人気ブログランキング |
2019年 07月 16日
海の日記念ウォーキング 「滑川駅前~水橋~東富山駅」
 7月15日(月)、「海の日」記念ウォーキングとして地鉄・滑川駅前から東富山駅前までの15kmを歩いてきました。
滑川では行田公園や宿場回路、水橋では富山湾編では歩かない水橋海岸を、また、浜黒崎キャンプ場からは日方江経由で東富山駅まで初めてのルートを歩きました。

 滑川の街はどんよりと曇り、気温も23度と涼しいくらいの天候だったが、浜黒崎海岸を歩く頃になると滑川や魚津方面が黒い雲で覆われ雨が降ってる様子。雨は東から近づいているようで、小粒の雨が顔に当たるようになった。
日方江温泉で海岸と別れ、東富山駅までの3kmは次第に歩くペースが速くなり、これまでほぼ集団で歩いていた列は分断されなが~い列になってしまった。

 今日のコースは前半の滑川で予定していた以外のルートを歩いたこともあり、東富山駅には予定より50分も遅れてのゴールとなった。
それでも最後まで雨に会わずにゴールできたのは何よりだったし、普段歩かないルートはとても新鮮で楽しいコースであった。

  1.今日の1枚:今から330年前、「奥の細道」紀行で松尾芭蕉が泊まった滑川の「徳城寺」
e0153040_11105441.jpg
  2.参加者:26名
  3.歩いた距離・時間:15.4km 3時間30分
  4.実績ウォーキングルート
e0153040_11123020.jpg
  5.実績行程
     8:30 地鉄滑川駅前スタート
     8:40 行田公園
     9:10 徳城寺
     9:30 中川河口(橋場)・・・・・トイレ休憩
          海岸に出て西へ
    10:30 水橋漁港
    10:40 常願寺川を渡る(今川橋)
    10:50 浜黒崎キャンプ場・・・・・休憩
          サイクリングロードを歩く
    11:30 日方江温泉
          田畑新町の住宅街を抜け高朋高校横を通る
    12:00 東富山駅にゴール

  6.写真&コメント
       スタート前のミーティング(地鉄・滑川駅前)
e0153040_11150919.jpg
       駅前をスタートし行田公園方面へ南下。
e0153040_11160119.jpg
       スタートから滑川海岸までの実績ルート。
e0153040_11164655.jpg
       行田公園内を歩く。
       鬱蒼とした森を歩いていると街中にいるとは思えない気持ちになる。
e0153040_11195028.jpg
e0153040_11200343.jpg
e0153040_11201777.jpg
       滑川市役所前を通る。
e0153040_11204919.jpg
       徳城寺に着く。
e0153040_11212325.jpg
       Kさんから松尾芭蕉の句に関して詳しい説明を受ける。
e0153040_11221579.jpg
       タイミングよく住職が来られてさらに資料など頂き説明を受ける。
e0153040_11232242.jpg
       松尾芭蕉の句碑。
       ーーー早稲の香や 分けいる右は 有磯海ーーー
       明治13年に徳城寺が荒町海岸から現在地に移った時、句碑も移転した。
       句がほとんど読めなくなり、となりにレプリカがある。
e0153040_11292885.jpg
       中川河口に出る。
       ここは「橋場」と呼ばれ、江戸時代には北陸道を往来する人々で賑わい、高札場もあった場所。
       明治に入ると警察署は滑川役場もあり政治の中心地となった。
       河口には船溜まりもあり、漁業やコメの積出港としても賑わったとの案内板がある。
e0153040_11350543.jpg
       ここから宿場回路を歩く。
       旧宮崎酒造だった「うみいろ・ぼんぼこさ」
e0153040_11403035.jpg
       屋敷内を通り抜ける。
       酒造りがされていた場所。
e0153040_11410715.jpg
       蔵の前期は珍しい三輪車が
e0153040_11425209.jpg
       高い壁一面に壁画も。
e0153040_11434293.jpg
       山王町の加積雪嶋神社前の高~い防波堤。
e0153040_11454973.jpg
       高月海岸の護岸の上を歩く。
e0153040_11471769.jpg
       上市川に出て富山湾編では堤防を遡行するが、今回のルートはそこにはゆかない。
e0153040_11482765.jpg
       上市川を渡り水橋に入り、さらに護岸堤防の上を歩く。
e0153040_11485360.jpg
       白岩川河口に着く。
e0153040_12291035.jpg
       白岩川から常願寺川を渡り浜黒崎へのルート。
e0153040_12303784.jpg
       白岩川の河口を歩く。
e0153040_12321085.jpg
       常夜灯がある。
e0153040_12324904.jpg
       裏の橋を渡る。
e0153040_12330971.jpg
       水橋漁港に出る。
e0153040_12335818.jpg
       水橋フッシャーリーナ前を通る。
e0153040_12351066.jpg
       常願寺川の河口に出る。
e0153040_12354201.jpg
       今川橋を渡る。
e0153040_12361122.jpg
       浜黒崎海岸を歩く。
e0153040_12364407.jpg
       浜黒崎キャンプ場で休憩。
e0153040_12371352.jpg
       サイクリングロードを西へ。
e0153040_12374456.jpg
       日方江温泉で左折し、東富山駅への実績ルート。
e0153040_12384243.jpg
       立体高架橋工事のR415号線下を通る。
e0153040_12392482.jpg
       東富山駅にゴール。
e0153040_12404121.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は7月20日(土)立山編の4回目で「有峰口~立山駅」松原班です。








