルート図(GPS軌跡)
e0153040_18373722.jpg
  4.ルートの高低差&ペース
e0153040_18385417.jpg
  5.実績行程
    9:25 泊駅前スタート
     50 元小川温泉前
   10:00 笹川トンネル通過
     20 笹川陶芸センター・・・・・トイレ休憩
     45 七重滝口
        登りかきつくなる
   11:05 七重滝・・・・・・・・・・小休憩
       さらに登る
   11:15 水平道に出る
   12:00 三峯台地・・・・・・・・・ランチタイム(20分)
     20 再スタート
     50 殿入峠
   13:10 馬りょう山
   13:30 八幡社
   14:00 泊駅ゴール

  6.写真&コメント
     笹川の清流沿いに歩く
e0153040_18480824.jpg
     七重滝口(中部北陸自然歩道の表示板)
e0153040_18490831.jpg
     七重滝への急な登り坂
e0153040_18510837.jpg
e0153040_18513450.jpg
     黒菱断層に落ちる七重滝と紅葉
e0153040_18531235.jpg
     周辺の山々は紅葉が見頃
e0153040_18540001.jpg
     水平道を歩く
e0153040_18543576.jpg
     遠くに城山も見える
e0153040_18551276.jpg
     三峯台地に着く
e0153040_18555623.jpg
     馬りょう山への尾根道から見えた笹川集落
e0153040_18565574.jpg
     馬りょう山から泊の市街地が展望できる
e0153040_18581264.jpg
     写真を見ておかしいと気が付かれたでしょうか?
     この写真は2008年の11月に同じルートを歩いた時の写真です。(懐かしい面々が写っています)
     実は今回、40枚くらいデジカメで写真を撮りパソコンにインポートしたところ、SDカード内には
     1枚も写真は保存されたないトラブルがありました。
     SDカードに損傷ができたのが原因のようで、初めての経験でした。
     今後、デジカメの事前点検にも念を入れるようにしよう!

     お疲れさまでした。
     次回は19日(土)富山湾編の3回目で、「黒部~滑川」です。




[PR]

by pckuri | 2016-11-14 19:10 | とやまの滝編 | Comments(2)
Commented by 秋のリンドウ at 2016-11-14 21:35 x
デジカメも、そんなトラブルがあるのですね!
私も時々チェックしないとダメですね。

私はきれいだと思って撮った写真も、後で見返すと、
自分の目で見たときの方がずっときれいで、がっかり
することがよくあります。
今回もそうでした。
安いデジカメだからですかね?
Commented by pckuri at 2016-11-15 17:48
秋のリンドウさん カメラのトラブルでなくてよかったですよ。

カメラよりも自分の目にしっかり焼き付けるのが一番ですね。
写真はたくさん撮ってもお気に入りはその内の数枚しかありませんね。(^_-)-☆


<< 「千谷の滝」の下見      JR笹津駅前~小佐波~国際大学 >>