2015年 06月 13日
常虹の滝&神通峡(片路峡)下見
 次週の土曜日(20日)に歩く、とやまの滝編・第3回「常虹の滝~片路峡」のポイントを下見してくる。
今日は立山編(B班)のウオーキングがあったが欠席し、次週に歩くルートのポイントを絞って歩いてきた。

 スタート地点のJR猪谷駅から街中を通りR41号線に出るが、歩道がない。しかもスノーシェッドの部分は外側を歩くことができないのでシェッド内を歩かなければならないが、交通量が多く要注意だ。(約300m)
e0153040_16393035.jpg
 常虹の滝へのルートは下図のとおり
e0153040_16423057.jpg
 往きは左側の下るコースで進み、帰りは右の車道を歩いて元に戻る。
e0153040_16432312.jpg
 下り始めてすぐ、JR高山線の鉄橋と奥に休憩所(東屋)が見えてくる。
e0153040_16445204.jpg
 さらに猪谷川沿いに進むと橋があり、これを渡り奥に進む。
e0153040_16462188.jpg
 擬木の階段を登っていると滝の音が聞こえてくる。
e0153040_16475974.jpg
 途中、大きな落石が所々にあり、頭上注意!
e0153040_16494533.jpg
 ゆっくり歩いて12~3分で常虹の滝に着く。
e0153040_16522311.jpg
 流れ落ちる水量は今頃の時期にしては少ないようです。
 でも、マイナスイオンがいっぱいでひんやりと涼しい!
e0153040_16550913.jpg
 渓流に降りてみる。流れに手を入れると、つめた~い。
e0153040_16562918.jpg
 滝の上部へ登ると小さなお堂がある。
e0153040_16573802.jpg
 ここからさらに上に登り、車道に出てR41号線に戻る。

 次のポイントは「道の駅」でトイレ休憩した後、41号線を歩かないで神通川第1ダムに進む道を確認する。
次の地図のとおり、狭い農道があったので農作業中の人に聞くとだむに行けることがわかった。
少しでも交通量の多いR41号線は通らずに済む。
e0153040_17024685.jpg
 この後、神通川第1ダムから薄波地区まで車で走り、道路状況を確認し楡原駅前の細入総合社会福祉センターに寄り帰った。
 次回、お楽しみに!

 


[PR]

by pckuri | 2015-06-13 17:11 | とやまの滝編 | Comments(0)


<< とやまの滝編ー3 常虹の滝~片...      立山編 第2回 常願寺川河川公... >>