# by pckuri | 2019-07-16 12:44 | 特別編 | Comments(0)
2019年 07月 07日
立山編・第3回 岩峅寺雄山神社~地鉄有峰口駅
 7月6日(土)ウォーキング冒険塾の立山編・第3回に参加した。
今回は、2回目のゴール地点の岩峅寺雄山神社から常願寺川沿いに地鉄有峰口駅までの10㎞だ。
午前8時30分ごろから雄山神社境内には続々と参加者が集まり始める。
自分は岩峅寺駅前に駐車し神社まで5分ほど歩いて参加したが、なかにはゴール地点の有峰口駅周辺に駐車し歩いてこられた参加者が数名もおられ、なんと61名となった。
天気予報では雨の心配はないとのことだったが、岩峅寺はどんよりと曇り、つい先程まで
雨が降っていたようでアスファルト道路は濡れていて、この先の天気が心配だ。
予定通りミーティングを済ませ9時にスタートした。

  1.今日の1枚:常願寺川両岸分水工
e0153040_09021708.jpg
  2.参加者:61名
  3.歩いた距離・時間:10km 2時間35分
  4.ウォーキングルート
e0153040_09040400.jpg
  5.歩いたペース&標高差
e0153040_09044960.jpg
  6.写真&コメント
        岩峅寺雄山神社本殿前に集まった参加者
e0153040_09063137.jpg
       スタート前のミーティング。
e0153040_09071707.jpg
       いざスタート。(9:00)
e0153040_09075754.jpg
       スタートから両岸分水工までのルート。
       点線が本来のルート。OBの一部はショートカットして直接、両岸分水工へ。
e0153040_09084675.jpg
       自分もその一人だったので、過去に撮った「常東用水路の大瀑布?」
e0153040_09115305.jpg
       両岸分水工に先行し、予定のルートを歩いてくるグループ。
e0153040_09131760.jpg
       両岸分水工。
       この施設で常西と常東に用水を分けている。
       真正面に尖山が見えるはずだが、雲に隠れている。
e0153040_09150065.jpg
       用水路沿いに遡行する。
e0153040_09170841.jpg
    
e0153040_09164776.jpg
       尖山が見えてくる。
e0153040_09182544.jpg
       アジサイが見頃で沿線に多く見られた。
e0153040_09190822.jpg
       横江地内で県道を横断し一時、集落内を歩く。
e0153040_09202868.jpg
       横江地内のルート。
e0153040_09210203.jpg
       横江の頭首工に着く。(10:10)
e0153040_09221886.jpg
       ゲートで分水された曲線水路。
       「横江頭首工」は富山平野の農地(約7,900ha)をかんがいする農業用水を安定的に取水するため、
       昭和17~27年度にかけて、国営農業水利事業によって造成されましたが、築造後50年余りを経過し、
       老朽化が著しいことや、常願寺川の計画洪水流量が見直されたことから、平成11~20年度にかけて国営
       総合農地防災事業により改修されました。
       ※「頭首工」とは、河川などから用水路へ必要な用水を引き入れるための堰(せき)です。
       富山県のHPより。

e0153040_09240788.jpg
       橋上から上流側を見る。
       土砂が堆積して浅くなっているのが分かる。
e0153040_09294904.jpg
       頭首工の上流に採石場がある。
e0153040_09303642.jpg
       頭首工橋を渡り常願寺川左岸に出て、県道宇奈月大沢野線(R43)を南進する。
e0153040_09330225.jpg
       牧地区センターでトイレ休憩。
       休日にもかかわらず、事前連絡して開けていただいた。
       お世話になりました。
  
e0153040_09341128.jpg
       朱色のスノーシェードを潜ると脇道へ。
e0153040_09360426.jpg
       ゴール近くの有峰地内のルート。
e0153040_09530801.jpg
       脇路へ左折し、緑のトンネルの中へ。
e0153040_09400082.jpg
       常願寺川の支流・和田川を鉄橋で渡る。
e0153040_09414736.jpg
       橋上から和田川が常願寺川に合流点。
e0153040_09432021.jpg
       稲荷神社へ一旦登り、貯水池の横を登る。
e0153040_09450180.jpg
       開けたところで11時28分発の電車が常願寺川鉄橋を通るのを待って撮影。
e0153040_09461099.jpg
       地鉄有峰口駅にゴール。(12:35)
e0153040_09465318.jpg
       12時19分発 富山行き電車に乗ってスタート地点へ。
e0153040_09474139.jpg
       お疲れさまでした。
       次回は7月13日(土)同じコースを飯野班が歩きます。
       牧地内で少しルートに変化があります。
       その前に11日には、「戸隠五社めぐり&お池めぐり」などのスライドショーがサンシップ5階で
       行います。






# by pckuri | 2019-07-07 09:54 | 立山編 | Comments(0)