2009年 04月 26日
歴史国道(石動~倶利伽羅不動~竹橋)を歩く
 4月25日(土)、あいにくの雨の中、JR石動駅に集まった27人の仲間と、駅前をスタートした。
途中、埴生八幡宮と若宮古墳に寄った後、埴生大池から旧北陸街道の進み、源平合戦のあった猿ケ馬場、倶利伽羅不動さんに着いた。

きつい登り坂が続き、息をはづませながら標高265mの砺波山を登り切ると、満開の倶利伽羅八重桜が迎えてくれた。
今日は、県境で恒例の津幡町と小矢部市の大綱引き大会が催される予定だったが、残念ながら、雨で中止だった。

倶利伽羅不動では、温かい「よもぎソバ」が冷えた身体を生き返らせてくれた。休憩後はほとんどが下りで予定通り、津幡町竹橋にある「倶利伽羅塾」に着いた。
解散後、入浴料300円とはいえ、別府温泉の泉質と同じと言われる風呂に入り、JR倶利伽羅駅までタクシーに乗り合わせて帰路についた。
             
             BGMは、BJ/トーマスの「雨にぬれても」です。
     行  程
    9:10 JR石動駅前スタート
      40 埴生護国八幡宮
         木曽義仲率いる源軍が、倶利伽羅山で平維盛が率いる平軍と決戦する前に、
         戦勝祈願したことで有名な神社。
         1300年の歴史を有し、国指定重要文化財となっている。
      50 若宮古墳
         ここから、少しづつ長い登り坂が続くが、新緑の山々が癒してくれる。
   10:30 埴生大池 小休憩
         ますます、登りがきつくなり息が弾む。
      45 旧北陸道に出る。
         整備された階段状の登り。
      50 砺波山 標高265m
         この辺りから、雨にぬれた満開の八重桜が迎えてくれる。
   11:00 猿ケ馬場古戦場 トイレ休憩
      10 倶利伽羅公園
         ここからは、加賀平野が一望できるはずだが今回は残念!
      15 倶利伽羅不動 20分休憩
         温かい「よもぎそば」でひと息入れる。
         なお、28~29日は「倶利伽羅さくら祭り」で、お餅つきが行われるなど賑わいを見せる。
         ここからは下りが続く。
   12:10 一旦、県道に出るが再び北陸道(北国街道)に入る。
      20 津幡町竹橋集落にでる。
   12:30 予定通り、「倶利伽羅塾」にゴール。解散
         
         お疲れさまでした。


 
[PR]

by pckuri | 2009-04-26 10:42 | 里山編 | Comments(2)
Commented by tiwawa110 at 2009-05-02 21:31
今年も楽しみな土曜日なんですね。
本格的なハイキング
皆さんの意気込みも違うんでしょうね。
雨の中も重装備で臨んでいて感心です。
Commented by pckuri at 2009-05-03 19:15
tiwawaさん
今頃に季節が、新緑や、いろいろな花が楽しめて一番好きです。
雨の日は雨で、しっとりとした自然を感じれるので「また楽し」です。


<< スリーデーウオーキング富山・初...      呉羽山まるごとウオーキング >>