2009年 11月 01日
第1回 氷見市脇~氷見・道の駅
 今年も富山湾編のウオーキングが始まった。
天気が良すぎて、富山湾越しの立山連峰は残念ながら今年も見ることは出来なかった。
高岡駅前発の加越能バスの終着駅から5分ぐらい歩くと、石川県境だ。
52名の参加者と、この県境を予定より10分遅れてスタートする。・・・・9時50分

 海は穏やかで太陽に照らされてまばゆいくらい輝いていた。遠くに虻が島を眺めながら灘浦海岸を歩く。
九殿浜から栽培漁業センターへ下り、大境洞窟まで山越えする。ここは暖流の関係で冬も暖かいらしくみかんの栽培が盛んで、色づいたみかんが鈴なりに実っていた。

 沖縄の海を思わせる透きとおった青い海辺の小境海岸で休憩をした後、宇波、薮田、阿尾を通り、上庄川に架かる比美乃江橋を渡り氷見漁港の海鮮館にゴールした。・・・・・午後13時10分
 
e0153040_17391895.jpg

            石川県境に集まった参加者
 
e0153040_17395046.jpg

            海はベタなぎで漁船が遠くに見えた
 
e0153040_17404877.jpg

 
e0153040_17412829.jpg

 
e0153040_17425270.jpg

            ブルーに透きとおった小境海岸
[PR]

by pckuri | 2009-11-01 17:41 | 富山湾編 | Comments(4)
Commented by pcotuziura at 2009-11-01 20:15
この辺は真冬でも雪は少ないそうですよ
Commented by o-gyagu at 2009-11-02 05:43
ほんとに澄み切っていますね。
Commented by pckuri at 2009-11-03 08:07
pcotuziuraさん
やっぱり温かいんですね。
通りでみかん作りも出来るんですね。
Commented by pckuri at 2009-11-03 08:09
o-gyaguさん
ここの海岸は本当に何時も澄み切っててきれいです。
山から流れ出る大きな川がないせいもあるそうです。


<< 第2回 JR氷見駅~海王丸パーク      JR千里駅~いこいの村~古洞の... >>